離婚後に「自己保身」に走る モラハラ元夫の卑怯な作り話3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-04 06:00
投稿日:2019-10-04 06:00
 モラハラ男と晴れて離婚が成立し「これで、自由で快適な生活が取り戻せた!」と喜んだのもつかの間、モラハラ元夫の卑怯な保身に悩まされる女性も、あとを絶ちません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、離婚後にも嫌がらせを続けるモラ男の実態をご紹介します。

1:払ってもない慰謝料の話を盛られ…

きちんと取り決めしたにもかかわらず(写真:iStock)
きちんと取り決めしたにもかかわらず (写真:iStock)

「元夫とは以前の職場が一緒だったので、共通の知人が何人もいます。それで、この前久しぶりに当時親しかったメンバーと食事をして、びっくり。なんと元夫は、私との離婚での慰謝料や財産分与の話を盛りまくっていて、払ってもないのに『500万円も慰謝料を払った』だの『財産分与で2,500万円渡した』だのって、大嘘を付いていたんです!

 実際には慰謝料100万円、財産分与は200万円。お前のどこにそんなお金があったんだよ!って言いたいですし、モラハラだけでなく見栄っ張りで“ええ格好しい”の性格は、相変わらずだ…と呆れました」(40歳女性)

 縁が切れたあとに、自分を大きく見せるために大嘘をつくモラ男も少なくありません。くだらない自己保身の嘘に付き合わされる元妻の立場も、考えてほしいですよね…。

2:別れても器のデカイ男を演じられ…

事実とは異なる話を吹聴(写真:iStock)
事実とは異なる話を吹聴 (写真:iStock)

「別れた夫と別居を機に、自分で買ったマンションに住んでいます。ところが、モラハラ元夫はなぜか周囲に、そのマンションは『俺が買ってあげた』って嘘をついている模様。しかも“ダメ妻を改心させようと努力したけど、失敗した俺”的なキャラを演じて周囲の同情を求めている始末。

『あの子の離婚後の住まいくらいは、用意してあげたくてさ』と、自分が買ってもないマンションを買ったことにして、器のデカイ男のフリをしています。モラ元夫は資産家の息子なので、そんな話にまわりもコロリと騙されていますが、実際には離婚の際に財産分与すらもケチりまくり、相場よりもかなり低い額しかよこさなかった男が、よく言うよって感じです!」(37歳女性)

3:子供に会えない“かわいそうな俺”を演じられ…

周囲には“いいパパ”を演じている(写真:iStock)
周囲には“いいパパ”を演じている (写真:iStock)

「モラハラ、DV、浮気…と、離婚原因だらけな元夫と別れ、子供の親権は私です。結婚生活中、元夫は子供にもひどい態度でしたが、子供にとっては父親なので、離婚の際には養育費のほか面会の頻度なども決めました。ところがいざ離婚してみたら、子供と約束の日になってもドタキャンやブッチだらけ。さらには養育費も滞りがち。

 ところがこの前、共通の知人に会って元夫の話になったら『子供に会いたいのに、会わせてもらえない』だの『相場以上の養育費を払っているのに、子供と会えない』だのって、大嘘をつきまくっている事実が発覚!

 その知人から『子供に会わせてあげなよ』って説教されたんですが、こっちは毎回、約束の日に朝からずーっと子供と待ちぼうけですよ。それを伝えても、その知人には、怪訝そうな顔をされてしまい…。元夫の嘘のほうが、信ぴょう性が高かったみたいでガックリしました」(33歳女性)

モラハラ男は自己保身のウソが得意

モラ男に振り回されてグッタリ(写真:iStock)
モラ男に振り回されてグッタリ (写真:iStock)

 モラハラ男は、不思議と自己保身の嘘が得意。それだけに、信ぴょう性のありそうな作り話をでっち上げ、周囲を巻き込むのも得意です。むしろ、モラ男の行動は非常識すぎる場合が多いので、元妻がどんなに事実を伝えていても、被害者である元妻の話のほうが奇妙に聞こえがちなのも否めません。

 モラ男には、自己保身に余念が無いタイプも多く、離婚後も“いい人な俺キャラ”を確立するために、あちこちで嘘や作り話をしまくる男が少なくありません。離れてなお、嫌がらせを続けるモラ男は、本当に厄介な存在です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 最近、周りで非常にざわざわするトピックがあります。その感染力は、新型コロナウィルスに引けを取らぬ勢いで、出会う人、出会...
しめサバ子 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナへの不安は、国内でも日に日に増しています。ついにはウイルス対策のために、同棲解消を選んだカップルも……。魑魅...
並木まき 2020-03-28 06:00 ラブ
FILM
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも...
FILM
 あなたは、恋人に浮気をされたらどうしますか? きっと「許せないから別れる!」と、即答する人が多いのでは? しかし、実際...
恋バナ調査隊 2020-03-27 06:02 ラブ
FILM
 誰しも、大人になると社交辞令を言ってみたり、本音と建前を上手に使ったりするものです。でも、だからこそ、「好きな男性には...
リタ・トーコ 2020-03-27 06:00 ラブ
FILM
 彼氏と一緒に過ごしていく中で、「付き合いたての頃となんだかイメージが違う……」と思うことありませんか?もしかしたらそれ...
恋バナ調査隊 2020-03-26 06:00 ラブ
FILM
 コロナの影響で家にこもる時間が急増加! そんなときは、Netflix鑑賞がはかどってしまいますよね。「テラスハウス」を...
しめサバ子 2020-03-25 06:00 ラブ
FILM
 良いか悪いかは別として、新型コロナがきっかけで別居に踏み切った夫婦も出てきています。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-03-25 06:00 ラブ
FILM
 いつの時代にも“マッチョ好き”な女性は一定数います。マッチョ好きな女性だったら、筋肉もりもりの彼と付き合えたらどんなに...
田中絵音 2020-03-24 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、「マッチングアプリ」にどんなイメージを持ちますか。きっと、「危険じゃないの?」と思う人も多いはず。しかし、マ...
恋バナ調査隊 2020-03-24 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、「この人が運命の相手かも!?」と感じたことがある方は多いでしょう。この運命論を信じているのは、なに...
FILM
 若い頃に戻って、もう一度、若い男と燃え上がる恋をしてみたい!そう思うアラフォー、アラフィフさんも多いかと思います。そん...
内藤みか 2020-03-23 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナの影響で外出を控える人が続出中。意中の彼とデートができない!とお悩みの方に、リモートでも可能なデートプランを...
しめサバ子 2020-03-22 06:00 ラブ