自分で皮下注射も…採卵手術前日までにやるべき3つのこと

西史織 卵子凍結コンシェルジュ
更新日:2019-10-20 06:00
投稿日:2019-10-20 06:00
 日本は不妊治療の件数は世界一なのに、体外受精で赤ちゃんが産まれる確率は最下位。そんな状況を変えるために、ミレニアル世代の私たち自身にもできることがあるというお話から前へ進み、なぜ私が、28歳という若さでも卵子凍結をしようと思い立ったかについて、お伝えしたいと思います。

ネイルはNG!

事前にオフしにいこう(写真:iStock)
事前にオフしにいこう (写真:iStock)

【06_卵子凍結】

 最初に行った「高刺激法」という卵子凍結では、ホルモン剤の効きすぎで卵子が異常に増殖。採卵のために入院の選択を迫られましたが、周りに心配をかけたくなかったため泣く泣く凍結を見送りました……。負けじと2度目のチャレンジでは、「低刺激法」という錠剤を服用する方法で卵子を育て、凍結の準備をしていたのですが……。

 採卵を2日後に控え、しなければいけないことは3つ。

 1つ目は、ネイルをオフすること。これはネイルをしていない人には関係のない話ですが、採卵は麻酔をかけての手術となります。まさに麻酔をかけている間、体内の酸素濃度を測る装置を指先にはめるのですが、ネイルをしていると装置が反応しないため取らないといけません。

 中指、もしくは人差し指に装着すると言われたので、両手ともに2本の指のネイルをオフしに行きました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM