さよなら子宮! 妊娠云々ではなく死ぬか生きるかを選択する

コクリコ 編集者
更新日:2019-06-11 06:00
投稿日:2019-06-11 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

川島なお美さんは17mmだった

編集者とはリサーチする生き物です(写真:iStock)
編集者とはリサーチする生き物です (写真:iStock)

【Note.06】

「がんの大きさはだいたい18㎜ですね」

 とは、新たにお世話になることになった執刀医T先生の初診のお言葉。

 なんとなく指で2㎝角を作ってながめる私。でかい……。

「小さいですよ」

「えっ、大きくないですか!?」

 母と私は声を揃えます。

「でも僕はもっと大きいがんも診てるし、その大きいがんだって手術してきてるから」

 頼もしいです。

 がんは同じ大きさでも、できる場所によって、また適切な治療を受けるかによって、予後が左右されます。のちにテレビで見て知ったのですが、胆管がんで亡くなられた女優・川島なお美さんに最初にがんが見つかったとき、その大きさは17㎜だったそうです。そう聞くと、とても怖いです。

 話を戻します。

先生「なんの仕事してるの?」

私「えっと、出版社で編集の仕事をしていて……」

先生「なに、編集の人なの? じゃあ、もうどうせいろいろ調べて来てるんでしょう!?」

私「はい、だいたい……っていうか、かなり……」

 この数日で子宮頸がんについて調べ倒していました。がんの大きさ、浸潤の深さ、転移の有無でステージが変わること、そして、治療法が変わることは分かっています。

「残念だけど子宮は残せない」

国立がん研究センターがん対策情報センターの子宮頸がんパンフレット等を基にして作成(C)コクハク
国立がん研究センターがん対策情報センターの子宮頸がんパンフレット等を基にして作成 (C)コクハク

 子宮頸がんはそれらの状態によって前がん状態のステージ0、ステージⅠA1、ⅠA2、ⅠB1、ⅠB2、ⅡA、ⅡB……と進んでいき、転移があるとⅢを超えます。18㎜はステージⅠB1です。

 ステージが進むごとに、手術の規模はどんどん大きくなり、円錐切除(子宮頸部を円錐状に繰り抜く)、単純子宮全摘出術(子宮だけを摘出)、広汎子宮全摘出術(子宮、腟、基靭帯(排尿神経を含む)を広く切除し、骨盤リンパ節も郭清)となります【上記の図版参照】。残念ながらステージⅢ以上になると、手術ができないこともあります。

先生「そうか、じゃあ腺がんが出てるっていうことと、腺がんが悪性度が高いのも分かってるよね?」

私「はい」

先生「残念だけど子宮は残せない。腺がんは、普通のがんと違って飛んでいくがんなの。ジャンプする。がんの大きさが小さくても、たとえば1㎝未満だったとしてもリンパまで飛んでしまっていることがあってね。もちろん卵巣にも。卵巣はねぇ、転移しちゃうとそこからがんが広がりがちなの。だから残せないな。卵巣も含む広汎子宮全摘出術になります」

私「はい……」

先生「そうなるともうこの先、妊娠することはできません。お母さん、残念だけど、もうお孫さんもできません」

 先生は私だけでなく、母にも話しかけます。

母「大丈夫です、もう1人娘がいて、そこにもう孫がいるんですよ~。それより娘を助けてくださいね」

先生「42歳か……。妊娠できなくはないけど、妊娠もそう簡単じゃない年齢だね。その可能性を残すよりも、この先、自分が生きることを考えよう」

不安や恐怖を払しょくするには「情報収集」が大切

ITを正しく駆使する(写真:iStock)
ITを正しく駆使する (写真:iStock)

 独身ですし、年齢的にも子どもを考える状況にはありませんでしたが、子どもが嫌いなわけでもなく、もしもこの先子どもを授かることがあったらいいなとは思っていました。

 ですから、がんになったことと同じくらい、子宮を失うことに直面したショックは大きかったです。でも、もう子どもができるできないではなく、私は死ぬか生きるかを選択しないといけないんだ……。

 なんで私、がんになっちゃったんだろう……。

 広汎子宮全摘出は、婦人科でもっとも大きい手術といわれています。所要時間は8時間ほど。後遺症として、排尿障害、排せつ障害、リンパ浮腫、性交痛、腸閉塞などが予想されます。無事に手術が終わっても、がんが再発しなかったとしても、生涯その後遺症に悩まされることがあるのです。怖いです。

 また、卵巣を失うことで閉経を迎えます。閉経による更年期障害、骨粗しょう症、ホルモン欠乏によるうつなども起こりえます。

 調べてきたなかに「準広汎子宮全摘出術」という、単純子宮全摘出と広汎子宮全摘出の間の術式がありました。広汎子宮全摘出よりも切除範囲が狭く、後遺症が少なくて済むそうなのです。

 それを選択できないか。先生に尋ねると、

「よく調べてるなぁ。でも残念だけど、それについてはまだエビデンスがないんだよね。もしかしてどちらを選択しても予後は変わらないかもしれないけど、変わるかもしれない。腺がんは危ないから、大きく取っておくべきなんだ」

 エビデンス=証拠、根拠。現段階では準広汎全摘出術では、広汎子宮全摘出ほど予後を保証できないということです。

患者は医者の言いなりでいいの?

目をそむけずに(写真:iStock)
目をそむけずに (写真:iStock)

 術式も開腹手術(お腹を切るので傷が大きく、高侵襲)と腹腔鏡手術(お腹に穴をあけてカメラと器具を入れて行うので傷が小さく、低侵襲)がありますが、“安全に、残らずがんを取り除きたい”先生の方針では開腹一択

 開腹すればごそっと臓器を取り出せますが、腹腔鏡手術では臓器を体内で小さく切ってお腹の穴から出すので、その際にがん細胞が散らばってしまわないとも限らないということです。

 ちなみに、かかりつけ病院でC病院の他に名前が挙がった「A病院」は医療ロボット・ダヴィンチによる腹腔鏡手術を行っています。嵐の二宮和也さんのドラマで描かれた、あの医療ロボットです。

 今だから言えることですが、怖いからといって目を背けていると、患者は医者の言いなりなってしまいます。自分の病気をしっかり理解すること、治療法を調べること、自分がどうしたいか考えること、わからないことはわかるまで聞くこと、そしてできるだけ正しい情報(と思われるもの)を収集することが大切なのだと思います。

 私の情報収集方法については次回(6/18公開予定)お話しますね。

 これで開腹による卵巣を含む広汎子宮全摘術が決まりました。42歳での閉経。そしてさよなら子宮――。

(つづく)

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM