妻をイラつかせる 思考停止夫の“雑なコミュニケーション”3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-12 06:00
投稿日:2019-10-12 06:00
 思考停止状態に陥っているかのような、やる気のない夫は、妻をイライラさせるコミュニケーションを繰り出す人も多い様子。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな夫ほどやりがちな、妻をイラつかせまくるダメなコミュニケーションに迫ります。

1:あなたはAIですか?

夫からのLINEが定型化(写真:iStock)
夫からのLINEが定型化 (写真:iStock)

「うちは結婚2年目ですが、結婚後半年経ったくらいから、夫からのLINEが定型化していて、すごくつまらないしイラつきます。

 日中ほとんど連絡をとらないこともあり、夫とのトーク履歴には『今、仕事終わった』『駅ついた』が毎日、繰り返されるのみ。たまには違う文章を送ってよ! って思いますが。考えるのが面倒くさいそうです。ちゃんと新鮮な会話を楽しめる夫婦が、羨ましいです」(35歳女性/マスコミ)

 ◇  ◇  ◇

 帰宅LINEを入れるだけ優秀とも言えるけれど、毎日、まったく同じ文章だけが送られてくるとなれば、確かにロボットのよう。ビミョーに妻をイラつかせるコミュニケーションと言えそうです。

2:オチのない報告話に飽き飽き…

夫の話がつまらない(写真:iStock)
夫の話がつまらない (写真:iStock)

「もともと多弁ではないウチの夫は、最近、輪をかけて話がつまらなくなりました。平日、会話をするのは夕食中くらいですが、夫から出る話題は『今日は朝、電車に座れた』だの『昼休みに雨が降った』だのって事実報告のみで、オチは一切なし…。

 まるで“ひと言日記”を聞いているみたいだし、毎日そんな感じなので、こっちの相槌のレパートリーも尽きてきたうえに、中身のない話にウンザリ。もうちょっと、聞き手のことを考えた会話をしてもらいたいです…」(34歳女性/福祉)

 ◇  ◇  ◇

 すべての話にオチがある必要はないけれど、返答に困るような報告ばかりされても、確かに飽きそう。夫婦間の会話がゼロよりはマシかもですが…。

3:何度も同じ話をするのはなぜ…?

「その話、聞いたよ」とは言えなくて…(写真:iStock)
「その話、聞いたよ」とは言えなくて… (写真:iStock)

「ウチの夫は、思考停止もはなはだしく、何度も同じ話をして私をイラつかせます。最初のうちは『聞いたよ』って突っ込むのも悪いかなって思っていたのですが、結婚3年目を迎え、もう10回以上同じ話を聞かされると、さすがにイライラ。

 あまり外出しない夫だし、趣味もない人なので、新たな会話のネタがなかなか見つからないのかもしれませんが、あまりにも同じ話ばかり続くと『もうちょっと考えて喋ってよ!』と言いたくなります…」(32歳女性/保育士)

 ◇  ◇  ◇

 楽しそうに、同じ話を何度もする人っていますよね。それが自分の夫となると、逃げ場もないし愛想笑いをする仲でもないし……などの理由から、ウンザリが加速しそうです。

まとめ

 きちんと考えることを放棄したかのように、雑なコミュニケーションを繰り出す夫たち。夫婦間のコミュニケーションは楽しいに越したことはないだけに、先が思いやられますね…。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ