30歳を過ぎた女性に多い…婚活を卒業できない「3つの理由」

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2019-05-01 16:39
投稿日:2019-04-30 06:10
 結婚につながる恋のコンサルタント、山本早織です。「結婚につながる恋コラム」第4回は、30歳を過ぎた女性にありがちな“婚活を長引かせている3つの理由”をお伝えさせていただきます。

大前提として結婚を妥協してはいけない

結婚に妥協はNGです(写真:iStock)
結婚に妥協はNGです (写真:iStock)

 婚活業界にいると、本当に多くの相談が私の元へ届きます。

 頑張って婚活をしているのに望むような結果が出ない……そんなジレンマが、“結婚を諦める”あるいは“相手を妥協をする”という思考を生む結果になってはいないでしょうか?

 でも何歳になっても、どんな環境であっても、私は妥協の上での結婚をオススメしていません。

 そこで得られるのは「結婚」という“点”でしかなく、「結婚生活」という“線”で見ると、本当に欲しいものを手に入れたとは言えない、と感じるからです。

 そこで今回は、女性たちが婚活を長引かせている大きな原因を3つご紹介いたします。

 ぜひ婚活をしている女性たちのヒントになれたら幸いです。

1. 過去の恋愛を「成功体験」と捉えている

最近、彼氏ができにくくなってきている…(写真:iStock)
最近、彼氏ができにくくなってきている… (写真:iStock)

 多くの女性が過去の恋愛を成功体験として捉えています。好きな人と過ごした日々は大きな経験で、女性としての人生を価値あるものに育ててくれた時間となっているでしょう。

 しかし、結婚という観点から見ると、本当に成功と言えるでしょうか?

 30歳を過ぎた女性の多くが感じているように、それまで彼氏が途切れたことのない人でも、なかなかいいパートナーと巡り会えず、「あれ?なんだか今までと違う」と違和感を感じているはずです。

 それでも過去の恋愛を「成功」と思い込み、これまでと同じ手法で相手を探し続け、自らの市場価値や立ち位置が変わっていることを把握できていない……。

 結婚をしたいと感じているのであれば、恋愛と結婚は別物であると、きちんと理解する必要があります。

 いま一度、自分の年齢や価値観、将来のビジョンを再認識し、どんな男性と過ごしているときが心地いいのかを考えてみてください。

 そして、「ドキドキする」「ピンとくる」というような直感的な刺激を信じず、一緒にいて落ち着く相手こそが真実の愛をくれる人かもしれない、と見方を変えてみましょう。

2. 出会いの量を増やして質を上げていない

常日ごろから愛される女性像を心がけて(写真:iStock)
常日ごろから愛される女性像を心がけて (写真:iStock)

 現在どんな婚活をしていますか?とにかく数打てばどこかに運命の人に当たると考えていませんか?もちろん、出会いの数は必要です。

 私は今思い返せば、一般女性が出会うであろう5倍以上の数の男性と出会っています。グラビアアイドル時代や銀座のホステス時代は男性相手の仕事だったこともありますが、現在経営者となってからも周りには男性ばかり。

 もちろん恋愛対象か?と言われるとそうではないかもしれませんが、いつでも恋愛に発展するかもしれないという気持ちで、男性に対してコミュニケーションをしています。

 そのため、いつどこでどんな素敵な人に出会っても、恋のフックに気持ちを引っ掛けるためのコミュニケーションをすることができ、男性への対応の仕方も心得ています。

 毎日、恋のチャンスは転がっているものです。ぜひとも、周りにいる男性全てに愛される女性像を心がけ、出会いの質を上げる行動を選択することをオススメします。

3. いつも婚活女性同士で群れている

女性同士つるんでいては視野も狭まる(写真:iStock)
女性同士つるんでいては視野も狭まる (写真:iStock)

 女性はコミュニティーを作る生き物です。しかし、婚活に関してはオススメしません。

「いつも同じメンバーで婚活パーティーに行く」「『こんな男性に会った』と写メを見せ合っては評価し合う」などの行為をしている女性は、婚活ループから抜け出せないストレスを長く抱えることになりがち。

 自分の人生は自分だけが決断していくものです。日ごろ周りの目を気にしがちな人こそ、婚活については1人で行うことがポイントです。

 いかがでしたか?

「私、当てはまってるかも……」と思ったあなたは、もうすぐ婚活から結婚へ進める人です。

 現実を変化させるには小さな一歩から。ぜひ素敵な方との結婚を手にしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性に「一緒にいたい」と思わせる!手っ取り早くモテる方法
 特定の彼氏ができなかったり、付き合ってもすぐに別れて長続きしないと、目標にしている「結婚」まで辿り着けずにどんどん落ち...
若林杏樹 2021-04-14 06:19 ラブ
男性から届いた“意味深LINE”5選…これってどういう意味!?
 男性から届く意味深LINE……。「これって、いったいどういう意味!?」と、一喜一憂していませんか? そんなLINEメッ...
恋バナ調査隊 2021-04-14 06:15 ラブ
「Clubhouse」で明暗…彼氏ができた人と離婚危機に陥った人
 近ごろはブームもひと段落した感のある、アメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。iPhone利用者...
田中絵音 2021-04-13 06:07 ラブ
どうしてモテるの?小悪魔女性の特徴&5つのモテテクニック♡
 女性からすると、小悪魔女性は「あざとい」と思われがち。しかし、男性はそんなあざとさを感じていても、心惹かれてしまうこと...
恋バナ調査隊 2021-04-13 06:10 ラブ
良いギャップのある女性になるためには? 小手先テクはNG!
 ギャップのある女性って素敵ですよね。ギャップに惹かれて恋に落ちる……というシチュエーションはもはや定番パターンです。で...
七味さや 2021-04-12 06:00 ラブ
理想は成長し合えるカップル♡ 彼を尊敬できなくなったら?
 大人の男女のお付き合いでは、「成長し合える関係」を理想とする人が増えてきます。実は、お互いに成長し合える関係でいること...
孔井嘉乃 2021-04-12 06:00 ラブ
好きな人に“わざと誤送信”LINE♡したたか女性の究極テク5選
 好きな人に、“わざとLINE”を誤送信したことはありますか? 多くの女性は「きっとバレてる」「逆効果だと思う」と、送信...
恋バナ調査隊 2021-04-11 06:00 ラブ
こうなると手遅れ…夫が離婚を本気で考えた時の3つのサイン
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚を切り出すのは女性からというイメージが強いかもしれませんが、家庭裁判所で...
山崎世美子 2021-04-10 12:39 ラブ
「運命かも…」不倫相手の妊娠で離婚を決めた元夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.35〜女性編〜」では、コロナ禍でも浮気をやめなかった夫と離婚したものの、その浮気や離婚にまつ...
並木まき 2021-04-11 06:00 ラブ
不倫相手は妊娠まで…元夫の浮気の真実を知りたい女性の悲痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-04-10 06:16 ラブ
男性より女性が稼ぐ「逆パワーカップル」がうまくいくコツ
 あなたは、自分より稼ぎの少ない男性との同棲を考えられますか? 昔ながらのイメージだと「男性は女性より稼いでいるもの」で...
ミクニシオリ 2021-04-09 06:00 ラブ
彼氏から大切にされる彼女の特徴6つ&男性がそう思う瞬間♡
せっかく大好きな男性とお付き合いできても、大切にされている実感がないと不安な気持ちになってしまいますよね。そこで今回は、...
恋バナ調査隊 2021-04-09 06:00 ラブ
イケメンはなぜイケメンとカップリングするのか考察してみた
 いわゆるBLものでは、イケメン同士が恋愛することが多く、その様子を女性たちはうっとりと見つめている。そして実は、現実世...
内藤みか 2021-04-08 06:00 ラブ
価値観が合うと恋愛がうまくいく理由♡5つのチェックポイント
 彼氏ができれば、当然「関係を長続きさせたい」と思うもの。しかし、交際がスタートしてから、「こんな人だったんだ……」と気...
恋バナ調査隊 2021-04-08 06:00 ラブ
カレを傷つけない!焦らしてモテちゃう“夜の断りテクニック”
 カレのことは好きだけど、今日はなんだか疲れているし、気分じゃない……。でもカレはやる気満々だし、どうしよう〜。そんな時...
若林杏樹 2021-04-07 06:00 ラブ
このまま独身? 女性が結婚に焦る6つの瞬間&上手な対処方法
 結婚に憧れている女性は多いでしょう。しかし、結婚願望があるのに、なかなか叶えられずにいると不安になってしまうもの。でも...
恋バナ調査隊 2021-04-07 06:00 ラブ