謎の騒音でマンションの住人から孤立…真由さんのケース#4

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-06 06:31
投稿日:2019-10-06 06:00
 夫のモラハラ行為に耐えかねての心療内科通いが、なぜか「奥さんの発作で旦那さんが苦労している」という事実無根の噂に変わり、傷ついた真由さん。夫とは離婚に向けた話し合いができないまま、さらにマンション内で孤立を深める出来事が……。

管理会社から身に覚えのない苦情を指摘される

ポストに入っていたのは…(写真:iStock)
ポストに入っていたのは… (写真:iStock)

 ある日、真由さんはマンションの集合ポストにお知らせの紙が入っているのに気づきました。差出人は管理会社で、件名は「居住の皆様にお願い」となっています。

「最近、当マンション内で深夜の騒音が報告されています。夜間の物音は構造上壁を伝わって他のお宅に騒音となって響き、思わぬ迷惑となります。大きな足音、また壁を叩き続けるなどの迷惑行為にはくれぐれもご注意ください」

 このような「お願い」は全居住者に配っているように見えて、実は原因となっている部屋のポストにだけ投函する、と前にネットで読んだことがありました。真由さん宅が深夜の騒音の出どころだと誤解されているのでしょうか。真由さんは心療内科で処方された睡眠導入剤をのんでいるため、物音で起きたことはありませんが、もしかしたら夫は何か知っているのかも知れません。

夫がどんな行動を取るか試してみると…

 真由さんは一度読んだその紙を、そっとポストに戻しておきました。夫がそれを読んで、どんな反応をするか知りたかったのです。帰宅した夫はチラシや郵便物を持ち帰ったようでしたが、何も言いません。翌朝、夫の出勤後にゴミ箱を見ると、「居住の皆様にお願い」の紙は固く丸めて捨ててありました。

 このお願いを読んだ形跡があるのに、夫が何も言わないのは違和感があります。理事長夫人が真由さんの心療内科通いのことで噂を立てている……と、怒鳴り込もうとまでした夫が、今度は騒音を疑われているのに何も言わないのです。夫の行動は何かおかしい、とやっと真由さんは気づきました。まずできることは、深夜の騒音の原因を突き止めることです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM