元彼とヨリを戻すための3つのSTEP! 連絡前にするべきこと

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-11-08 06:00
投稿日:2019-11-08 06:00
「別れたけれど、元彼のことがやっぱり好き」――。そんな気持ちを抱えている方は多いかもしれませんね。涙を飲んで別れを受け入れ、前を向くことを選択できれば良いですが、それでもヨリを戻したいという気持ちが強い時にどうすべきか、思いが募って連絡をする前に考えてみましょう。

元彼とヨリを戻したい! 連絡前にするべき2つのこと

元彼のことばかり考えてしまう(写真:iStock)
元彼のことばかり考えてしまう (写真:iStock)

「元彼とヨリを戻したい!」という気持ちは、言ってみればとても一方的なもの。衝動的に連絡をしてしまったり、会いに行ってしまったりしたことがある方は多いでしょう。でも、実は一番大切なのは、自分の気持ちに目を向けることだと思うんです。

1. 固執や寂しさからの気持ちでないかを確認する

 別れ方はカップルによってさまざま。たとえば「好きな人ができた」など、女性側から別れを切り出しているのであれば、あまり固執が起こることはないかもしれません。

 でも、元彼から一方的に別れを告げられるなど、突然振られてしまうと大きな寂しさが湧き起こります。この固執や寂しさはとても厄介。一人になった寂しさを紛らわせたいだけなのかを見極めるのは、とても難しいですから。

 そのため、まずは客観的な視点で冷静に「元彼じゃないとダメ」という理由を再確認してみましょう。新しい恋を探した方が健全な場合もあるのです。

2. 別れた原因を見つめ直して改善できるかを考える

 なぜ元彼と別れてしまったのか、原因を見つめることも大切でしょう。原因が改善されていないと、たとえヨリが戻ったところで同じことで衝突してしまうのは目に見えています。

 何かしらの言動や行動によるものだったのか、など、思いつく限りの理由を洗い出しましょう。そして、自分に悪いところがあったのであれば、改善できるかを考えるのです。

 とはいえ、元彼と根本的な部分が合わないことに気づいたのであれば注意が必要。ヨリが戻った際には、この先ずっと我慢をしなければ保てない関係になってしまうかもしれません。

元彼とヨリを戻すための3STEP!

少なくとも3カ月以上冷却期間を置く(写真:iStock)
少なくとも3カ月以上冷却期間を置く (写真:iStock)

 元彼とヨリを戻すためにできることって意外と少ないんです。以下の、3つのSTEPを試してみてくださいね。

STEP1:3カ月以上冷却期間を置く

 それまで一緒にいた恋人がいなくなった時、振られた方は寂しくても、振った方は自由を感じてすっきりした気持ちになっている可能性があります。他の出会いを求めて、女探しに明け暮れている男性もいるかもしれませんし。

 そのため、別れた後、少なくとも3カ月以上冷却期間を置くことは大切。元彼がフリーの状態であれば、3カ月〜半年ほどはちょうど寂しさを感じやすい期間らしいですよ。

 また、「他の女性に取られてしまうかも?」なんて焦りは禁物。ヨリを戻したいとアプローチをする時、元彼に彼女がいるかいないかなんて何の関係もないんです。強く惹かれ合えば、男女のお付き合いは始まるものなのですから。

STEP2:雰囲気が変わるほどに自分磨きをする

 ヨリを戻す戻さないは置いておいて、恋が終わった後には「自分磨き」をするのが一番!

「自分磨き」って漠然としていて分かりづらい!と思う方におすすめなのは、髪型やメイクを変える、旅行に出かける、仕事に邁進する、ダイエットに勤しむ、など、興味があることをたくさんしてみること。

 要は、イキイキとした雰囲気を身に纏うことが大切。元彼といざ会った時、うわべだけおしゃれにしていてもダメなんです。「別れてから変わった」という変化を見せることで、「やり直したら何かが変わるかな?」という期待や、「逃したくないな」という思いを抱かせることができます。

STEP3:新しい気持ちで出会い直す

 直接連絡して会う、偶然を装って会う、共通の友人にお膳立てしてもらって会う、など、会おうと思えば意外と会えるのが元彼。

 ただ、この時には、新しい気持ちで出会い直すことが肝心です。気持ちを新たにするのは難しいことですが、前と同じあなたではうまくいかないことは実証済なのですから。

 できるだけ素直にポジティブな気持ちで、会うようにしましょう。また、あなた自身、元彼と距離を置いたことで客観的に男性を見る目を養えているかもしれません。あまり馴れ馴れしくせずに、「今」の元彼を冷静に見つめましょう。

どんなに好きでもダメなこともある

もう一度自分を見つめ直してみる(写真:iStock)
もう一度自分を見つめ直してみる (写真:iStock)

 振られて忘れられない元彼と1年ぶりに会ってアプローチされたのに、なぜか魅力的に見えなかったと逆に振った友人がいます。

 このように、前の自分には合う相手だったかもしれないけれど、変化した自分には合わなくなっている場合もあるのです。もしくは、振られたという事実に「負け」を感じてしまっていたけれど、元彼からアプローチされたことで「勝った」と満足したのかもしれませんが。

 なんにせよ、お互い好きになって付き合うって、とてもすごいこと。長くなればなるほど「なあなあ」な関係になってしまいがちですが、できるなら別れることなくいられるように、「相手の好きな自分」であり続ける努力も大切ですね。

 ちなみに私、浮気性の元彼を許してヨリを戻したことがあります。「浮気されても良いから一緒にいたい」なんて、狂った思考回路になってしまうこともあるんですよね。ヨリを戻すことを目的とするのではなく、幸せになれるかを目指して行動してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ