2人目どうする? 私があえて「一人っ子」を選んだ理由

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-07-10 06:00
投稿日:2019-07-10 06:00
 女性の人生の大きな分岐点、「子どもを産むか産まないか」。その問題をクリアした瞬間に始まる「2人目どうする問題」。思い悩んだ結果、私は、あえて「一人っ子」を選択することにしました。なぜそうしたのかについて、お話ししたいと思います。

当たり前に2人目を考えられるママが羨ましい

「あえて一人っ子」を選んだ理由は…(写真:iStock)
「あえて一人っ子」を選んだ理由は… (写真:iStock)

 2018年度の出生率は1.42と過去最低だというのに、息子の幼稚園ではなぜか2人目、3人目が当たり前。一人っ子家庭が多いのって、都内だけなんですかね。

 以前書いた→「産んだから偉いわけじゃない…でも産んでおきたいと思うなら」でも触れましたが、息子を産んでからというもの「2人目どうするの?」と、ちょくちょく聞かれるようになった最近。正直、当たり前に「2人目を産むもの」だと考えられるママが羨ましい。なぜ、みんな迷わずそう思えるのか。 妊娠をする、子どもを持てるって、本当に才能。

私があえて一人っ子を選んだ3つの理由

1人目と同じように手をかけられる自信がない(写真:iStock)
1人目と同じように手をかけられる自信がない (写真:iStock)

「2人目を産みたい」と思うのであれば、チャレンジするのみ。でも、「産める時期なのに、産まない」と決心するのは、少し勇気がいることだと思います。

 そんな私ですが、一人っ子をあえて選んだ理由はこの3つ。

・またもワンオペ育児になる可能性が高いから

 息子が生まれてからというもの、家事・育児・加えて在宅仕事をこなす日々。夫は朝早く出勤して、21時以降に帰ってくる会社員。近くにいるのに、なぜか気を遣ってしまう実家。当たり前だと思っていた日々は、「ワンオペ育児」という流行りの言葉そのものだと気づいて、突然つらく感じたのは息子が1歳半くらいの時。

 そんな息子は現在4歳。手はかかるけれどだいぶ楽になったし、私もどこかしらで腹をくくれるようになったので「頼らずやるしかない!」と奮起できます。でも、ここにもう1人……と考えると「いやいや、ムリ」と、思考停止。無限ループに思えるようなワンオペ育児は、なかなかキツいのが現状です。

・1人目と同じように手をかけられる自信がないから

 初めての妊娠にワクワクして、エコー写真をアルバムに残したり、出産後もできる限りのことに手をかけてきた私。1人目あるあるですよね。子どもの成長はあっという間だから、見過ごすことなく見守りたい。いろんな景色を見せてあげたい。なんでもやらせてあげたい。親の自己満足だと分かっていますが、今もそうしています。

 でも、2人目の子どもはどうでしょうか。先に生まれた息子がいるから、実質、その子のためだけの時間をなかなか取れない。いつか「お兄ちゃんばっかり」なんて言われた時に悩みそうだし、なにより2人目の出産後には息子にも寂しい思いをさせてしまうだろうし。

「2人目は勝手に育つよ」なんて先輩ママに言われますが、それだと自分の気が済まない。考えすぎだと周囲に言われますが、1人目と同じように手をかけられる自信がないのも大きな理由です。

・仕事や夢を止めたくないから

 働く女性は妊娠後期から子どもを保育園に預けるまでの一定期間、産休や育休を利用することがほとんどでしょう。個人差はありますが、その期間は半年〜2年くらい。長い人生から見たら、ほんのちょっとのことなのかもしれません。でも、その間、女性の仕事や夢は止まることが多いです。

 仕事を頑張って夢を目指して、育児と両立させることの大変さ。それを1人目で十分に経験しているからこそ、2人目に向かう勇気がない。

 子どもが活力になって、仕事や夢を頑張れる。それも事実ですが、1日24時間という時間は平等で、どんなに時間を大切にしてもできないことはある。つまりは、自分がキャパオーバーになるのが見えているからこそ、2人目へと気持ちが向かわないのです。

「赤ちゃんが欲しい」と言った3歳の息子に私が言ったこと

一人っ子だからできることはたくさんある(写真:iStock)
一人っ子だからできることはたくさんある (写真:iStock)

 当時3歳の息子から「赤ちゃん欲しい」と突然言われ、焦った私が言ったこと。「赤ちゃんのお世話は大変だから、いつでも抱っこをできなくなるかもしれないけど良い?」と。

 すると息子「うーん。抱っこできないのは嫌だから、いいや」と、すんなり納得。分かっているのか、気を遣っているのか、それからは一切聞いてきません。

 でも、「兄弟を産んであげられるのは、私しかいないのにな」とか、「将来、天涯孤独になってしまったらどうしよう」と、それから数日、ずいぶんと先のことを考えました。

一人っ子だからできることはたくさんある

 でも、こうも思います。一人っ子だからできることはたくさんある、と。例えば、電車や車で遠出をすること。たっぷり触れ合うこと。イヤイヤに果てしなく付き合うこと。お金をかけて経験をさせてあげること。「待ってね」と言わないこと。

 もちろんこれは、抱っこ紐で下の子を抱っこしながらでもできるのかもしれません。こなしているママもいるでしょう。でも、私にはきっとできなさそう。自分への負荷が大きい。少なからず、仕事や夢などやりたいことに影響する。無理をしたら、笑えなくなる。自分の人生は育児のためだけではない。だったら、この子を大事に育てれば良い。という結論。

成り行きじゃなくて「あえて一人っ子」なら後悔しない

どう生きるかは人それぞれだから(写真:iStock)
どう生きるかは人それぞれだから (写真:iStock)

 私の一人っ子に対しての思い、これはほんの一例です。でも、なんにせよ、成り行きじゃなくて「あえて一人っ子」であれば後悔しない、そう思います。大きくなった息子に「どうして兄弟がいないの?」と聞かれたら、「ママがそうしたかったからよ」と、私は言うでしょう。

 自分勝手なママであるかもしれませんが、でも、納得して決めたからこそ、「2人目は?」と聞かれた時に胸を張って言えます。「私は、一人っ子を大事に育てる」と。それでいいんじゃないかな。いかがでしょうか。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ライフスタイル 新着一覧


現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...
44歳独身、今からでも遅くない?ズル休み→大学進学を決めた“無敵の女”
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、信じていた学生バイトに蔑まれ、客の若者にも罵られる日々。見かねた学生バイトの...
私の時給はパフェより低い…置き去り氷河期世代の苦悩「感覚死んでる」
 八王子の居酒屋で契約社員として働く由紀は、特段面白みのない毎日を過ごしている。元気な学生バイトたちに囲まれ慌ただしい日...