うるさーい! 意識高すぎる「ロジハラ男」に気をつけて…!

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-07-10 06:00
投稿日:2019-07-10 06:00
「最近の若いのは何でもハラスメントにしやがる……」
 そんな中年男性のぼやきも耳に入る今日このごろ。セクハラはもちろんパワハラやモラハラの認識も広まり、ビジネスシーンでもプライベートでも、ハラスメントにならないよう気をつけているという方も多いと思います。
 そんな中、にわかに叫ばれ始めている“新たなハラスメント”があります。あなたも夫や恋人、上司にされてはいませんか? そう……「ロジハラ」を。

ロジハラとは「ロジカルハラスメント」のこと

仕事ができる男性は素敵だけど…(写真:iStock)
仕事ができる男性は素敵だけど… (写真:iStock)

 ロジハラという言葉をまだ聞いたことがない人もいるかもしれません。最近、ツイッターなどのSNSを初めとして見かける「ロジハラ」という言葉は、「ロジカルハラスメント」の略称として使われているそうです。

 ざっくり言うと、「ロジカルさ(論理的さ)を強要されること」。正論ばかりで話そうとしてくる人のことをハラスメントとして認識する人もいるようです。

 では、実際にどんなハラスメントがされているのか、実体験を見てみましょう。

カタカナ業界用語を共通言語みたいに話さないで!

この人、何を言ってるの?(写真:iStock)
この人、何を言ってるの? (写真:iStock)

「付き合って2年になる彼氏が新卒でIT企業に入ってから、言葉遣いや態度がずいぶん変わってしまったように感じています。 とにかくなんでも"業界用語"的なカタカナ語で話すんです。

 特にストレスに感じているのは、私が何か意見を言った時や、気になることについて話している時に、すぐに『それ、エビデンスは?』って聞いてくるんです。最初はエビデンスという言葉すらよく分からなかったんですが……。『確固たる証拠あんの?』ってことみたいです。日常会話のすべてに確固たる証拠を求められて、本当にストレスです。自分が使わない言葉で話されているのもイヤ」(24歳・公務員)

 WEB業界やIT業界で勤めていると、専門的な用語での会話が当たり前になってくるのかもしれませんが、それを日常生活に持ち込まれ、共通言語として強要されている感じに窮屈さを感じるようです。

求めてないのに何でもコンサルしないで!

自分の価値観を押しつけちゃってない?(写真:iStock)
自分の価値観を押しつけちゃってない? (写真:iStock)

「結婚相談所で結婚した夫はコンサルとして働いている人。冷静で頭が良く、結婚には向いていると思って結婚しました。でも、私の何気ない話をいつも正論で言いくるめてしまうんです。夫はそれが正論かどうか、孔子か孟子かみたいな価値観でしか私の話を聞いてくれません。

 すぐに『その意見は論点がずれてるよね』とか『家事の効率が悪いように見えるからPDCAを回した方がいい』とか。意見を求めていない話でも、ロジカルさで私を丸め込もうとしてしまうんです。本人にはそんなつもりはないんでしょうが……。家族にまでマウンティングされているように感じて、つらい時があります」(28歳・専業主婦)

 ロジカルさは仕事の時には役に立つことがあるのでしょうが、家庭に持ち込まれとストレスに感じる人もいるようです。

 もちろん、その人がロジカルであること自体は個性です。しかし、一般的に伝わりづらい言葉で話すことによって、相手に業界用語の理解を強要してしまうことにもなってしまいます。

正論は人間関係の中で正しく働くとは限らない

みんなが心地いいのが一番!(写真:iStock)
みんなが心地いいのが一番! (写真:iStock)

 ロジカルな人は、物事を何でも冷静にとらえすぎてしまうことがあり、感情も重要な要素を占めるプライベートな場でも、気づかないうちに相手にロジカルという「圧」をかけてしまっていることがあります。

 特に言葉遣いに関して、業界用語やカタカナ語はプライベートの場では他人に圧をかけすぎてしまうことがあります。「言葉を知らない自分がバカなんだ……」と相手を思い詰めさせてしまうことも。

 ロジカルであることは時として大事ですが、それを家庭や恋人といったプライベートな相手に持ち込んでしまうことで、ハラスメントとしてとらえられてしまうこともあるのです。

 カタカナ語マウンティング、あなたの周りにもそんな男性いませんか?

ラブ 新着一覧


彼女がほしくなる男性心理!寂しさを感じる時にアプローチを♡
 男性が「彼女がほしい」と思う心理とは、いったいどんなものなのでしょうか? そんな男性の心理や彼女がほしくなるタイミング...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
夫婦円満なのに離婚するのはなぜ? 4つの原因と回避する方法
 離婚率が増えた昨今、離婚そのものにはさほど驚かなくなりましたが、円満に見えていた夫婦の離婚の報告には驚いてしまう人も多...
恋バナ調査隊 2021-12-07 06:00 ラブ
子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ