女性の恋愛依存は危険! 依存を抜け出すための2つの方法とは

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-07-29 06:00
投稿日:2019-07-29 06:00
 近頃の恋愛ソングを聴いてると、筆者はとても不安になります。「どうして私の気持ちをわかってくれないの?」と嘆く歌詞が多く、その男性もまるでダメ男な場合が多いです。
 浮気男にDV男……はたから見れば、どう見ても幸せな未来がないのに、彼女たちが男性に尽くしてしまう理由は謎が多いもの。なぜ彼女たちは“危ない恋”と知っていながら、恋愛にのめり込んでしまうのでしょうか。そのワケは“自分の中にある”ことに、筆者は早く気づいて欲しいと思います。

あなたも恋愛依存? 恋愛依存者にありがちなチェックリスト

ダメな男にのめりこんでしまう……(写真:iStock)
ダメな男にのめりこんでしまう…… (写真:iStock)

 恋愛依存を治すためには、まずは自分が恋愛依存であることを自覚しないことには、進展がありません。そこで、恋愛依存者あるあるをまとめましたので、ご紹介しましょう。

別れた時のことが心配でたまらない

 恋愛依存の女性は、常に彼と別れた後のことを心配しています。彼がいなくなった自分の人生に価値を見出せないからです。どう過ごしていいのか、どのように今後の人生を歩めばいいのかを悩んでしまいがちです。そのため、彼との恋愛関係が自分にとってよくない、ということを自覚していながら、別れを切り出せないことも。

 つまり、自分の人生の意義は彼の中に存在していると思っているのです。そのため、彼に過剰な干渉をしてしまいます。別れた後のことが心配でたまらないので、彼からも「重い女」と思われてしまうのです。

連絡がないことが不安(写真:iStock)
連絡がないことが不安 (写真:iStock)

彼からの連絡がないと不安になる

 恋愛依存の女性は、常に彼氏から連絡がないと不安になります。彼そのものに信用がなく、その信用がない理由は、彼の浮気や暴力だったりします。そんな最低な男だったとしても、彼女からすると彼にすがるしかない事情が存在していることも。

 まず代表的な例は、経済的な事情や女性の人間関係です。このような女性は、彼に依存しているケースが多く、それ以外の人との関係が希薄な場合が多いのです。こうした事情から、彼から連絡がないと孤独になってしまったようで、いてもたってもいられない状況になってしまうのです。

 経済状況が思わしくない場合も、好きという感情より生活を守るために彼のことを取り留めようと必死なこともあります。

彼に常に合わせる生活をしている

 恋愛依存な女性は、常に彼に合わせる生活をしています。たとえ友人から誘いが入っていたとしても、彼の仕事を理由にキャンセルすることも。また、自分の好みを否定されたら、すぐにやめてしまうなど、彼の意見を過度に尊重する兆候があります。
 
 女友達と話している時も「彼がね」と彼の話が中心になりがち。彼ではなく、自分がどうしたいのかということを認識できていない女性は、少なからず恋愛依存に近いものがあるでしょう。

恋愛依存になった時に抜け出すための方法2つ

“自分”を取り戻して(写真:iStock)
“自分”を取り戻して (写真:iStock)

 恋愛依存の女性は、その感情の起伏に自分でもついていけないことが多くあります。その結果、自分も「楽になりたい」と思っていることが多いのです。恋愛依存になった時に、抜け出すための方法を、ご紹介しましょう。

彼と自分は似て非なるもの

 女友達同士の場合、どんなに長い年月を経て深い仲になっても、依存状態になることは少ないはずです。やはり恋愛依存を語る上で、彼が異性だからという前提は切っても切り離せません。男女二人がペアになると、どうしても“自分たちは一つのもの”と誤認しがちです。

 しかし、紛れもなく自分と彼は別の人格という認識を持つことが大事になります。恋愛依存の女性の多くは、彼の言ったことを全てとみなしがち。自分の意思表示や自己決定する力が、特に弱い兆候があります。

 彼の言ったことが全てではない。自分はどう思ったのかという意見や考えを持つ時間を大切にしましょう。彼から連絡が来なくても「私は、何も悪いことをしていない。なのに、怒られる意味がわからない」という自信を持つことが恋愛依存を抜け出すキッカケになるでしょう。なんでも言いなりになるのではなく、時に彼に反発することを意識してみて。

彼より大切にすべき“自分”

 恋愛依存の女性を見ていると、「よくこんなひどい仕打ちを受けているのに、一緒にいれるなぁ」と筆者はよく感じます。彼は大事な存在なのでしょうが、その彼に自分を蝕まれ傷つけられるようでは、健康的な考え方とされないでしょう。

 彼より大切にすべきなのは、紛れもなく自分です。健康で自立した自分を保てられるからこそ、本当の意味で他者を愛することができるのです。彼より大切にすべきものは、女性という弱い立場の“自分”です。

恋愛を楽しむのはいいけれど恋愛依存はタブー

振り回されず対等な関係を築こう(写真:iStock)
振り回されず対等な関係を築こう (写真:iStock)

 恋愛依存になってしまうと、女性はもともと人のお世話をするのが得意な面がありますから、何かと男性に振り回されることになります。

 筆者の友人には「こんなに彼が好きだから、私はどうなってもいい」といった女性がいます。しかしその顔は常に不安げで、彼の行動一つで自分の感情が左右されてしまうなど、とても健康的には思えません。そんな彼女も、多くのことを悩み過ちに気づいたのでしょう。今では、別の男性と健全なお付き合いをしています。嫌なことは意見し、喧嘩を物ともしない毅然とした立ち振る舞いは、かつての彼女と全く別人です。

 恋愛依存は女性の人生を狂わせます。自分を客観視した時、早めに違和感に気づけるかどうかが大事なターニングポイントになりますよ。「彼との距離感を適正に保つ」自分のコントロール力をしっかりと養うこと。これも“大人の女性の嗜み”といえるでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いて...
内藤みか 2020-10-29 06:00 ラブ
FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ