癒されたい男性の心理って?“真の癒し系女子”になるポイント

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-10-16 06:00
投稿日:2019-10-16 06:00
 ちょっと疲れてしまった時、「癒されたいなぁ」と思った経験がある女性は多いでしょう。でも、これは男性も同じ。一見、ひとりでなんでもこなしてしまう大人の男性でも、「癒されたい!」と思うことは多くあるんですよ。

女性に「癒されたい!」と思う男性心理

なぜ人は癒やされたい?(写真:iStock)
なぜ人は癒やされたい? (写真:iStock)

 そもそも「癒し」とは、精神的な苦痛から解放され、心からの安心やリラックスできる状態のことを言います。「癒されたい!」と思う時、男性の心の奥ではどんな心理が働いているのでしょうか?

好きな人に心を開放して甘えたい

 男性が疲れやストレスを感じた時に「癒し」を求めるのは、心を開放して甘えたいという気持ちの表れです。でも、大人になればなるほど、甘える自分を見せるってなかなかできないことですよね。つまり、男性は「好きな人」だからこそ、癒しを求めているのです。「癒されている」と思う瞬間、その相手を心から信頼していると男性は自覚します。

楽しみは自分で得られても、癒しはなかなか得られない

 大人になると、楽しむ機会は自分で得ることができます。たとえば、友達と朝まで飲んだり一人旅に出たりなど、一人でどこにだって行けるし、そのためにお金を費やすこともできます。でも、心からの癒しというのは、自分から求めてもなかなか得られるものではありません。「心からの癒しは彼女に求めたい」、そう思う男性は多いです。

「癒されたい=愛されたい」

 好きな人の愛情を感じた瞬間、なんだかほんわかした温かい気持ちになることってありませんか?これは、まさに“癒し”を感じている時。男性も同じ。実は「癒されたい」は、「愛されたい」という言葉に置き換えることができます。

 お互いに思い合える関係であれば、一緒にいるだけで癒しを感じることができるため、長く一緒にいたいという気持ちや感謝の気持ちで心が満たされるのです。

男性が求める「真の癒し系女子」になる6つのポイント!

「真の癒し系女子」は精神的に安定している(写真:iStock)
「真の癒し系女子」は精神的に安定している (写真:iStock)

「癒し系女子」というと、ふわふわの砂糖菓子のような女の子を想像する方は多いはず。でも、ただ甘くて柔らかいだけじゃ足りないんです。男性が求める「真の癒し系女子」になるには、どうすれば良いでしょうか?

1. 笑顔で明るくポジティブでいる

 笑顔で明るくポジティブでいることは、癒し系女子には欠かせない要素! 特に「笑顔」には、人のストレスを軽減させる効果があると言われています。たとえ悩んでいたとしても、女性のニコニコした笑顔につられて自分が笑ってしまった時、男性は癒しを感じます。

 でも、時には黙ってそばにいることが、相手の一番の支えになるというシーンもありますね。大切なのは、相手がどんな気持ちでいるかを考え、どのように寄り添えば良いかを見極めて行動することがポイントなのです。

2. 話し方や立ち居振る舞いに余裕を持つ

 話し方や立ち居振る舞いがゆったりして見えるのも、癒し系女子の特徴。一つ一つのことを時間に余裕を持って丁寧にこなすため、せかせかした印象を相手に与えることがありません。また、人によって話すテンポや印象は違いますが、早口にならないように意識するのもおすすめ。まずは、相手の言うことをよく聞いて、返事を上からかぶさないようにするなど工夫をしてみましょう。

3. 精神的に安定する

 癒し系女子というと、“おっとりしてのんびり屋”というイメージがありませんか?でも、「真の癒し系女子」は精神的に安定していて、凛としています。自分でできることをこなして自分らしい決断で物事を進めるため、誰のせいにもしない強さを持っているのです。

 男性は、いつでも穏やかで変わらない態度である女性に心惹かれます。精神状態が不安定な女性といると疲れてしまい、逆に癒されないですよね。とはいえ、誰だって気持ちの浮き沈みはあります。我慢をするとストレスが溜まってしまうため、自分を上手に癒すコツを身につけることも大切でしょう。

4. 素直に感謝や謝罪を言葉に出す

「ありがとう」「ごめんなさい」を、きちんと言えるのは、癒し系女子になるためだけではなく、女性として持っておきたいスキル。「感謝や謝罪を口に出すのは当たり前」と思ったあなたは、きっと問題ないでしょう。でも、大人になるほどに意地やプライドから、素直に感謝や謝罪を言葉に出すことができなくなっている方って、実は多いようなんです。

 してもらったことを当たり前と思わずにお礼を言う、自分が冒したミスなどに対してすぐに謝れるように、普段から意識してみると良いですね。

5. 女性らしい服装や髪型を心がける

 第一印象で、「真の癒し系女子かどうか?」と判断することは難しいです。そのため、やはり“見た目”も、癒し系女子を作るためには不可欠な要素でしょう。「癒し系女子」と呼ばれる女性たちには、特徴があります。

・ナチュラルメイク
・ふんわりとした綺麗な髪
・ワンピースやブラウスなど女性らしい服装
・露出が少ない
・童顔……etc.

 上記の要素を組み合わせてみると、ほんわかした優しい雰囲気の女性を思い浮かべることができますね。

 個人的には、わざわざ男性に合わせて自分の外見を変える必要はないとも思うのですが、ただ、女性らしいファッションをすることで、たとえばスカートの裾を気にしたり、走りにくいヒールを履くために時間に余裕を持てるようになったり、など、女性らしい立ち居振る舞いは身に付くのかもしれません。

 癒し系女子を目指すのであれば、「形から入る」のも一つの方法だと思います。

6. 母性を豊かに持つ

「男性はみんなマザコン!」と言われるように、男性は無意識に女性に母性を求めています。そして、「真の癒し系女子」は、この母性を豊かに持っている人が多いです。何があっても母親のように広い心で見つめ、許してくれる、時に諭すように叱ってくれる、そんな優しさに男性は心から癒しを感じるのです。

 でも、「母性=お母さん」になるのはNG。何から何までしてあげたり、わがままをなんでも許してあげたりすると、単に男性を甘やかして“ダメ男”にしてしまいます。

相手を癒すことが自分の癒しになれれば最高の関係♡

癒やし癒やされる関係も(写真:iStock)
癒やし癒やされる関係も (写真:iStock)

「癒し系女子になるためには?」という恋愛How Toはたくさんありますが、でも、狙って“癒しを与える”って、なかなか難しいこと。誰かを好きになった時に「大事にしたい!」と思う気持ちは、勝手に生まれてくるものではないでしょうか。

 そして、その愛情こそが相手にとっての「癒し」に繋がるのです。そして、癒しを感じた男性は満足して、優しく思いやりを持って返してくれるはず。それにより、自分も癒しを感じることができるのです。それは「無償の愛」ではないかもしれません。でも、お互いにwinwinの関係だったらそれが一番! ぜひ、パートナーに思い切り愛情を注いで、癒し癒されてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-10 06:04 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-07-06 00:47 ラブ
FILM
 仕事などでしばらく会えていなかった彼に、久しぶりに会えるデートの日♡ それなのに、生理が来てしまった……なんて時もあり...
ミクニシオリ 2020-07-04 06:00 ラブ
FILM
 友人や近しい人の離婚。自分が離婚を経験していないと、何て言葉をかければいいかわからないですよね。何を言っても傷つけてし...
七味さや 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
「異性と遊ぶ」というと、男性をイメージする方が多いと思いますが、男遊びをする女性はたくさん存在します。今回は、そんな女性...
リタ・トーコ 2020-07-03 06:00 ラブ
FILM
 前回に続き、浮気男に対処する妻(彼女)たちのエピソードです。  昔から「男の胃袋をつかめ」という言葉がありますが、多...
うかみ綾乃 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 彼氏との旅行は本当に楽しみでドキドキしますよね。その反面、長い時間一緒にいることでボロが出てしまわないか不安な部分もあ...
恋バナ調査隊 2020-07-02 06:00 ラブ
FILM
 恋人と別れる理由は人それぞれですが、ある程度時間が経って冷静になると「やっぱり好き」「ヨリを戻したい」という気持ちにな...
恋バナ調査隊 2020-07-01 06:00 ラブ