元彼とヨリを戻すための3つのSTEP! 連絡前にするべきこと

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-11-08 06:00
投稿日:2019-11-08 06:00
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入れ、前を向くことを選択できれば良いですが、それでもヨリを戻したいという気持ちが強い時にどうすべきか、思いが募って連絡をする前に考えてみましょう。

元彼とヨリを戻したい! 連絡前にするべき2つのこと

元彼のことばかり考えてしまう(写真:iStock)
元彼のことばかり考えてしまう (写真:iStock)

「元彼とヨリを戻したい!」という気持ちは、言ってみればとても一方的なもの。衝動的に連絡をしてしまったり、会いに行ってしまったりしたことがある方は多いでしょう。でも、実は一番大切なのは、自分の気持ちに目を向けることだと思うんです。

1. 固執や寂しさからの気持ちでないかを確認する

 別れ方はカップルによってさまざま。たとえば「好きな人ができた」など、女性側から別れを切り出しているのであれば、あまり固執が起こることはないかもしれません。

 でも、元彼から一方的に別れを告げられるなど、突然振られてしまうと大きな寂しさが湧き起こります。この固執や寂しさはとても厄介。一人になった寂しさを紛らわせたいだけなのかを見極めるのは、とても難しいですから。

 そのため、まずは客観的な視点で冷静に「元彼じゃないとダメ」という理由を再確認してみましょう。新しい恋を探した方が健全な場合もあるのです。

2. 別れた原因を見つめ直して改善できるかを考える

 なぜ元彼と別れてしまったのか、原因を見つめることも大切でしょう。原因が改善されていないと、たとえヨリが戻ったところで同じことで衝突してしまうのは目に見えています。

 何かしらの言動や行動によるものだったのか、など、思いつく限りの理由を洗い出しましょう。そして、自分に悪いところがあったのであれば、改善できるかを考えるのです。

 とはいえ、元彼と根本的な部分が合わないことに気づいたのであれば注意が必要。ヨリが戻った際には、この先ずっと我慢をしなければ保てない関係になってしまうかもしれません。

元彼とヨリを戻すための3STEP!

少なくとも3カ月以上冷却期間を置く(写真:iStock)
少なくとも3カ月以上冷却期間を置く (写真:iStock)

 元彼とヨリを戻すためにできることって意外と少ないんです。以下の、3つのSTEPを試してみてくださいね。

STEP1:3カ月以上冷却期間を置く

 それまで一緒にいた恋人がいなくなった時、振られた方は寂しくても、振った方は自由を感じてすっきりした気持ちになっている可能性があります。他の出会いを求めて、女探しに明け暮れている男性もいるかもしれませんし。

 そのため、別れた後、少なくとも3カ月以上冷却期間を置くことは大切。元彼がフリーの状態であれば、3カ月〜半年ほどはちょうど寂しさを感じやすい期間らしいですよ。

 また、「他の女性に取られてしまうかも?」なんて焦りは禁物。ヨリを戻したいとアプローチをする時、元彼に彼女がいるかいないかなんて何の関係もないんです。強く惹かれ合えば、男女のお付き合いは始まるものなのですから。

STEP2:雰囲気が変わるほどに自分磨きをする

 ヨリを戻す戻さないは置いておいて、恋が終わった後には「自分磨き」をするのが一番!

「自分磨き」って漠然としていて分かりづらい!と思う方におすすめなのは、髪型やメイクを変える、旅行に出かける、仕事に邁進する、ダイエットに勤しむ、など、興味があることをたくさんしてみること。

 要は、イキイキとした雰囲気を身に纏うことが大切。元彼といざ会った時、うわべだけおしゃれにしていてもダメなんです。「別れてから変わった」という変化を見せることで、「やり直したら何かが変わるかな?」という期待や、「逃したくないな」という思いを抱かせることができます。

STEP3:新しい気持ちで出会い直す

 直接連絡して会う、偶然を装って会う、共通の友人にお膳立てしてもらって会う、など、会おうと思えば意外と会えるのが元彼。

 ただ、この時には、新しい気持ちで出会い直すことが肝心です。気持ちを新たにするのは難しいことですが、前と同じあなたではうまくいかないことは実証済なのですから。

 できるだけ素直にポジティブな気持ちで、会うようにしましょう。また、あなた自身、元彼と距離を置いたことで客観的に男性を見る目を養えているかもしれません。あまり馴れ馴れしくせずに、「今」の元彼を冷静に見つめましょう。

どんなに好きでもダメなこともある

もう一度自分を見つめ直してみる(写真:iStock)
もう一度自分を見つめ直してみる (写真:iStock)

 振られて忘れられない元彼と1年ぶりに会ってアプローチされたのに、なぜか魅力的に見えなかったと逆に振った友人がいます。

 このように、前の自分には合う相手だったかもしれないけれど、変化した自分には合わなくなっている場合もあるのです。もしくは、振られたという事実に「負け」を感じてしまっていたけれど、元彼からアプローチされたことで「勝った」と満足したのかもしれませんが。

 なんにせよ、お互い好きになって付き合うって、とてもすごいこと。長くなればなるほど「なあなあ」な関係になってしまいがちですが、できるなら別れることなくいられるように、「相手の好きな自分」であり続ける努力も大切ですね。

 ちなみに私、浮気性の元彼を許してヨリを戻したことがあります。「浮気されても良いから一緒にいたい」なんて、狂った思考回路になってしまうこともあるんですよね。ヨリを戻すことを目的とするのではなく、幸せになれるかを目指して行動してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ