2人目どうする? 私があえて「一人っ子」を選んだ理由

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-10 06:00
投稿日:2019-07-10 06:00
 女性の人生の大きな分岐点、「子どもを産むか産まないか」。その問題をクリアした瞬間に始まる「2人目どうする問題」。思い悩んだ結果、私は、あえて「一人っ子」を選択することにしました。なぜそうしたのかについて、お話ししたいと思います。

当たり前に2人目を考えられるママが羨ましい

「あえて一人っ子」を選んだ理由は…(写真:iStock)
「あえて一人っ子」を選んだ理由は… (写真:iStock)

 2018年度の出生率は1.42と過去最低だというのに、息子の幼稚園ではなぜか2人目、3人目が当たり前。一人っ子家庭が多いのって、都内だけなんですかね。

 以前書いた→「産んだから偉いわけじゃない…でも産んでおきたいと思うなら」でも触れましたが、息子を産んでからというもの「2人目どうするの?」と、ちょくちょく聞かれるようになった最近。正直、当たり前に「2人目を産むもの」だと考えられるママが羨ましい。なぜ、みんな迷わずそう思えるのか。 妊娠をする、子どもを持てるって、本当に才能。

私があえて一人っ子を選んだ3つの理由

1人目と同じように手をかけられる自信がない(写真:iStock)
1人目と同じように手をかけられる自信がない (写真:iStock)

「2人目を産みたい」と思うのであれば、チャレンジするのみ。でも、「産める時期なのに、産まない」と決心するのは、少し勇気がいることだと思います。

 そんな私ですが、一人っ子をあえて選んだ理由はこの3つ。

・またもワンオペ育児になる可能性が高いから

 息子が生まれてからというもの、家事・育児・加えて在宅仕事をこなす日々。夫は朝早く出勤して、21時以降に帰ってくる会社員。近くにいるのに、なぜか気を遣ってしまう実家。当たり前だと思っていた日々は、「ワンオペ育児」という流行りの言葉そのものだと気づいて、突然つらく感じたのは息子が1歳半くらいの時。

 そんな息子は現在4歳。手はかかるけれどだいぶ楽になったし、私もどこかしらで腹をくくれるようになったので「頼らずやるしかない!」と奮起できます。でも、ここにもう1人……と考えると「いやいや、ムリ」と、思考停止。無限ループに思えるようなワンオペ育児は、なかなかキツいのが現状です。

・1人目と同じように手をかけられる自信がないから

 初めての妊娠にワクワクして、エコー写真をアルバムに残したり、出産後もできる限りのことに手をかけてきた私。1人目あるあるですよね。子どもの成長はあっという間だから、見過ごすことなく見守りたい。いろんな景色を見せてあげたい。なんでもやらせてあげたい。親の自己満足だと分かっていますが、今もそうしています。

 でも、2人目の子どもはどうでしょうか。先に生まれた息子がいるから、実質、その子のためだけの時間をなかなか取れない。いつか「お兄ちゃんばっかり」なんて言われた時に悩みそうだし、なにより2人目の出産後には息子にも寂しい思いをさせてしまうだろうし。

「2人目は勝手に育つよ」なんて先輩ママに言われますが、それだと自分の気が済まない。考えすぎだと周囲に言われますが、1人目と同じように手をかけられる自信がないのも大きな理由です。

・仕事や夢を止めたくないから

 働く女性は妊娠後期から子どもを保育園に預けるまでの一定期間、産休や育休を利用することがほとんどでしょう。個人差はありますが、その期間は半年〜2年くらい。長い人生から見たら、ほんのちょっとのことなのかもしれません。でも、その間、女性の仕事や夢は止まることが多いです。

 仕事を頑張って夢を目指して、育児と両立させることの大変さ。それを1人目で十分に経験しているからこそ、2人目に向かう勇気がない。

 子どもが活力になって、仕事や夢を頑張れる。それも事実ですが、1日24時間という時間は平等で、どんなに時間を大切にしてもできないことはある。つまりは、自分がキャパオーバーになるのが見えているからこそ、2人目へと気持ちが向かわないのです。

「赤ちゃんが欲しい」と言った3歳の息子に私が言ったこと

一人っ子だからできることはたくさんある(写真:iStock)
一人っ子だからできることはたくさんある (写真:iStock)

 当時3歳の息子から「赤ちゃん欲しい」と突然言われ、焦った私が言ったこと。「赤ちゃんのお世話は大変だから、いつでも抱っこをできなくなるかもしれないけど良い?」と。

 すると息子「うーん。抱っこできないのは嫌だから、いいや」と、すんなり納得。分かっているのか、気を遣っているのか、それからは一切聞いてきません。

 でも、「兄弟を産んであげられるのは、私しかいないのにな」とか、「将来、天涯孤独になってしまったらどうしよう」と、それから数日、ずいぶんと先のことを考えました。

一人っ子だからできることはたくさんある

 でも、こうも思います。一人っ子だからできることはたくさんある、と。例えば、電車や車で遠出をすること。たっぷり触れ合うこと。イヤイヤに果てしなく付き合うこと。お金をかけて経験をさせてあげること。「待ってね」と言わないこと。

 もちろんこれは、抱っこ紐で下の子を抱っこしながらでもできるのかもしれません。こなしているママもいるでしょう。でも、私にはきっとできなさそう。自分への負荷が大きい。少なからず、仕事や夢などやりたいことに影響する。無理をしたら、笑えなくなる。自分の人生は育児のためだけではない。だったら、この子を大事に育てれば良い。という結論。

成り行きじゃなくて「あえて一人っ子」なら後悔しない

どう生きるかは人それぞれだから(写真:iStock)
どう生きるかは人それぞれだから (写真:iStock)

 私の一人っ子に対しての思い、これはほんの一例です。でも、なんにせよ、成り行きじゃなくて「あえて一人っ子」であれば後悔しない、そう思います。大きくなった息子に「どうして兄弟がいないの?」と聞かれたら、「ママがそうしたかったからよ」と、私は言うでしょう。

 自分勝手なママであるかもしれませんが、でも、納得して決めたからこそ、「2人目は?」と聞かれた時に胸を張って言えます。「私は、一人っ子を大事に育てる」と。それでいいんじゃないかな。いかがでしょうか。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 介護士をしていた筆者は、基本的に介護施設に入ることを肯定的に捉えています。介護施設には介護士はもちろん、理学療法士や作...
FILM
 初めてのお家デート。好きな男性が自分のひとり暮らしの部屋に来るとなったら、いつもよりも念入りに掃除をする女性は多いでし...
FILM
 最近、ネットカフェデートがかなり進化しています。今までのペアシート(カップルシート)に比べると、防音もあり、部屋にカギ...
FILM
 華奢見えテクや上目遣いなど、女の子がか弱く見えるテクニックがこの世には溢れています……が、はっきり言いましょう。「姑息...
FILM
 にゃんたマニアのみなさま、こんにちは。  きょうは、かわいいあの子ににゃんたまωをアピールするも、そっぽを向かれ...
FILM
 オリンピックが近づいていることや経済産業省の推進もあり、キャッシュレス決済が広く認知されることになりました。これまで現...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚は人生での大きな決断です。お互い好きになってくっつくのは簡単ですが、別れ...
FILM
「自分のオッパイが足りなくて、酷い目にあったわ」  ある日、ワタクシの知り合いが仕事の打ち合わせで会って早々、興奮...
FILM
 ひどい二日酔いの朝、グロッキーな中で「もう二度と飲まない!」と決意した経験がある方は多いはず。でも、そんな人に限って、...
FILM
 冷え込む日が増えて「冬がきた」と実感する日も多くなりましたね。芯から冷えた身体は、女性の大敵。日頃からしっかり温活をケ...
FILM
 もうすぐ楽しいクリスマス。  大好きなあの人に、気の利いたクリスマスプレゼントを考え中なら!  リンリンリ...
FILM
 女子の友人関係は環境で変わります。いえ、男女関わらず、環境によって友人は変わっていくものです。  例えば結婚する...
FILM
 介護施設について、「介護のプロが集まっているから大丈夫」と考えてもらえることは、私たち介護士にとってすごく嬉しいことで...
FILM
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー2年生です(進級しました!)。がん告知はひと...
FILM
 親戚のおじさんから、たまたま電車で隣に座ったおじさん、職場にいる上司がおじさん、etc……。身の回りには数えきれないほ...
FILM
 付き合った当初はラブラブだったのに、気づくとあまり会えてなかったり、返信がそっけなかったり……。恋人との関係の継続って...