妻をイラつかせる 思考停止夫の“雑なコミュニケーション”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-12 06:00
投稿日:2019-10-12 06:00
 思考停止状態に陥っているかのような、やる気のない夫は、妻をイライラさせるコミュニケーションを繰り出す人も多い様子。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな夫ほどやりがちな、妻をイラつかせまくるダメなコミュニケーションに迫ります。

1:あなたはAIですか?

夫からのLINEが定型化(写真:iStock)
夫からのLINEが定型化 (写真:iStock)

「うちは結婚2年目ですが、結婚後半年経ったくらいから、夫からのLINEが定型化していて、すごくつまらないしイラつきます。

 日中ほとんど連絡をとらないこともあり、夫とのトーク履歴には『今、仕事終わった』『駅ついた』が毎日、繰り返されるのみ。たまには違う文章を送ってよ! って思いますが。考えるのが面倒くさいそうです。ちゃんと新鮮な会話を楽しめる夫婦が、羨ましいです」(35歳女性/マスコミ)

 ◇  ◇  ◇

 帰宅LINEを入れるだけ優秀とも言えるけれど、毎日、まったく同じ文章だけが送られてくるとなれば、確かにロボットのよう。ビミョーに妻をイラつかせるコミュニケーションと言えそうです。

2:オチのない報告話に飽き飽き…

夫の話がつまらない(写真:iStock)
夫の話がつまらない (写真:iStock)

「もともと多弁ではないウチの夫は、最近、輪をかけて話がつまらなくなりました。平日、会話をするのは夕食中くらいですが、夫から出る話題は『今日は朝、電車に座れた』だの『昼休みに雨が降った』だのって事実報告のみで、オチは一切なし…。

 まるで“ひと言日記”を聞いているみたいだし、毎日そんな感じなので、こっちの相槌のレパートリーも尽きてきたうえに、中身のない話にウンザリ。もうちょっと、聞き手のことを考えた会話をしてもらいたいです…」(34歳女性/福祉)

 ◇  ◇  ◇

 すべての話にオチがある必要はないけれど、返答に困るような報告ばかりされても、確かに飽きそう。夫婦間の会話がゼロよりはマシかもですが…。

3:何度も同じ話をするのはなぜ…?

「その話、聞いたよ」とは言えなくて…(写真:iStock)
「その話、聞いたよ」とは言えなくて… (写真:iStock)

「ウチの夫は、思考停止もはなはだしく、何度も同じ話をして私をイラつかせます。最初のうちは『聞いたよ』って突っ込むのも悪いかなって思っていたのですが、結婚3年目を迎え、もう10回以上同じ話を聞かされると、さすがにイライラ。

 あまり外出しない夫だし、趣味もない人なので、新たな会話のネタがなかなか見つからないのかもしれませんが、あまりにも同じ話ばかり続くと『もうちょっと考えて喋ってよ!』と言いたくなります…」(32歳女性/保育士)

 ◇  ◇  ◇

 楽しそうに、同じ話を何度もする人っていますよね。それが自分の夫となると、逃げ場もないし愛想笑いをする仲でもないし……などの理由から、ウンザリが加速しそうです。

まとめ

 きちんと考えることを放棄したかのように、雑なコミュニケーションを繰り出す夫たち。夫婦間のコミュニケーションは楽しいに越したことはないだけに、先が思いやられますね…。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ