ちょっと重そう…男性からメンヘラ女子認定されるNG行動4選

七海 ライター
更新日:2019-11-01 06:00
投稿日:2019-11-01 06:00
 いくら可愛く見た目を取り繕っていても、スタイル抜群の美女でも、男性が近寄ってこない存在ーーそれは「メンヘラ女子」。特に、一度でもメンヘラと付き合った男性はメンヘラ女子を地雷扱いして、遠ざけようとする傾向があります。
 いいなと思っている男性に「メンヘラそうだから」という理由で避けられないように、NG行動をおさらいしておきましょう。

1. 派手なカラコンをしている

 カラーコンタクトレンズは、技巧を凝らしたアイメイクを施すより楽に顔を盛ることができますよね。男性のなかには「カラコンしている子は不自然で可愛くない!」と言う”アンチカラコン派”もいますが……。

 とは言え、ナチュラルな色&サイズのカラコンだと男性は気づかないことも多いです。つまり男性が「カラコンしてる?」と気づく時点で不自然なサイズとデザインということ。

 光が映らない、真っ黒で大きな瞳は「怖い」「表情がわかりづらいし不自然」と敬遠されがちです。

「でも、いきなり普通のコンタクトレンズに戻すなんて、すっぴんで街を歩くのと一緒……」

 クリアレンズで人前に出ることに抵抗があるなら、ナチュラルな色とサイズのカラコンにしてみましょう。

2. 肌の露出が激しい

「よく胸を強調するようなトップスとミニスカを着ているけど、男を引っかけたいのかな?」

 肌を露出しているとありがたがってチラチラ見るくせに、本命彼女にするにはちょっと……というのが男性の本音。

 露出が激しい=性欲が強そう、簡単に男についていきそう、というイメージを持たれてしまいます。女の武器をがっつりフル活用するのが楽しい気持ちもわかりますが、ここぞという時のために取っておいたほうが威力を発揮します。

 不特定多数の男性に見られるよりは、いざという時のために秘めておいたほうが良いでしょう。

3. LINEのアイコンがしょっちゅう変わる

 LINEやツイッターのアイコンがコロコロ変わる人、あなたの周りでもいませんか?

 季節に一回くらいならあまり高頻度だとは思われないかもしれませんが、月に一度あるいはそれ以上アイコンを変えていると、「承認欲求が強そう」「自分のこと大好きそう」と思われます。

 あるいは、自撮りをアイコンにするのも「メンヘラっぽい」と思われる代表格。

 SNSアイコンは自分の“分身”ですから、できるだけ盛れている「可愛いわたし」画像を設定するのは間違っていません。

 いい写真が撮れるたびに「今のわたしのベストはこっちです!」とアピールしたくなるのはわかりますが、あまりに自意識が漏れていると「痛々しい」「メンヘラ感が強い」とマイナスイメージになってしまいます。

4. SNSの投稿頻度が激しい

「お腹すいた」「疲れたー」「今から飲み会」

 ツイッターのタイムラインを開けば常にツイートしている、インスタグラムのストーリー欄にも常にいる、そういう女の子っていますよね。

 周りからは「かまってちゃんなのかな?」「さみしいのかな?」と思われてしまいます。

「別に『死にたい』『彼氏ほしいな』とか、あからさまな“かまってツイート”をしてるわけじゃないからよくない?」

 はい、間違いではありませんが、あまりにも投稿頻度が高いと「好きなことがなくて、SNS依存気味なのかな」と思われかねません。

 好きな人とSNSでつながっているのであれば、投稿頻度や内容は控えめな方が好印象を与えるので、見直しましょう。ただし、しょっちゅう「ツイ消し」「投稿を消す」のはそれはそれで痛々しいので、控えるべきです。

終わりに

 一度“メンヘラ女子認定”されうと、なかなかそのイメージを覆せません。

 あなたの見た目や行動は大丈夫ですか?

 実際はともかく、付き合う前は「さばけている女の子」を装っていた方が、狙っている男性が気軽な気持ちで誘ってくれるかもしれませんね。

七海
記事一覧
ライター
95年、雪国生まれ。元バニーガール広報兼ライター。大学3年の時にブログを始める。婚活と読書がルーティン。卒論は綿矢りさ。好きなタイプは高学歴童貞。13のマッチングアプリを駆使し、1年半で会った男性は100人を超える。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?
彼が『石丸伸二氏』『ひろゆき氏』推し、論破系男子との結婚でうまくいく女性と回避法は?
 7日放送のフジテレビ系「Mr.サンデー“七夕決戦”都知事選SP」に出演した元乃木坂46の山崎怜奈(27)と、都知事選で...
「子供ができた♡」図々しい不倫女に怒り心頭!妻が震えた驚愕LINE10通
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫…。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら、...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
離婚を思いとどまった“子供の一言”、反対されて改めて気づくことがある。
 ちょうど今「夫とはもう暮らせないな…」と離婚を考えている女性もいるでしょう。でももし子供がいるなら、ぜひ子供の意見も聞...
恋バナ調査隊 2024-07-10 06:00 ラブ
これぞ港区女子が生きる術か。ボンビー女が港区おぢ経営者に口説かれた話
 筆者は都心から外れたアパートに住む「そこらへんの女」だが、ボンビーなくせに実業家の知り合いが多い。港区のタワマンで行わ...
時短美容協会 2024-07-09 06:00 ラブ
夫に料理任せたら、夕飯あるのに餃子を買ってくる男のナゾに答えが見えた
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  我が家で...
豆木メイ 2024-07-09 06:00 ラブ
不倫カップルの倦怠期はチャンス? よりよい未来を選ぶためにしたいこと
 不倫カップルの多くは、妻や夫に隠れて恋愛のスリルや刺激を味わっていますが、不倫カップルといえども、ときめきはいつか冷め...
7人目説は本当?何人目の彼氏と結婚すれば幸せになれるか、先輩妻に聞く
 幸せな結婚生活を送っている女性を見て「付き合って何人目の彼氏と結婚したの?」と気になることはありませんか? 実際のとこ...
子供部屋おじさんあるある5選にゾゾッ!実家男を彼氏にすると厄介かも…
「彼氏が実家住みなんだけど、もしかして話題の子供部屋おじさん…?」と不安になっている方、集合!  今回は、子供部屋おじ...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
「全部承知の上だから…」芸能人さえ沼らせるプロ彼女のLINE術3選
 テレビに出てくる芸能人と付き合えたら夢のようだと思ったことはありませんか? 実は、芸能人やタレントの卵とばかり付き合う...
恋バナ調査隊 2024-07-07 06:00 ラブ
妻のシナリオ通り? 覚えのないモラハラを主張され困惑する46歳夫
「冷酷と激情のあいだvol.203〜女性編〜」では、7年間連れ添った夫が、実は自分にモラハラをしていたことに最近になって...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
「このメシ、なんでこんな味になるの?」結婚7年の集大成、モラハラ夫との離婚を急ぐ43歳妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-06 06:00 ラブ
【写真特集】ホットパンツも高級ブランドのマフラーも“着こなす”安藤美姫
    【この写真の本文に戻る⇒】安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入...
安藤美姫に16歳教え子との“手つなぎデート”報道 我が子がかなり年上の先生に気に入られたら?
 6月27日発売の『週刊文春』で、専任コーチを務める16歳教え子との“手つなぎデート”を報じられた元フィギュアスケート選...