「O型男性」の特徴と攻略法! 浮気をしやすく一番バレやすい

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2019-11-14 19:25
投稿日:2019-11-02 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子です。血液型分析の2回目はO型男性の特徴です。男女問題についてのカウンセリングを行う前、私は探偵社を生業としていました。当時から現在に至る1万件を超えるカウンセリングデータと探偵の経験から、一般のイメージとはちょっと違う角度から解説しましょう。

小室哲哉さんにみるO型男性の特徴

O型男性はどんなタイプ?(写真:iStock)
O型男性はどんなタイプ? (写真:iStock)

 昨年、引退宣言をした小室哲哉さんは、妻のKEIKOさんとの離婚調停中。これまでの報道などによると、2人のなれ初めはglobeメンバーのマークパンサーさんで、小室さんにKEIKOさんを紹介し、「彼女にしないなら、ボクがつき合おうかな」と冗談ぽく語ったことがキッカケといわれます。

 その一言で、好みのKEIKOさんを取られるのではないかと思ったのかもしれません。この流れはO型男性の特徴を象徴しています。

恋愛におけるO型男性は“狩猟民族”

O型男性は狩猟気質?(写真:iStock)
O型男性は狩猟気質? (写真:iStock)

 ズバリ、初めて会った女性が恋愛対象かどうかを瞬時に区別するのが、O型男性の特徴です。最初はそれほど意識していなかったけど、時間がたつにつれて何となく恋が芽生えたというケースはほとんどありません。初対面で気になったら、何らかの形で必ずアプローチします。ライバルがいればなおさらで、闘争心が恋の炎を一層燃え上がらせるのです。

 そんな特徴から、私はO型男性を“狩猟民族”と呼んでいます。小室さんにとってKEIKOさんは3番目の妻で、その結婚は2番目の妻との離婚から8カ月後。再再婚までの期間の短さから、2回目の婚姻期間中にKEIKOさんとの交際が重なっていたかもしれません。

浮気をしやすく浮気が一番バレやすい

 そう、浮気に対するハードルが低いのもO型男性の特徴です。彼女や妻がいようが、お構いなし。浮気の罪悪感が少ないから、次から次へと動物的な感覚で動いていきます。“狩猟民族”の本能がそうさせるのでしょう。

 浮気を問い詰めると目が泳ぎやすいのも特徴です。

 小室さんにシングルマザーの看護師との関係が浮上したのは、昨年1月の文春砲でした。昨年の引退会見では、「看護師と患者の関係」と語り、男女関係については否定しましたが、調停前日に看護師の家族を自宅に宿泊させていたことが、文春砲で明らかになっています。

 周りの目を気にせず衝動的に動物的に行動するため、浮気や不倫がバレやすい。4つの血液型の中で、最もバレやすいといえるでしょう。

興味のない話は聞いていないO型男性

いろんな褒め言葉を用意してあげて(写真:iStock)
いろんな褒め言葉を用意してあげて (写真:iStock)

 トラブルの内容はともかく、音楽番組などで見ていた小室さんは、淡々とした語り口で親しみやすそうな雰囲気。あんなふうに声を掛けられたら、女性なら誰しもなびくでしょう。

 しかし、O型男性は、自分に興味のない話は右から左で聞き流していることが多い。「そうなんだ。大変だったね」と女性に同調するような相づちをうっていても、真剣には聞いていません。話の流れでそうしているだけですから、すぐに忘れます。

褒められると天にも昇る血液型

 O型男性は自分本位なので、人一倍褒められることを好みます。もしそんなO型男性を好きになってしまったなら、褒め殺しでアタックするといいでしょう。世界の中心が自分ですから、相手に得意分野を教えたがる傾向があります。O型男性の趣味を探して「教えてください」とお願いすれば、グッと距離が縮まるでしょう。

 O型男性と結婚したら、とにかく褒めて目標を持たせてあげるといい。目標を持つと、ガンガン前に突き進んでいきます。小室さんが音楽で成し遂げた功績は、猪突猛進的なO型男性のプラスの効果です。

子供にヤキモチを妬くオトナ子供男

 しかし、人付き合いがよすぎる余り、飲み会などで家を空けることも多くなります。新しい出会いがあると、浮気のハードルが低いせいか、離婚の確率が高い。バレた浮気を問いただされると、女性が聞きたくないことまでさらけ出すので、余計に関係がギクシャクします。

 子供より自分優先のタイプですから、子供にもヤキモチを妬きます。母親のように広い心で接することができる女性なら、O型男性とうまくいくかもしれません。ご参考まで!

  ◇  ◇  ◇

 公式YouTubeチャンネル「山崎世美子の恋愛大学」好評配信中。“恋愛のお作法、学びましょう。”をコンセプトに、恋愛に関するさまざまな悩みや疑問に答えます。毎週土曜・日曜20時に更新。お楽しみに!

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

ラブ 新着一覧


縁結び神社は効かないの? 運命の出会いを呼び寄せる方法
 素敵なパートナーとの出会いを求める人に人気なのが「縁結び」ですよね。でも、中には願いを叶えた人が多いという有名な縁結び...
恋バナ調査隊 2023-02-06 06:00 ラブ
結婚を親に反対されてしんどい…認めてもらう5つの方法とNGな行動
 両親に結婚を認めてもらうための通過点である「結婚挨拶」。でも、もしも結婚を親に反対されてしまったらとてもショックですよ...
恋バナ調査隊 2023-02-05 06:00 ラブ
「頭の回転が速くても結婚に向かない女性」恋人の求婚にノーする男の本音
「冷酷と激情のあいだvol.128〜女性編〜」では、交際5カ月を迎えた恋人にプロポーズをするも、YESの返事をもらえずに...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
「私が男なら私と結婚したい」プロポーズ連敗中の40代女の嘆き
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-02-04 06:00 ラブ
【最終手段】男性“コロ落ち”!嘘泣きのやり方&バレないコツ
「涙は女の武器」という言葉がありますが、世の中にはこの言葉通り、いざという時に男性の前で嘘泣きを使いこなす小悪魔女性が存...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
雰囲気悪いのは浮気のせいちゃうんかー!不倫男が主張する身勝手な理由
 世の中には、隠れて不倫している男性がごまんと存在します。大人の女性なら「男ってそんなもんだろうな」と、薄々気づいている...
恋バナ調査隊 2023-02-04 06:00 ラブ
美人ヨガ講師がレズビアン専用マッチングアプリの沼に… #1
 今や出会いの主軸となったマッチングアプリ。コロナ禍もあって、他人との交流や出会いのひとつとして利用している人は男女問わ...
蒼井凜花 2023-02-03 06:00 ラブ
やめられない浮気は「性格の一部」説!常習犯男性の共通点
 浮気をしない男性も存在しますが、何度も繰り返す男がいるのもまた事実。「男は浮気する生き物」なんて言葉もありますよね。そ...
恋バナ調査隊 2023-02-03 06:00 ラブ
シンママを求める男の事情 前澤友作氏監修アプリは即配信中止に
 先日、実業家・前澤友作氏が監修したシングルマザー限定のマッチングアプリ「coary(コアリー)」がリリースされましたが...
内藤みか 2023-02-02 06:00 ラブ
自分目線はNG!友達から恋愛相談された時のギスギスしない回答法
 女友達から恋愛相談された時、どう答えていいか迷ってしまった経験がある人は多いでしょう。特に40代の大人にもなると、若い...
恋バナ調査隊 2023-02-02 06:00 ラブ
モテるのに彼氏ができない 本命になれない30代女のガチ原因
「いいところまで行くのに彼氏ができない」 「もう数年間も、ちゃんとした恋人ができてない」  20代の時は彼氏彼女の関...
若林杏樹 2023-02-01 06:00 ラブ
モテるアラフィフ独身男は要注意? “難あり物件”に見られる5つの特徴
 昔に比べて、今はアラフィフでも若々しく魅力的な男性ってとても多いですよね。結婚相手を探している女性の中には、色気があり...
恋バナ調査隊 2023-02-01 06:00 ラブ
違和感は放置しない! 金銭感覚が合わない彼との付き合い方
 彼の金遣いの荒さにびっくりしたり、逆に財布のヒモの固さに引いたことはありませんか? 金銭感覚のズレを放置すると、後々苦...
恋バナ調査隊 2023-01-31 06:00 ラブ
既婚者マッチングアプリって?実際に使ってみた感想と注意点
 巷でひっそりと流行している「既婚者マッチングアプリ」をご存じですか?  その名の通り、既婚者専用のマッチングアプリで...
まめ 2023-01-31 06:00 ラブ
非・顔面国宝でなぜモテる?「雰囲気イケメン」特徴5つと落とすポイント
 男性の中には“顔面国宝”ってわけでもないのに、素敵なムードを醸し出していてなぜかモテる人がいます。それが雰囲気イケメン...
恋バナ調査隊 2023-01-30 06:00 ラブ
浮気も姑問題も解決!妻が夫に仕掛けた“わざと誤爆LINE”作戦
 いつの時代も、夫を上手に手のひらで転がしている賢い妻はいますよね。特に現代では、LINEを巧みに使って夫にわざと誤爆L...
恋バナ調査隊 2023-01-29 06:00 ラブ