“ナルシスモラ男”にご用心! 彼らのアンビリバボーな発言3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-09-23 07:31
投稿日:2019-09-23 06:00
 ナルシスト×モラハラがセットになった“ナルシスモラ男“と付き合うと、驚くほど理不尽な思いをさせられる展開が待っているかもしれません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんなナルシスモラ男が放った、アンビリバボーな“ナルシスモラ発言”をご紹介します。

1:部屋中、自分の写真だらけ

自分コレクションにドン引き(写真:iStock)
自分コレクションにドン引き (写真:iStock)

「まあまあ見た目のいい40代男性と付き合い、初めて部屋に行ったときには驚きました。リビングには、自分の写真を何枚も飾っていたのですが、それがおそらく20代と思われる若い頃からの自分コレクションみたいな飾り方。それを見た瞬間『げっ、ナル男だ…』ってゾッとしたんですが、その男はさらに『これは、大学のときの水上スキーで〜』とかって1枚ずつ写真の背景を解説し始めたんです。

 正直、どうでもよかったのでテキトーに返事をしたら『お前、ちゃんと聞けよ』って怒り出し『俺と付き合うなら、俺の歴史を知っておかないとダメだ!』ってキレてました…。怖くなったので、その日は泊まらずに用事ができたことにして、帰宅。そのままフェードアウトしました」(34歳女性/IT)

 自宅に自分の写真を飾りまくっている男性は、少数派でしょう。しかもナル男の解説付きで、ちゃんと聞かないとモラ男に変貌……となれば、こんな男とはサヨナラして正解です。

2:高価なメンズ化粧品を……

せっせとお手入れするのは勝手だけど(写真:iStock)
せっせとお手入れするのは勝手だけど (写真:iStock)

「飲み会で知り合った男といい感じになり、酔った勢いで、その人の家に遊びに行ったんです。すると洗面所には、メンズ用の化粧品がズラっと並んでいました。予定外のお泊りだったから『化粧品、どうしよう』と思っていたこともあって、ラッキーなんて思いつつその化粧品を拝借していたら、いきなりその男が洗面所に来て怒鳴り始めました。

『俺の化粧品は高いやつを使っているのに、なんで勝手に使うんだ! キミには高価すぎてもったいないだろう!!』って言われたんですけど、ぶっちゃけその男は、そんなにイケメンじゃないし清潔感も普通。ギョッとして、慌ててその家から立ち去りました」(28歳女性/デザイン関係)

 男性用コスメも充実している時代ですが、ナルシストな男ほど、こだわりを持っているのも傾向。少し拝借しただけで烈火のごとく怒るとは、モラハラ気質もありそう。

3:部屋中に鏡!

鏡にキメ顔するナル男(写真:iStock)
鏡にキメ顔するナル男 (写真:iStock)

「何回かデートをして付き合い始めた彼の家に、初めて遊びに行きました。ワンルームだったんですけど、あらゆるところに鏡があって『なんか不気味』とは思ったんですよね。でも、彼も何も言わないし、とりあえず部屋の中で過ごしていたら、彼はチラチラと頻繁に鏡を見て、キメ顔をしたり髪を直したりしていました。『もしや、ヤバい男?』って少しゾッとしたんですけど、まぁ見て見ぬ振りをしていたら、今度はいきなり彼が私に怒り始めて…。

『動くなよ! そこに座られると、鏡が見えなくなるだろ!』ってすごい剣幕で怒鳴ってきました。私が動揺して固まっていると、鏡の位置を不機嫌そうに変えていたけど『これヤバいやつだ…』って悟り、慌ててその家を出ました…」(30歳女性/専門職)

 自分大好きなナル男ほど、鏡を見る頻度も多め。さらに思い通りに鏡が見えないだけでキレるとはモラ気質も持ち合わせているのは間違いありません。

 ◇  ◇  ◇

 ナルシストとモラハラがセットになった男は、女性にとって厄介な存在。早い段階で本性がわかったら、さっさと距離を置くに越したことはないでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 密になることを避け気味になっていた最近の社会では、よりパーソナルなサービスを利用する人が増えたと感じています。たとえば...
内藤みか 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 男性の中には、本命彼女がいるのにそのことを隠してアプローチしてくる人がいます。そんな男性には、共通する特徴があるような...
恋バナ調査隊 2020-10-01 06:00 ラブ
FILM
 LINEでの恋の駆け引きテクニックはいろいろありますが、意外にみんな使いこなせていないのが、スタンプテクニック。実は、...
恋バナ調査隊 2020-09-30 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ