彼以外にハマれるものがない…恋愛依存から抜け出すには?

七海 ライター
更新日:2020-01-30 06:17
投稿日:2019-08-30 06:00
「私にはあなたしかいないのに」(写真:iStock)
「私にはあなたしかいないのに」 (写真:iStock)

 さて、恋人がいない期間はあなたの人生でどれくらいありましたか?

 数年いなくても平気な人もいれば、1日もあけずにずっと彼氏か好きな人がいる、という恋愛体質な人もいることでしょう。

「彼が趣味みたいなもの。だから四六時中べったり一緒にいたいのに、彼に『たまにはひとりにさせてくれ』と苦言を呈されてしまった。私にはあなたしかいないのに!」

「恋をしていると楽しいけど、彼が浮気してるんじゃないかとか、嫌われたんじゃないかとか、何も起こっていないのに勝手に心配になって勝手にメンヘラになってしまって、精神的に落ち着かない」

 恋愛に依存しがちだと、彼にあきれられたり小さなことで気を揉んだり、いつも気分に波が起こりませんか?

 恋愛依存から抜け出すには、どうしたらいいのでしょうか。

そもそもどうして恋愛依存になってしまうのか? 

心配のあまりネットストーカーに(写真:iStock)
心配のあまりネットストーカーに (写真:iStock)

「私は平日だろうがなんだろうが彼といたいのに、『たまには一人にさせてよ』と突き放された。私に興味ないの!?」

「彼のツイッターもインスタグラムもこっそりネットストーカーしてる。自分でもおかしいと思うけど、いいね欄やフォロー欄に他の女の影がないかチェックしてないと不安になってしまう」

 趣味は恋愛。いつも誰かを目で追っているし、自分のことを好きな人がこの世にいないと寂しくて眠れない。毎日彼とつながりたいから鬼電話もするし、既読がつかなくなったら浮気の心配があるからスタンプで爆撃してしまう……。そして気がついたら「痛いメンヘラ」だと彼にあきれられたりはたまた振られてしまったりした苦い過去はありませんか。

「彼は私ほどには私のことを好きじゃないの?」

「なんで好きすぎるとメンヘラになっちゃうんだろう」

 程度のすぎる束縛、心配、不安……それはどこから生まれているのか。

 あなたが暇なせいです。

 え? と思うかもしれませんが、メンヘラは「暇」が全ての根源です。

恋愛依存の怖さは「恋愛自体が目的」になってしまうこと

「恋愛」以外の世界があること忘れてない?(写真:iStock)
「恋愛」以外の世界があること忘れてない? (写真:iStock)

 もし一週間彼と連絡を取れない状態で過ごすとしたら、何をしますか?

 女子と買い物、ひとりカフェ、ジム、はたまた帰省……もしかしたら、平日だとしてもなんだか彼がいないと間が持たなくて、夜寂しくて気が狂いそうになる、という人もいるかもしれませんね。

 確かに恋愛は楽しいですが、恋愛にしか興味がなかったり、趣味が「恋愛」になってしまったりだと、それを失ったときの反動はとても大きい。

 本当であれば、「好きな人がいるから恋愛する」であるべきなのに、恋愛することが自己目的化した結果「恋愛したいから好きな人をつくる」に成り代わってしまうこともあります。

 そのせいで「ビッチ」「男好き」と陰口を叩かれてしまった、あるいはその自覚がある、という女性もいるのでは?

 そこから抜け出すには、恋愛以外にも世界がある、ということに目を向ける必要があります。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ