夫の人生は転落まっしぐら…“さげまん鬼嫁”の恐怖エピソード

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-20 06:00
投稿日:2019-10-20 06:00
 世の中には、単なる“鬼嫁”なだけでなく、そこに“さげまん”要素が加わっている残念な女性もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが「ウチの妻、さげまんな鬼嫁です……」と苦悩を抱える夫に話を聞きました。

1:飲み会に出るたびに鬼LINE&鬼電…

夫が飲み会に行くのが気に入らない(写真:iStock)
夫が飲み会に行くのが気に入らない (写真:iStock)

「ウチの嫁は、僕が飲み会に行っていると、ことごとく面白くないみたい。飲み会の予定を伝えたるときには『ふーん』程度しか言わないくせに、当日になると『お腹が痛いから、早く帰ってきて』だの『妻が体調悪いのに、お酒を飲んでいるあなたは鬼なの!?』だのって、怒涛の連絡が入ります。

 毎度、急いで帰宅するんですが、帰るとケロっとした顔をしていて、とても体調不良には見えない。仕事の飲み会でも、毎回そんな感じだったので、最近では飲み会に声をかけてもらえなくなってきました……。結婚後は、社内や取引先から情報を得る機会が減り、なんか出世にも響いている気がします」(38歳男性/システム)

 夫が飲みに行くと怒り出す鬼嫁は「あなただけ楽しむなんて、不愉快」な心情でもあるのでしょうか。飲み会続きの夫にキレるのとはワケが違うだけに、こんな鬼嫁がいると苦悩のタネになりそう。

2:一切、休日出勤させない…

休日出勤は許さない(写真:iStock)
休日出勤は許さない (写真:iStock)

「3歳年上のカミさんは、僕が休日出勤になりそうだと、露骨に不機嫌になり嫌味や文句が止まりません。『そんなに必死に休日出勤を請け負っても、会社は、あなたに何もしてくれないじゃん』、『休日出勤したからって、出世する保証はないのに、家庭より仕事なワケ?』などと厳しい言葉を浴びせ、休日出勤を断るまで延々と続きます。

 ラブラブってわけでもなく、僕が家にいるからと言って、何をするわけでもなし。毎回、僕の体調を理由にして休日出勤を断っているので、どうやら最近、社内では僕が病気を抱えているって噂があるみたいです……」(34歳男性/サービス)

 ライフワークバランスは大事だけれど、理由もなく家に居させたがるとなれば、夫は困惑しかないでしょう。

3:夫の仕事関係者の悪口しか言わない…

もう聞きたくない!(写真:iStock)
もう聞きたくない! (写真:iStock)

「妻とはもともと、職場恋愛から結婚しました。結婚と同時に妻は退職しているんですが、僕の同僚のことを知っているせいか、家では社内の人の悪口しか言いません。『あんなバカと一緒に働いているから、あなたもバカになってきたのね』や『無能なトップの会社にいるから、将来がなくてカワイソウ』などと罵ってきます。

 そんな話を毎日聞かされているから、僕の仕事へのモチベーションもだんだん下がってきてしまって……。もっと仕事をがんばる気持ちにさせてくれる妻がよかったです」(34歳男性/サービス)

 ◇  ◇  ◇

 夫の職場やまわりにいる人の悪口しか言わないとは、なんともユーウツな気分になりそうな生活です。確かにモチベーションが下がりそうですし、毎日暗い気分になりがちでしょうから、仕事への意欲が削がれても無理はありません……。

 さげまんな鬼嫁と結婚してしまった男性には、その瞬間から、転落人生が待っているのかもしれません。自分の能力云々よりも、鬼嫁のせいで出世できない……とは、なんとも悲しいですよね。

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ