月吹友香さん<後>41歳専業主婦が小説家を目指して見えたもの

コクハク編集部
更新日:2019-10-18 06:00
投稿日:2019-10-18 06:00
 第18回(2019年度)「女による女のためのR-18文学賞」(※)の大賞受賞作「赤い星々は沈まない」は老女の性を大きな軸に描かれています。前編に続き、著者の月吹友香さん(41)に話を聞きます。

夫は子育て中の私を女として見られなかった

「恥ずかしい…」と照れながらも真摯に答えてくださった月吹さん(C)コクハク
「恥ずかしい…」と照れながらも真摯に答えてくださった月吹さん (C)コクハク

 女流作家が赤裸々な性愛をテーマとした小説で文壇にセンセーショナルを巻き起こしたのは、瀬戸内寂聴の「花芯」が最初でしょうか。1957年に新進作家・瀬戸内晴美として発表し「新潮同人雑誌賞」を受賞。ただし当時は「子宮作家」と痛烈な批判も浴びています。あれから半世紀が経ち、書く人も読む人も“女性限定”というR-18文学賞は百花繚乱の賑わいを見せています。

――物語の舞台は大阪にある老人介護施設。透け透けのネグリジェ姿で老男を夜這いする性に貪欲な75歳の女性を描いていますが、アラフォー看護師・ミサが直面するセックスレスもテーマのひとつですね。

女は複雑な生き物

月吹 私自身はミサのように赤い下着で旦那を誘惑したことはないのですが(苦笑)、セックスレスの経験はあります。お風呂上がりに裸で走り回る子供たちを自分も裸で追いかけたり、まだ歩き始めで目が離せない時はトイレのドアも開けたまま用を足すのが日常で、裸=セクシーだなんて思っていられない時期がありました。夫は私を女として見られなかったでしょうし、私もそれどころではありませんでしたね。

――日本人夫婦の多くがそう感じているのではないでしょうか。同棲中や既婚カップルの46.8%がセックスレス(月イチの性交渉無し)というデータは、もはや驚くものではありません。

月吹 そうですね。でも、物事は、そう簡単に割り切れるものではありません。むしろ女は複雑な生き物だから、そのまま女として終わっていくことに寂しさを感じずにはいられない。子育て中だからと自身で恥じらいを放棄しておきながらも、この先、誰にも求められることなく死んでゆくのかなと悩んだ時期もあります。

ライフスタイル 新着一覧


人見知り必見! 気になる人との距離を最短で縮める方法とは
 男女問わず「なんかこの人、誰とでもすぐ親しくなるなー」って人、周りにいませんか? 私はどちらかといえば人見知りなので、...
首をかしげて考え中 “にゃんたま”に学ぶ「あざとカワイイ」
 きょうは、猫の『あざとカワイイ』について考えます。  まず、猫は「うまくいかなかったにゃ」と失敗を誤魔化す時の、...
我流♡サーティワンアイスクリームの楽しみ方 2021.4.22(木)
 こんにちは。サーティワン愛好家のアラサー女子です。家族全員、サーティワンが好きで、物心が付いたときにはサーティワンを食...
せめて俺が手向けたい…あるホームレスに捧げる友情の花束
 “花屋”とは、誠に興味深いお商売でございます。 「花」という不思議な生き物に「人間」というこれまた複雑な生き物が...
毎月の美容代を節約! 特別価格でキレイになれるサービス3選
 女性であれば誰しも、「できることなら、もっと綺麗になりたい!」「年齢に負けず、いい状態をキープしたい」と思っているので...
超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万200...
4月19日~4月25日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
既婚vs独身問題に終止符を!境遇の違う友人と付き合うには?
 既婚女性vs独身女性。子ありvs子なし……アラサー以降の女性の定番とも言える、境遇や立場の違いによる断絶。さまざまなマ...
大好きなおんにゃの子の匂い? クンクンする“にゃんたま”君
 一斉に花が咲き始めて、にゃんたまωも大きく膨らむ春が来た!  きょうは、やわらかな陽射し、パトロール中のにゃんた...
保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う
 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以...
誕生日にお母さんから届いた…ほっこり笑える不思議LINE5選
 世の中のお母さんたちって、面白くて不思議な楽しい言動で、私たちをほっこりさせてくれますよね。今回は、そんな愛すべきお母...
無言の時間が怖い…複数人との会話でも気疲れしないコツ
 仕事の飲み会など複数の人と会話していると、気まずい無言の時間が訪れることってありますよね? そんな時、どうにか場を盛り...
ウシ柄ブームの最前線!地味色でも存在感抜群の“にゃんたま”
 今年は丑年。この春のファッショントレンドといえば……ウシ柄!  きょうは、そんなウシ柄ブームの最前線をゆくにゃん...
“リア充”にあなたもなれる! 真似したい5つの特徴&目指し方
 プライベートでも仕事でも充実している人を見ると、「いつも楽しそうで羨ましい」と思う人が多いでしょう。しかし、そんな“リ...
悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す
 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古...
香りのナイトルーティンはいかが?快適な睡眠に導く3アイテム
 デスクワークやSNSによる脳の疲れや興奮を、香りによってリフレッシュ&リラックス! 自分を癒してあげましょう♪ 香りの...