ママになっても…鏡に映る「セクシーな私」は原動力になる

インリン タレント、表現者
更新日:2019-09-11 06:00
投稿日:2019-09-11 06:00
 独身時代「美」や「セクシー」の追求ばかりしていた私が、結婚後、家事に育児にと日々追われ「食事や睡眠時間すらないのに自分磨きなんてできない! セクシーでいられる余裕なんてない!」とボサボサ頭で日々叫んでいました。

育児と日常に忙殺され、自分のことが後回しに

子供は可愛いけど自分に手をかける余裕はない(写真:iStock)
子供は可愛いけど自分に手をかける余裕はない (写真:iStock)

 出産前は、化粧もおしゃれもと日々自分磨きの時間がたっぷりあり、自由な生活を送っていたけど、子供が生まれた後、「こんなにも生活が180℃変わるの?!」と驚かれる女性は多いではないでしょうか? 子供は可愛いけど、日々の疲れと忙しさで、時には子供を可愛いと思える余裕さえなくなってしまうという方も多いではないでしょうか? 

「生きる」に対するモチベーションを上げる原動力は人それぞれだけど、あなたはどんなことをしている時に自分のモチベーションを上げることができますか?

 私にとって、鏡に映る自分がキレイでセクシーでいられる事がモチベーションを上げる原動力でした。傍から見たら「キレイじゃない、セクシーじゃない」と言われるかもしれません。でもそんな事はどうでもいい!! とにかく自己満足でいいと思います。

 自分自身が満たされた気持ちでいられる時は、おおらかな気持ちで3人の子供に接することができることに気付いたからです。子育ては「忍耐力」が何よりも必要だと思うくらい、私は日々イライラして子供達に対して怒ってばかりでした。

セクシーでいることに罪悪感を持たない

不思議と家族も笑顔に!(写真:iStock)
不思議と家族も笑顔に! (写真:iStock)

 毎日家事や子供の寝かしつけをしながら顔にシートマスクを貼り、子供がお昼寝中にリビングでヨガ、エステやオイルマッサージを1ヶ月に2回。とにかく限られた時間を工夫しながら、自分磨きの日々を身体が欲しているかのように、いつしか自然とそんな習慣がスタートしていました。そんな私がキレイ(な気分)になることによって、子供達に笑顔で接することも増えました。

 そのとき、セクシーでいることに罪悪感を持たない母になろうと思いました。自分自身のためのセクシー、仕事として表現するセクシー、どちらにしても「セクシーを意識する」ということが、私の人生においてどれほど必要なものなのかを、逆に子育てしてる中で気付かされまたからです。

 これから老いていく過程の中でも、私はずっとセクシーさを求め続けるでしょう。それは、私自身の心のバランスを整える大事な役割を果たしてくれる、とても必要な原動力だから……。

自分だけの時間を持つ効果

ママだって自由を楽しむ権利があるから(写真:iStock)
ママだって自由を楽しむ権利があるから (写真:iStock)

 家庭環境はそれぞれ違いますが、子供も幼稚園に通い出すと少し時間の余裕が出てきますよね。そうしたら、おしゃれしたり、旅行にでかけたり、ネイルサロンに行ったり、エステサロンへ行ったり、美味しいご飯を食べに行ったり、家で一人酒したり……。

 いつも頑張っているあなたにだって自由を楽しむ権利があります。そして周りの人に思いっきり頼ることに罪悪感を感じることなく、時には子供の事を忘れ、自身の好きな事に没頭することも大事ではないでしょうか?

 明日も明後日も続いていく人生、楽しく生きたいものです。あなたが幸せでいられることが、家族にとっての幸せでもあるのではないでしょうか?

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM