元彼とヨリを戻すための3つのSTEP! 連絡前にするべきこと

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-11-08 06:00
投稿日:2019-11-08 06:00
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入れ、前を向くことを選択できれば良いですが、それでもヨリを戻したいという気持ちが強い時にどうすべきか、思いが募って連絡をする前に考えてみましょう。

元彼とヨリを戻したい! 連絡前にするべき2つのこと

元彼のことばかり考えてしまう(写真:iStock)
元彼のことばかり考えてしまう (写真:iStock)

「元彼とヨリを戻したい!」という気持ちは、言ってみればとても一方的なもの。衝動的に連絡をしてしまったり、会いに行ってしまったりしたことがある方は多いでしょう。でも、実は一番大切なのは、自分の気持ちに目を向けることだと思うんです。

1. 固執や寂しさからの気持ちでないかを確認する

 別れ方はカップルによってさまざま。たとえば「好きな人ができた」など、女性側から別れを切り出しているのであれば、あまり固執が起こることはないかもしれません。

 でも、元彼から一方的に別れを告げられるなど、突然振られてしまうと大きな寂しさが湧き起こります。この固執や寂しさはとても厄介。一人になった寂しさを紛らわせたいだけなのかを見極めるのは、とても難しいですから。

 そのため、まずは客観的な視点で冷静に「元彼じゃないとダメ」という理由を再確認してみましょう。新しい恋を探した方が健全な場合もあるのです。

2. 別れた原因を見つめ直して改善できるかを考える

 なぜ元彼と別れてしまったのか、原因を見つめることも大切でしょう。原因が改善されていないと、たとえヨリが戻ったところで同じことで衝突してしまうのは目に見えています。

 何かしらの言動や行動によるものだったのか、など、思いつく限りの理由を洗い出しましょう。そして、自分に悪いところがあったのであれば、改善できるかを考えるのです。

 とはいえ、元彼と根本的な部分が合わないことに気づいたのであれば注意が必要。ヨリが戻った際には、この先ずっと我慢をしなければ保てない関係になってしまうかもしれません。

元彼とヨリを戻すための3STEP!

少なくとも3カ月以上冷却期間を置く(写真:iStock)
少なくとも3カ月以上冷却期間を置く (写真:iStock)

 元彼とヨリを戻すためにできることって意外と少ないんです。以下の、3つのSTEPを試してみてくださいね。

STEP1:3カ月以上冷却期間を置く

 それまで一緒にいた恋人がいなくなった時、振られた方は寂しくても、振った方は自由を感じてすっきりした気持ちになっている可能性があります。他の出会いを求めて、女探しに明け暮れている男性もいるかもしれませんし。

 そのため、別れた後、少なくとも3カ月以上冷却期間を置くことは大切。元彼がフリーの状態であれば、3カ月〜半年ほどはちょうど寂しさを感じやすい期間らしいですよ。

 また、「他の女性に取られてしまうかも?」なんて焦りは禁物。ヨリを戻したいとアプローチをする時、元彼に彼女がいるかいないかなんて何の関係もないんです。強く惹かれ合えば、男女のお付き合いは始まるものなのですから。

STEP2:雰囲気が変わるほどに自分磨きをする

 ヨリを戻す戻さないは置いておいて、恋が終わった後には「自分磨き」をするのが一番!

「自分磨き」って漠然としていて分かりづらい!と思う方におすすめなのは、髪型やメイクを変える、旅行に出かける、仕事に邁進する、ダイエットに勤しむ、など、興味があることをたくさんしてみること。

 要は、イキイキとした雰囲気を身に纏うことが大切。元彼といざ会った時、うわべだけおしゃれにしていてもダメなんです。「別れてから変わった」という変化を見せることで、「やり直したら何かが変わるかな?」という期待や、「逃したくないな」という思いを抱かせることができます。

STEP3:新しい気持ちで出会い直す

 直接連絡して会う、偶然を装って会う、共通の友人にお膳立てしてもらって会う、など、会おうと思えば意外と会えるのが元彼。

 ただ、この時には、新しい気持ちで出会い直すことが肝心です。気持ちを新たにするのは難しいことですが、前と同じあなたではうまくいかないことは実証済なのですから。

 できるだけ素直にポジティブな気持ちで、会うようにしましょう。また、あなた自身、元彼と距離を置いたことで客観的に男性を見る目を養えているかもしれません。あまり馴れ馴れしくせずに、「今」の元彼を冷静に見つめましょう。

どんなに好きでもダメなこともある

もう一度自分を見つめ直してみる(写真:iStock)
もう一度自分を見つめ直してみる (写真:iStock)

 振られて忘れられない元彼と1年ぶりに会ってアプローチされたのに、なぜか魅力的に見えなかったと逆に振った友人がいます。

 このように、前の自分には合う相手だったかもしれないけれど、変化した自分には合わなくなっている場合もあるのです。もしくは、振られたという事実に「負け」を感じてしまっていたけれど、元彼からアプローチされたことで「勝った」と満足したのかもしれませんが。

 なんにせよ、お互い好きになって付き合うって、とてもすごいこと。長くなればなるほど「なあなあ」な関係になってしまいがちですが、できるなら別れることなくいられるように、「相手の好きな自分」であり続ける努力も大切ですね。

 ちなみに私、浮気性の元彼を許してヨリを戻したことがあります。「浮気されても良いから一緒にいたい」なんて、狂った思考回路になってしまうこともあるんですよね。ヨリを戻すことを目的とするのではなく、幸せになれるかを目指して行動してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気調査専門の探偵社代表の筆者にとって、今回のテーマはごく当たり前のことなの...
山崎世美子 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
「別れても元彼のことで頭がいっぱい......」「忘れられない……」など、辛い未練に苦しんだ経験がある女性も多いのではな...
恋バナ調査隊 2020-02-29 06:00 ラブ
FILM
 女性なら誰もが「素敵な恋愛をしたい」と、願っているでしょう。しかし、実際には仕事やプライベートが忙しく、恋愛に消極的に...
恋バナ調査隊 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 先月、「東大女子」を議題にある話題が世間を騒がせました。東京大学のサークルの中で、東大女子はサークル入部ができない「#...
ミクニシオリ 2020-02-28 06:00 ラブ
FILM
 マッチアップ編集長伊藤です!  女性からの恋愛相談や恋バナでよく話題に上がるのが「付き合う前に彼に体を求められた...
伊藤早紀 2020-02-27 06:00 ラブ
FILM
 公園や街中で、パパとママが子どもを連れている光景は、微笑ましいですよね。そのファミリーが放つ幸せオーラに、ついつい目尻...
田中絵音 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 彼氏とのデートは、本来楽しいもの。しかし、何らかの原因で気まずい空気になってしまうこともあります。そんな時、どう対応し...
恋バナ調査隊 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 妻の鬼嫁っぷりに頭を抱える夫の中には「なんとかして、鬼になるのを、やめてもらえないだろうか……」と試行錯誤する人もいる...
並木まき 2020-02-26 06:00 ラブ
FILM
 お付き合いをする上で「癒し」ってとても大切なものでしょう。でも、あなたがもしも彼氏に「癒しを与えてあげられるかな?」と...
孔井嘉乃 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
「モラハラ」は精神的な暴力とも言われ、長い間モラハラを受け続けると心に深い傷ができてしまいます。一人で我慢しすぎると「強...
恋バナ調査隊 2020-02-25 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性との仲を深めたいなら、手っ取り早く2人きりでデートするのが◎。とはいえ、女性から男性をデートに誘うって、な...
リタ・トーコ 2020-02-24 15:01 ラブ
FILM
 私は3年半、彼女がいる方と付き合っていました。  同じ職場の人で、彼女も同じ会社でした。3年半のうち約1年は一緒...
神崎メリ 2020-02-23 11:30 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性でも、ふとした瞬間に「かわいげ」が、垣間見えることもあるみたいです。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 どんなに理想的な相手と出会い、交際できたとしても、別れるという結果を迎えてしまうことがあります。付き合ってみなければ分...
恋バナ調査隊 2020-02-23 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティ...
山崎世美子 2020-02-22 06:00 ラブ
FILM
「ハックシュン! ズビズビ、ぶしゅ!」  2月の頭ごろから眠気や日差しとともにやってくる悩みのタネ……それは「花粉症」...
七海 2020-02-21 06:00 ラブ