夫婦という名の“支配者”と“服従者”…真由さんのケース#2

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2019-10-04 12:51
投稿日:2019-09-22 06:00
 暴力や暴言ではなく、大きな物音や舌打ち、ため息や無視で真由さんを言いなりに動かすモラハラ夫との生活。目に見える傷こそ残らないものの、それは人間と人間の正常な関係ではありませんでした。すべて自分が悪いのだと思いこまされている真由さんはやがて……。

無視され否定され続けるうちに心身共にボロボロになって

家の中に居場所がない(写真:iStock)
家の中に居場所がない (写真:iStock)

自分が存在している実感のない家庭

 ドアを閉めて夫が会社に出かけたのがわかり、そっとダイニングキッチンに戻ると、お弁当がキッチンカウンターの上に置き去りになっています。「ああ、まただ……」と真由さんは落胆しました。

 夫はいったん機嫌を損ねると、口もきかず目も合わせず、まるで真由さんが存在しないかのような嫌がらせをするのです。せっかく作ったお弁当をわざと置いていったり、洗って畳んでおいたシャツや下着が、そのまま生ごみの中に突っ込まれていたこともありました。

 帰宅時に真由さんがうたた寝していた時には、苦情を言うかわりにボタンをかけたままワイシャツを脱ぎ捨てました。何度も力まかせにシャツを引っ張り、すべてのボタンがちぎれて飛び散りました。「それでも何も言わない夫の足元に落ちたボタンを拾い集めながら、指がブルブル震えました。私はこの家に存在していないみたいだ、透明人間にでもなったみたいだ、と思ったのです」

夫のいない時間も体の不調に苛まれて

 一生懸命に家事をしても、その結果を無にされる理不尽さに真由さんは疲れ果ててしまいました。夫がいない時でも食器のガシャ置きや舌打ちの音が聞こえるよう錯覚を起こすようになり、また服が捨ててあるのでは……とゴミ箱の中を見るのが怖くなりました。

 家事をしようとしても手足が鉛のように重く感じ、時間をかけて何とかこなすころには激しく息切れがしています。結婚から一年経つころには、心療内科を受診するまでに追いつめられてしまったのです。

妻が精神の健康を害しても心配せずにあざ笑うだけの夫

徐々に精神のバランスを崩してしまった(写真:iStock)
徐々に精神のバランスを崩してしまった (写真:iStock)

精神的DVよりモラハラが深刻な理由

 モラルハラスメントと精神的DVは似ていますが、被害側の心理には大きな違いがあります。DVの場合は暴言やありもしない嘘を投げつけられるため、自分が被害者だと自覚することができるのです。

 一方、モラハラの場合、加害側は凶器となるような言葉は口にせず、「お前のどこが悪いか自分で考えてみろ。わからないのか。だからお前はダメなんだ」などと、被害側が自分で自分を苦しめる環境を作って、そこに追いこんできます。

 真由さんも夫が不機嫌になる原因がわからず、何に気をつけたら夫の不機嫌地獄を回避できるのか、ただ悩むばかりでした。心療内科での診断は心身症で、真由さんの話を聞いた医師は夫との関係を変えることを勧めました。

医師は親身になってくれたけど…(写真:iStock)
医師は親身になってくれたけど… (写真:iStock)

モラハラ男の目的は上下関係の刷りこみ

 夫は真由さんが心療内科を受診したと聞くと、「働きもしないで家にいて、どこが悪いわけでもないのに俺の給料で病院か?」と冷笑しました。病院で心身症と診断されたことを話すと、

「贅沢な病名だな。そんな精神の弱いお前を毎日サポートしているのは誰かな? 俺だよな? 俺のほうがお前以上に精神的な疲労が大きいだろうと、お前は一度でも考えたことあるのかな?」

 モラハラ者はこのように、二人の間の上下関係を常にこちらの意識に刷りこもうとしてきます。結婚してからずっと、自分は支配される立場だと思い知らされ続けてきたことに真由さんはやっと気づいたのです。夫婦関係の改善のために旦那さんとも話をしたい、と医者から言われていましたが、真由さんはこの言葉を聞いて夫と病院に行くことをあきらめました。

 これ以上夫から追いつめられないためには離婚しかない―。しかし、そう決意した真由さんはさらに苛烈なモラハラを受けることになったのです。

 次回、「離婚を切り出された夫が妻に取った行動…真由さんのケース#3」に続きます。

【関連記事】
夢みたいな新婚生活に落ちた黒い影…志穂さんのケース#1
わずか7日で構築された支配のパターン 美沙さんのケース#1

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM