元カノからの連絡にノコノコ出かける…男性の下心と対処法は

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-10-12 06:47
投稿日:2019-10-12 06:01
 タレントの道端アンジェリカさん(33)の夫(37)が、知人男性に対する恐喝容疑で逮捕されました。トラブルの舞台となったのは夫が経営する会員制バーで、そこに道端さんが恐喝された男性を伴って来店したそうです。報道によれば、その男性は結婚しているそうですが、道端さんの元彼とか。
 2人は店の個室でイチャイチャしていたところ、店内カメラに収められ、オーナーである夫が知ることに。恐喝は決してよくありませんが、夫として妻が元彼とイチャイチャしているのを見たら、怒るのは無理もありません。事件の当事者はその3人ですが、今回注目したいのは恐喝された男性の妻のきもちです。

元カノとの連絡は今カノとのトラブルを招く

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 元カノに誘われて、ノコノコと出かける男を女性は絶対に許しません。いちいち注意しなくてもわかるだろうというレベルの暗黙のルールともいえますが、誘いに乗る男性は珍しくないのが現実です。そんな現実があるから、恋人の過去に嫉妬してしまう方もいて、そういう相談がよく寄せられます。

 事務職の女性(31歳)は、半年前にマッチングサイトで4歳年下の男性と知り合い、ラーメン食べ歩きの趣味で意気投合したそうです。最初は年の差も殆ど感じなかったのですが、何気ない会話に過去の恋愛経験話が盛り込まれてからというもの、元カノはもちろん、自分の年齢までも意識し始めたと言います。

「俺より3つ年下だったから感覚が子供っぽくて無理だった……」とお酒を飲むと、彼女のことを気にせず何でも話す年下の彼氏。そんな話を聞かされているうちに、自分より7歳も年下の元カノの存在が気になり、誘導尋問的に元カノのプロフィール等を聞き出す癖がついたそうです。

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM