彼以外にハマれるものがない…恋愛依存から抜け出すには?

七海 ライター
更新日:2020-01-30 06:17
投稿日:2019-08-30 06:00
「私にはあなたしかいないのに」(写真:iStock)
「私にはあなたしかいないのに」 (写真:iStock)

 さて、恋人がいない期間はあなたの人生でどれくらいありましたか?

 数年いなくても平気な人もいれば、1日もあけずにずっと彼氏か好きな人がいる、という恋愛体質な人もいることでしょう。

「彼が趣味みたいなもの。だから四六時中べったり一緒にいたいのに、彼に『たまにはひとりにさせてくれ』と苦言を呈されてしまった。私にはあなたしかいないのに!」

「恋をしていると楽しいけど、彼が浮気してるんじゃないかとか、嫌われたんじゃないかとか、何も起こっていないのに勝手に心配になって勝手にメンヘラになってしまって、精神的に落ち着かない」

 恋愛に依存しがちだと、彼にあきれられたり小さなことで気を揉んだり、いつも気分に波が起こりませんか?

 恋愛依存から抜け出すには、どうしたらいいのでしょうか。

そもそもどうして恋愛依存になってしまうのか? 

心配のあまりネットストーカーに(写真:iStock)
心配のあまりネットストーカーに (写真:iStock)

「私は平日だろうがなんだろうが彼といたいのに、『たまには一人にさせてよ』と突き放された。私に興味ないの!?」

「彼のツイッターもインスタグラムもこっそりネットストーカーしてる。自分でもおかしいと思うけど、いいね欄やフォロー欄に他の女の影がないかチェックしてないと不安になってしまう」

 趣味は恋愛。いつも誰かを目で追っているし、自分のことを好きな人がこの世にいないと寂しくて眠れない。毎日彼とつながりたいから鬼電話もするし、既読がつかなくなったら浮気の心配があるからスタンプで爆撃してしまう……。そして気がついたら「痛いメンヘラ」だと彼にあきれられたりはたまた振られてしまったりした苦い過去はありませんか。

「彼は私ほどには私のことを好きじゃないの?」

「なんで好きすぎるとメンヘラになっちゃうんだろう」

 程度のすぎる束縛、心配、不安……それはどこから生まれているのか。

 あなたが暇なせいです。

 え? と思うかもしれませんが、メンヘラは「暇」が全ての根源です。

恋愛依存の怖さは「恋愛自体が目的」になってしまうこと

「恋愛」以外の世界があること忘れてない?(写真:iStock)
「恋愛」以外の世界があること忘れてない? (写真:iStock)

 もし一週間彼と連絡を取れない状態で過ごすとしたら、何をしますか?

 女子と買い物、ひとりカフェ、ジム、はたまた帰省……もしかしたら、平日だとしてもなんだか彼がいないと間が持たなくて、夜寂しくて気が狂いそうになる、という人もいるかもしれませんね。

 確かに恋愛は楽しいですが、恋愛にしか興味がなかったり、趣味が「恋愛」になってしまったりだと、それを失ったときの反動はとても大きい。

 本当であれば、「好きな人がいるから恋愛する」であるべきなのに、恋愛することが自己目的化した結果「恋愛したいから好きな人をつくる」に成り代わってしまうこともあります。

 そのせいで「ビッチ」「男好き」と陰口を叩かれてしまった、あるいはその自覚がある、という女性もいるのでは?

 そこから抜け出すには、恋愛以外にも世界がある、ということに目を向ける必要があります。

七海
記事一覧
ライター
95年、雪国生まれ。元バニーガール広報兼ライター。大学3年の時にブログを始める。婚活と読書がルーティン。卒論は綿矢りさ。好きなタイプは高学歴童貞。13のマッチングアプリを駆使し、1年半で会った男性は100人を超える。

ラブ 新着一覧


「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ
「夜のアッチも前妻と比較され…」再婚1年で離婚を覚悟した42歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ