リア充画像でSNS映え アイドルの2ショットチェキに学ぶ♪

内藤みか 作家
更新日:2019-09-16 06:00
投稿日:2019-09-16 06:00
 地下アイドルではおきまりのツーショットチェキ。1枚1000円程度で、終演後に推しと画像を撮れるという幸せな企画です。そのチェキポーズにはさまざまなものがあり、なかにはマネしてみたくなるものも。マネして大好きな人とのリア充画像を楽しんでみませんか?

チェキタイムはなぜあるの?

熱いステージのあとにチェキタイム(写真:iStock)
熱いステージのあとにチェキタイム (写真:iStock)

 地下アイドルのライブに行ったことがない人たちには、チェキがなぜ盛り上がっているのかよくわからないかもしれません。ライブに行くだけでも入場料がかかるのに、さらにお金を払ってチェキを撮っているのが理解できないようなのです(さらにスゴい人だと一度のライブで10枚以上、お誕生日などのイベントだと100枚以上撮る人もいますが)。

 実は、ツーショットチェキは、応援している側からも、地下アイドル側からも、なくてはならないものなのです。まず応援している側は、2人の写真が撮れるというのも嬉しいですが、何より大切なのは、撮影の間、アイドル本人とお話ができちゃうという点なのです。短い時間ではあるのですが、お話できると舞い上がってしまうもの。そしてまたお話ししたくなり、次のライブでもチェキを買い込むのです。

 そしてアイドル側からすれば、チェキは大切な収入源なのです。事務所や主催元によって、売り上げのうちどのくらいがアイドルに渡るのかは違うのですが、ゼロということはないのではないでしょうか。なかにはチェキ収入だけで生活できているという猛者もいるようです。地下アイドルはメジャーデビューしていないので、物販できる品もほとんどないので、チェキが頼りなのですね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 日本のいくつかの猫島は、すっかり海外でも有名になりました。  私の住む東京からでも遠いなぁ……と思う島にも、はる...
FILM
「今年も無事に収穫が終わったよ~」  秋の収穫シーズンになると、ご来店くださったお客様から毎年こんな会話が聞こえて...
FILM
 毎日定時で帰る人を見ると「羨ましいな」と思う半面、「定時で帰るなんて、ちゃんと仕事をしているのだろうか?」と思う人も多...
FILM
 にゃんたま君は、日が沈むこの時間が大好き。  地面はお日様のぬくもりが残っていてほんわか温かくて、海を渡って来る...
FILM
 SNSが当たり前の時代。今では、ほとんどの人がSNSを活用しているでしょう。しかし、SNSは便利な半面、トラブルに巻き...
FILM
 好感度の高い女性というと、「美人でスタイルが良い女性」というイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、どんなに見た...
FILM
 きょうは、職業・猫フェチカメラマンのつぶやき。  神が作った最高傑作と云われる「にゃんたま」を、どのように記録し...
FILM
 ただいま世の中、「ドライフラワー流行り」でございます。  以前は、お花屋さんの片隅にちょっぴり「スキマ商売」感覚...
FILM
 “女の友情はハムより薄い”という言葉があるように、女性同士の交友関係はとても複雑で、難しいものですよね。昨日まで「私た...
FILM
 きょうも、にゃんたまωにロックオン♪  キリっとしたクールな眼差しに、栗饅頭のような癒しのフォルムω……。 ...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいる...
FILM
 この夏は新型コロナ禍の外出自粛で溜まったストレスの羽を伸ばす人たちが散見されました。しかし、秋、冬とインフルエンザの流...
FILM
 きょうは、にゃんたまを探せ!  写真の中に、にゃんたまωをスグに見つけたアナタはもう立派なニャンタマニアです。 ...
FILM
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、某有名私立男子校の先生が本日もご来店でございます。  この先生、その筋では大変に...
FILM
 外出しなくても、おうちの中で気分転換する方法があるととっても便利です。自分に合ったストレス発散方法があると、気分の切り...
FILM
「機嫌悪い人がいると気になってしまう」「LINEを送ったら既読スルー、怒らせちゃったかな」「もはや生きているだけで疲れる...