離婚後に「自己保身」に走る モラハラ元夫の卑怯な作り話3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-04 06:00
投稿日:2019-10-04 06:00
 モラハラ男と晴れて離婚が成立し「これで、自由で快適な生活が取り戻せた!」と喜んだのもつかの間、モラハラ元夫の卑怯な保身に悩まされる女性も、あとを絶ちません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、離婚後にも嫌がらせを続けるモラ男の実態をご紹介します。

1:払ってもない慰謝料の話を盛られ…

きちんと取り決めしたにもかかわらず(写真:iStock)
きちんと取り決めしたにもかかわらず (写真:iStock)

「元夫とは以前の職場が一緒だったので、共通の知人が何人もいます。それで、この前久しぶりに当時親しかったメンバーと食事をして、びっくり。なんと元夫は、私との離婚での慰謝料や財産分与の話を盛りまくっていて、払ってもないのに『500万円も慰謝料を払った』だの『財産分与で2,500万円渡した』だのって、大嘘を付いていたんです!

 実際には慰謝料100万円、財産分与は200万円。お前のどこにそんなお金があったんだよ!って言いたいですし、モラハラだけでなく見栄っ張りで“ええ格好しい”の性格は、相変わらずだ…と呆れました」(40歳女性)

 縁が切れたあとに、自分を大きく見せるために大嘘をつくモラ男も少なくありません。くだらない自己保身の嘘に付き合わされる元妻の立場も、考えてほしいですよね…。

2:別れても器のデカイ男を演じられ…

事実とは異なる話を吹聴(写真:iStock)
事実とは異なる話を吹聴 (写真:iStock)

「別れた夫と別居を機に、自分で買ったマンションに住んでいます。ところが、モラハラ元夫はなぜか周囲に、そのマンションは『俺が買ってあげた』って嘘をついている模様。しかも“ダメ妻を改心させようと努力したけど、失敗した俺”的なキャラを演じて周囲の同情を求めている始末。

『あの子の離婚後の住まいくらいは、用意してあげたくてさ』と、自分が買ってもないマンションを買ったことにして、器のデカイ男のフリをしています。モラ元夫は資産家の息子なので、そんな話にまわりもコロリと騙されていますが、実際には離婚の際に財産分与すらもケチりまくり、相場よりもかなり低い額しかよこさなかった男が、よく言うよって感じです!」(37歳女性)

3:子供に会えない“かわいそうな俺”を演じられ…

周囲には“いいパパ”を演じている(写真:iStock)
周囲には“いいパパ”を演じている (写真:iStock)

「モラハラ、DV、浮気…と、離婚原因だらけな元夫と別れ、子供の親権は私です。結婚生活中、元夫は子供にもひどい態度でしたが、子供にとっては父親なので、離婚の際には養育費のほか面会の頻度なども決めました。ところがいざ離婚してみたら、子供と約束の日になってもドタキャンやブッチだらけ。さらには養育費も滞りがち。

 ところがこの前、共通の知人に会って元夫の話になったら『子供に会いたいのに、会わせてもらえない』だの『相場以上の養育費を払っているのに、子供と会えない』だのって、大嘘をつきまくっている事実が発覚!

 その知人から『子供に会わせてあげなよ』って説教されたんですが、こっちは毎回、約束の日に朝からずーっと子供と待ちぼうけですよ。それを伝えても、その知人には、怪訝そうな顔をされてしまい…。元夫の嘘のほうが、信ぴょう性が高かったみたいでガックリしました」(33歳女性)

モラハラ男は自己保身のウソが得意

モラ男に振り回されてグッタリ(写真:iStock)
モラ男に振り回されてグッタリ (写真:iStock)

 モラハラ男は、不思議と自己保身の嘘が得意。それだけに、信ぴょう性のありそうな作り話をでっち上げ、周囲を巻き込むのも得意です。むしろ、モラ男の行動は非常識すぎる場合が多いので、元妻がどんなに事実を伝えていても、被害者である元妻の話のほうが奇妙に聞こえがちなのも否めません。

 モラ男には、自己保身に余念が無いタイプも多く、離婚後も“いい人な俺キャラ”を確立するために、あちこちで嘘や作り話をしまくる男が少なくありません。離れてなお、嫌がらせを続けるモラ男は、本当に厄介な存在です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 14:55 ラブ