子供を預けて“夫婦デート”すべき理由3つ 再婚した筆者が伝授

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-09-08 06:00
投稿日:2019-09-08 06:00
時には子ども抜きでデートの待ち合わせ♪(写真:iStock)
時には子ども抜きでデートの待ち合わせ♪ (写真:iStock)

 最近よく“夫婦デート”という言葉を聞くようになってきました。

 それでも、まだまだ「子供を預けてまで夫婦デートしたくない」という女性が多いようです。対する夫側の意見は、「妻が子供を産んでから冷たくなった」とか「たまには昔のようにラブラブしたい」というのが本音のようで、実際に筆者の周囲でもよく聞かれます。

 一方で、妻は子供を産むと、その可愛さや責任感から夫を置き去りにしてしまいがちです。「忙しいんだから仕方ない」という言い分はごもっともなんですが。だからこそ「夫婦デートしてほしいなぁ」とも、筆者は思うんです。

 二児の年子ママであり、離婚して再婚した筆者が「夫婦デートすべき理由」をお伝えしましょう。

子供を預けてまで夫婦デートすべき理由

夫婦だって二人の世界を楽しみたい!(写真:iStock)
夫婦だって二人の世界を楽しみたい! (写真:iStock)

 世の女性は「子供を預けてまで夫婦デートする必要ある?」と言われてしまう恐怖と「セッティングが面倒」という現実的な問題を抱えており、その結論から「夫婦デートは、また今度でいいや」と夫婦デートを計画する前に行動をやめてしまいます。

 面倒でも他人に何を言われても、「夫婦デートはすべき」と筆者は考えます。そこで、夫婦デートをすべき理由をお伝えしましょう。

「夫婦水入らず」だから

 思えば長男を産んで半年くらいたったころ。その時は「とにかく夜泣きが辛い」ということで、すごく精神的にきつかったのです。バス停で息子とバスを待っていた時に、筆者のひどい顔をみた50代くらいの男性が、優しい顔して言ったんですよ。「夫婦、水入らずだよ」と。「子供がこんなに手がかかるのに……!」と、イライラしながらバスを待ったことを鮮明に覚えています。

 筆者は、時が経つにつれて「あの男性は、なんであそこで夫婦の話を出したんだろう」と疑問を持ちました。そして5年たった今、筆者はその間の離婚や新しいパートナーとの子連れ再婚を果たし、あの時の「夫婦水入らず」という言葉の大切さを改めて実感しています。

 夫婦の絆がしっかりとできているのであれば、きっと離婚はしなかったと思います。あの時、当時の夫に「子育て手伝ってよ!」の不満を容赦なくぶちまけられたんだと思います。

「子はかすがい」なのは確かです。しかし、子供だけでつながっているようでは、根本的な夫婦問題の解決になっていない気がします。だからこそ、熟年離婚があとを絶ちません。

「こんなきついこと言ってるけど、普段は優しいし一緒にいると楽しいんだ」と思えるかどうか。それは子育て中や仕事で慌ただしい家庭の中ではなく、しっかりと場所やタイミングをセッティングした“夫婦デート”でこそ、見つけられるのではないでしょうか。

 夫婦になってしまうと、「理由がなければデートしてはいけない」ような気がしてくるのは、ちょっと日本の異常なところだと思います。好きな異性とは誰からも邪魔のない空間で「二人の世界を楽しみたい」と思うのは、普通のことだからです。

「夫婦」の背景には子供や仕事だったり、介護が絡んだりするような家庭の事情もあります。そのため「夫婦になったから、デートはいいや」と片付けがちです。そうではなくて「その男性(夫)とデートしたくないんですか?」と筆者は聞きたいのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 最近、話題のハラスメント系の一つに「モラハラ」が上がります。この「モラルハラスメント」は、精神的なDVの一つです。暴力...
東城ゆず 2019-11-18 06:00 ラブ
FILM
 遺産を相続するには、乗り越えなくてはならない3つの山があると言われています。それは「書類の山」「分割協議の山」「相続税...
神田つばき 2019-11-17 12:04 ラブ
FILM
 みなさんは、“秋のデート”と言われると、何を思い浮かべるでしょうか。“恋の季節”とも言われる夏はプールに海水浴、バーベ...
東城ゆず 2019-11-17 10:22 ラブ
FILM
 あなたは「遊び人」を好きになったことがありますか? 彼らは女性の扱いに長けていて“大人”としての遊び方を知っているため...
リタ・トーコ 2019-11-16 13:20 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型にみる男性の特徴と攻略法シリーズの最後は、日本人に一番多い血液型のA型男さん。血...
山崎世美子 2019-11-16 06:00 ラブ
FILM
 朝夕は冷え込む日が多くなり、いよいよ季節の移ろいを実感する頃となってきました。冬のファッションに衣替えすると同時に、メ...
時短美容協会 2019-11-15 15:36 ラブ
FILM
「今年も彼氏ができないまま年を越してしまう……いやクリスマスまでにまだ間に合うか?」  焦りにかられて予定を埋めるのも...
七海 2019-11-15 17:50 ラブ
FILM
 愛は、お金では買えないものとされています。その証拠にホストクラブでいくらお金を貢いだところで、そのホストの心までは手に...
内藤みか 2019-11-14 06:00 ラブ
FILM
 男と女の関係は、別れ際に人間性があらわれるのも傾向。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-13 18:13 ラブ
FILM
 男と女の関係では、別れ際に本性が出るとも言われます。別離を選んだカップルの双方から話を聞くと、同じ出来事への捉えかたが...
並木まき 2019-11-14 04:50 ラブ
FILM
「なんとなく一緒にいて楽しいけど、いつ別れようかときどき考えてしまう」  女子が誰かと付き合う時、必ずしも「大好き! ...
七海 2019-11-13 06:00 ラブ
FILM
 大好きな彼の自宅に、“主張する私物”を置くと、他の女性への牽制にもなりますよね。以前のコラム「彼の家で“私の存在”を知...
並木まき 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 筆者は現在25歳で結婚を二度経験していますが、正直「結婚ってめんどくさい」と思うことはありました。でも、幼い頃から「結...
東城ゆず 2019-11-12 06:00 ラブ
FILM
 男心を掴むには胃袋を掴むのがいい、と言われるこの頃ですが、手料理を食べさせるほど親しいわけじゃない。そんなときは、彼が...
内藤みか 2019-11-11 06:20 ラブ
FILM
 彼氏のことが大好きであればあるほど、彼氏に近寄ってくる女性に嫉妬してしまうことってあると思います。たとえ相手の女性にそ...
東城ゆず 2019-11-11 06:00 ラブ
FILM
 恋愛体質の女性は、いつも彼氏が途切れずにウキウキとしているようで、恋愛難民の方から見ると羨ましい存在かもしれません。で...
リタ・トーコ 2019-11-10 06:00 ラブ