さよなら子宮! 妊娠云々ではなく死ぬか生きるかを選択する

コクリコ 編集者
更新日:2019-09-19 06:16
投稿日:2019-06-11 06:00
 私は42歳で子宮頸部腺がんステージ1Bを宣告された未婚女性、がんサバイバー1年生です。がん告知はひとりで受けました。誰にも頼れず、心の内側にずっと不安を抱えながらがんと闘うのはとてもつらいこと。なぜ私が……と思う気持ちと向き合って、そして不確かな情報に惑わされないように、私の体験がお役に立てれば幸いです。

川島なお美さんは17mmだった

編集者とはリサーチする生き物です(写真:iStock)
編集者とはリサーチする生き物です (写真:iStock)

【Note.06】

「がんの大きさはだいたい18㎜ですね」

 とは、新たにお世話になることになった執刀医T先生の初診のお言葉。

 なんとなく指で2㎝角を作ってながめる私。でかい……。

「小さいですよ」

「えっ、大きくないですか!?」

 母と私は声を揃えます。

「でも僕はもっと大きいがんも診てるし、その大きいがんだって手術してきてるから」

 頼もしいです。

 がんは同じ大きさでも、できる場所によって、また適切な治療を受けるかによって、予後が左右されます。のちにテレビで見て知ったのですが、胆管がんで亡くなられた女優・川島なお美さんに最初にがんが見つかったとき、その大きさは17㎜だったそうです。そう聞くと、とても怖いです。

 話を戻します。

先生「なんの仕事してるの?」

私「えっと、出版社で編集の仕事をしていて……」

先生「なに、編集の人なの? じゃあ、もうどうせいろいろ調べて来てるんでしょう!?」

私「はい、だいたい……っていうか、かなり……」

 この数日で子宮頸がんについて調べ倒していました。がんの大きさ、浸潤の深さ、転移の有無でステージが変わること、そして、治療法が変わることは分かっています。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
「オトコは黙ってにゃんたまωで語る」  きょうは、自信に満ち溢れ、堂々のカッコイイにゃんたまです。  好きな...
FILM
 世の中には、大きなことを言うだけ言って、いざとなったら、まったくあてにできない人も散見されますよね。義母がその部類だと...
FILM
 せっかくマンションを購入するなら、できるだけ広い部屋に住みたい! と誰もが思いますよね。でも部屋の掃除も気になるし、購...
FILM
「白湯は美容や健康に良い」と聞いたことがある女性は多いでしょう。でも、「お湯を飲むだけで何が変わるの?」と思ってしまう方...
FILM
 猫は一日の半分が睡眠時間です。晴れていても曇っていても……眠~い!  雨の日は特に深く長い眠りにつきます。きょう...
FILM
 皆さん、コロナ禍の中いかがお過ごしでしょうか? 世界でコロナによる感染者や死者が爆発的に増えている中、私が住んでいる台...
FILM
 コロナ禍でアルバイト先が休業し、バイトできなくなった。そんな大学生が大勢います。彼らのなかにはバイト気分でママ活を始め...
FILM
「あのぅ、お店まだやってますか~?」  太陽の暮れるのがすっかり長くなった、ある夏の日の夕暮れ。お花屋さんである我...
FILM
 あなたは自分の美意識や女子力に自信がありますか? 実は、最近「女性として終わっている……」と周りから思われてしまう、“...
FILM
 義母とお嫁さんの関係になると、いつの時代も、トラブルはつきものなのかもしれません。しかし問題が起き、完全に義母側に非が...
FILM
 きょうは、瀬戸のにゃんたま三兄弟ωωω。  小さな猫の島で、こんなにも華やかで雅な光景が見れるとは!  長...
FILM
 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私自身が、結婚後に女...
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。日常的に知らず知らずにやってしまう人間観察。そんな中で育ちがよさそう!と思わ...
FILM
 毎日溜まっていく汚れたお皿や洋服、ほこり……。特に、フルタイムで働いている女性にとって家事をする時間はできるだけ短縮し...
FILM
 緊急事態宣言が解除されて早くも1カ月。まだまだ街に賑わいが戻ったとは言いがたく、慎重な生活が求められている今日この頃で...
FILM
 にゃんたまωにひたすらロックオン!  きょうも出逢ったイケてる猫に声をかけて、にゃんたまストリートスナップ撮影。...