「バチェラー3」で注目したい 女性たちが駆使する凄い恋テク

内藤みか 作家
更新日:2019-09-12 06:00
投稿日:2019-09-12 06:00
 amazonプライムの名物番組「バチェラー・ジャパン」は、いよいよシーズン3が9月13日よりスタートです。セレブ男性1人を20人の女性たちで奪い合うという凄まじい婚活番組です。愛されるたったひとりの運命の女性になるためにハイテクニックを駆使する女性が続出! スーパー恋テクが出現しやすいチェックポイントをご紹介します。

自分だけを見てもらうために

バチェラーから選ばれるのはどんな女性?(写真:iStock)
バチェラーから選ばれるのはどんな女性? (写真:iStock)

「バチェラー」の最初の難関は20人もいる女性たちの中で自分を主張しなくてはならないところ。ここでアピールしないと初回のパーティーで早々に脱落してしまう危険があるのです。

 こんな状況の中、バチェラーの一瞬のスキをついて「2人だけでお話しできませんか?」と切り出せる女性は、勝ち残りたい強い意志があるはずなので、要チェック。女性たちが忍者のようにササッと動くさまも必見です。

 また、グイグイいけない女性の場合、必殺ワザである涙を早い段階から駆使することもあります。泣いたりすると他の女性からは白い目で見られがちですが、バチェラーには明らかに印象に残るはず。しかも泣いている女の子を落とすのは気がひけるし、残留させてくれるかもしれません。ズルいと言われようとも泣いたもん勝ちの世界なのかもしれません。

ツーショットでの切り札とは

2人きりの時間でどれだけ距離を詰められるか(写真:iStock)
2人きりの時間でどれだけ距離を詰められるか (写真:iStock)

 回が進むにつれ、バチェラーと2人きりでお話をしたり、時には2人でデートに出かけたりなどという機会が増えてきます。他の女性たちと差をつけるためには、2人きりの時間でいかにバチェラーとの心理的肉体的距離を縮めるかにかかっているとも言えるでしょう。この時の駆け引きも見どころたっぷりのはずです。

 バチェラーの好感度が下がりやすいパターンは「私のことどう思ってる?」などと、気持ちを探るような行動をしてきたり「またツーショットに誘ってね」などとおねだりする行為。バチェラーの気持ちはわかるような気がします。自然な形で恋愛関係になりたいので、女性にせかされたくないんでしょうね。

 過去観ていてバチェラーに好印象を与えやすいのは、ただひたすらに純粋にデートを楽しんでいる女性。テクを駆使するよりも、一周回って素の笑顔を見せられる女性に軍配が上がるのでしょう。ここは実生活でも自然な笑顔を心がけた人間が強いということなので見習いたいところです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ
FILM
 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。  マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そし...
田中絵音 2020-06-30 06:25 ラブ
FILM
 気になる男性とのドキドキのLINE交換! その後、一生懸命にアプローチをしている女性は多いでしょう。しかし、そんな女性...
恋バナ調査隊 2020-06-30 06:07 ラブ
FILM
 恋愛教本やモテ術など、世間にはたくさんの恋愛テクニックで溢れています。よく私も参考にするのですが、男性側のモテ本には何...
若林杏樹 2020-06-29 10:21 ラブ
FILM
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻...
ミクニシオリ 2020-06-29 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして! 愛知県在住、社会人の27歳です!  付き合って1年になる遠距離恋愛中の彼とのことで相談です。彼は...
神崎メリ 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 人との出会いというのは、とても不思議なもの。自然な出会いもあれば、必然的な出会いもあるでしょう。マッチングアプリの出会...
恋バナ調査隊 2020-06-28 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:57 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-06-27 06:50 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。元ZOZOTOWNの前澤友作氏が立ち上げた、養育費問題に向き合う「株式会社 ...
山崎世美子 2020-06-27 07:02 ラブ
FILM
 あなたには、結婚願望がありますか? 結婚は必ずしなければいけないものではありませんし、タイミングが決まっているわけでも...
恋バナ調査隊 2020-06-27 06:00 ラブ
FILM
 男性たちはよく、女性から「鈍感で察しが悪い」と思われています。「もっと空気を読んでほしい」「言わなくても分かってほしい...
ミクニシオリ 2020-06-27 07:13 ラブ