自然災害に巻き込まれた…子どもとどう向き合ったらいい?

小阪有花 子どもの心スペシャリスト
更新日:2019-10-18 06:00
投稿日:2019-10-18 06:00
 台風19号の爪あとが各地に深刻な被害をもたらしていますが、近年は相次ぐ自然災害で被災住民が避難生活を余儀なくされるケースが増えています。大人でもつらい状況は、子どもにとってはもっと不安でたまらないもの。今回は、自然災害に巻き込まれた子どもへの向き合い方をお伝えしたいと思います。

「頑張ろう」より先に「そばにいるからね」

「一緒にいるから大丈夫だよ」(写真:iStock)
「一緒にいるから大丈夫だよ」 (写真:iStock)

 突然の台風やそれによる二次被害。次に何が起こるか分からないと不安が押し寄せてくると思います。

 大人としては、少しでも子どもの不安を取り除いてあげるため「もう少しの辛抱だから頑張ろう」「大丈夫、すぐにおさまるからね」と励ましの言葉をかけると思います。何が起こっているかわからない子どもにとって、大人の声かけはとても心強く、子どもの心を救うものです。

 そんな時だからこそ、まず第一に「ずっとそばにいるからね」「一緒にいるから大丈夫」と声をかけてあげて欲しいと思います。

 子どもは何が起こっているか分からない状態になると、一番恐れていることが頭をよぎります。それは、親や周りの大人たちがいなくなってしまうかもしれない、という恐怖心です。この不安を膨らませないように、何が起きても“いつも一緒にいる”という安心感を与えてあげてください。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM