うるさーい! 意識高すぎる「ロジハラ男」に気をつけて…!

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2019-07-10 06:00
投稿日:2019-07-10 06:00
「最近の若いのは何でもハラスメントにしやがる……」
 そんな中年男性のぼやきも耳に入る今日このごろ。セクハラはもちろんパワハラやモラハラの認識も広まり、ビジネスシーンでもプライベートでも、ハラスメントにならないよう気をつけているという方も多いと思います。
 そんな中、にわかに叫ばれ始めている“新たなハラスメント”があります。あなたも夫や恋人、上司にされてはいませんか? そう……「ロジハラ」を。

ロジハラとは「ロジカルハラスメント」のこと

仕事ができる男性は素敵だけど…(写真:iStock)
仕事ができる男性は素敵だけど… (写真:iStock)

 ロジハラという言葉をまだ聞いたことがない人もいるかもしれません。最近、ツイッターなどのSNSを初めとして見かける「ロジハラ」という言葉は、「ロジカルハラスメント」の略称として使われているそうです。

 ざっくり言うと、「ロジカルさ(論理的さ)を強要されること」。正論ばかりで話そうとしてくる人のことをハラスメントとして認識する人もいるようです。

 では、実際にどんなハラスメントがされているのか、実体験を見てみましょう。

カタカナ業界用語を共通言語みたいに話さないで!

この人、何を言ってるの?(写真:iStock)
この人、何を言ってるの? (写真:iStock)

「付き合って2年になる彼氏が新卒でIT企業に入ってから、言葉遣いや態度がずいぶん変わってしまったように感じています。 とにかくなんでも"業界用語"的なカタカナ語で話すんです。

 特にストレスに感じているのは、私が何か意見を言った時や、気になることについて話している時に、すぐに『それ、エビデンスは?』って聞いてくるんです。最初はエビデンスという言葉すらよく分からなかったんですが……。『確固たる証拠あんの?』ってことみたいです。日常会話のすべてに確固たる証拠を求められて、本当にストレスです。自分が使わない言葉で話されているのもイヤ」(24歳・公務員)

 WEB業界やIT業界で勤めていると、専門的な用語での会話が当たり前になってくるのかもしれませんが、それを日常生活に持ち込まれ、共通言語として強要されている感じに窮屈さを感じるようです。

求めてないのに何でもコンサルしないで!

自分の価値観を押しつけちゃってない?(写真:iStock)
自分の価値観を押しつけちゃってない? (写真:iStock)

「結婚相談所で結婚した夫はコンサルとして働いている人。冷静で頭が良く、結婚には向いていると思って結婚しました。でも、私の何気ない話をいつも正論で言いくるめてしまうんです。夫はそれが正論かどうか、孔子か孟子かみたいな価値観でしか私の話を聞いてくれません。

 すぐに『その意見は論点がずれてるよね』とか『家事の効率が悪いように見えるからPDCAを回した方がいい』とか。意見を求めていない話でも、ロジカルさで私を丸め込もうとしてしまうんです。本人にはそんなつもりはないんでしょうが……。家族にまでマウンティングされているように感じて、つらい時があります」(28歳・専業主婦)

 ロジカルさは仕事の時には役に立つことがあるのでしょうが、家庭に持ち込まれとストレスに感じる人もいるようです。

 もちろん、その人がロジカルであること自体は個性です。しかし、一般的に伝わりづらい言葉で話すことによって、相手に業界用語の理解を強要してしまうことにもなってしまいます。

正論は人間関係の中で正しく働くとは限らない

みんなが心地いいのが一番!(写真:iStock)
みんなが心地いいのが一番! (写真:iStock)

 ロジカルな人は、物事を何でも冷静にとらえすぎてしまうことがあり、感情も重要な要素を占めるプライベートな場でも、気づかないうちに相手にロジカルという「圧」をかけてしまっていることがあります。

 特に言葉遣いに関して、業界用語やカタカナ語はプライベートの場では他人に圧をかけすぎてしまうことがあります。「言葉を知らない自分がバカなんだ……」と相手を思い詰めさせてしまうことも。

 ロジカルであることは時として大事ですが、それを家庭や恋人といったプライベートな相手に持ち込んでしまうことで、ハラスメントとしてとらえられてしまうこともあるのです。

 カタカナ語マウンティング、あなたの周りにもそんな男性いませんか?

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM