別れた恋人と友達になれる? “元カレ友達”の良い所と悪い所

深志美由紀 官能作家
更新日:2019-07-06 06:00
投稿日:2019-07-06 06:00
元恋人と友達になれる?(写真:iStock)
元恋人と友達になれる? (写真:iStock)

 私は元カレと友達になることができない女です。別れる時にはなぜか「訴えてやる!」「結婚詐欺だ」と罵られるか(注:交際相手からお金をもらったことはありません。そもそもワリカン派です)、浮気をされまくったりして私の方が相手を心底恨んでいるか、どちらかだからです。

 しかし世の中には意外にも、元恋人と友達になって仲良くしている人が多いらしいということを聞きました。本当に!? どうしたらなれるか知りたい! というわけで、ネットを通じてアンケートを取り、皆さんのご意見を聞いてみました。

別れた恋人と友達になれる? なれない?

男女でこれだけの違い(C)コクハク
男女でこれだけの違い (C)コクハク

 女性は「友達になれない」が7割という結果に。 

・友達になれる(女性回答)29.8%


・友達になれない(女性回答)70.1%  ※318票中

 一方の男性は「友達になれる」が4割超えでした。

・友達になれる(男性回答)42.3%


・友達になれない(男性回答)57.7%  ※156票中

友達になれる派となれない派の理由は?

よく知っている仲だからこそ言えることもある(写真:iStock)
よく知っている仲だからこそ言えることもある (写真:iStock)

 では、それぞれの意見を見ていきましょう。

・友達になれる派

「なれました。ただ、感情がこじれないような別れ方をした相手だけです」(ぽちさん/女性)

「なれると思うし、実際何人も友達関係を維持している女性がいます。問題は、現在進行形でお付き合いしている彼女の気持ちです。そこが難しい」(ミックさん/男性)

「時間が経てばなれると思います。どのくらいの期間の付き合いかによりますが、好きな食べ物、趣味嗜好、クセ諸々、お互いよく知っているのでとても良い友達になれます。定期的に会ったりはしませんが、思い出して連絡したり、たまに会うととても楽しいです」(みどりさん/女性)

「なれます。良きアドバイザーとして交際時には言えなかった意見も言えます」(ピンチョロザウルスさん/男性)

・友達になれない派

「なれない。そもそも友達になるぐらいなら、恋人になってない」(カズさん/女性)

「なれない。身体を求めてしまう」(ノブちゃん/男性)

「あちらに未練がなければなれる。(ワンチャンあるかも?とか相手が思ってなければ)私はお別れした後に全く未練というものを残すことがないので」(りおなさん/女性)

「なれないです。別れには必ず原因がある訳で、その原因がポジティブに反転していかない限り単なる依存関係に陥ってしまうと思います」(かえるーさん/男性)

・場合による派

「なれる相手と、なれない相手がいる」(二村ヒトシさん/男性)

「別れ方によるかと。いいお付き合いをしていてお互い合意でキレイに別れた彼とはよい友達ですが、別れ際にモメた彼とは音信不通…」(teaさん/女性)

まとめ

良きアドバイザーになってくれる場合も(写真:iStock)
良きアドバイザーになってくれる場合も (写真:iStock)

 やはり、誰でも簡単に友達になれるというわけではなさそうです。ポイントは「相手に肉体関係を求めてしまうかどうか」という部分が大きいようでした。また「別れ方による」という回答も多かったです。また、男性に比べると女性の方が「友達になれない」という回答が圧倒的に多いようです。

 しかしながら、「友達になれる」派の方は「元恋人友達」の良さを詳細に語る方が多かったのが印象的でした。私も次は穏やかに恋人と別れ、友達になってみたいものです……。

 あ、その前に恋人作らなきゃ……。

深志美由紀
記事一覧
官能作家
集英社ノベル大賞佳作受賞にてデビュー。2010年「花鳥籠」
で第一回団鬼六賞優秀作受賞、同作13年映画化。新聞や電子書籍など、男性のみならず女性にも受け入れられる官能小説を多方面で執筆。著書に「ゆっくり破って」(イーストプレス)「美食の報酬」(講談社文庫)など。自他ともに認めるダメ男好きで、自らの体験を活かしたエッセイ漫画なども配信中。

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ