ちょっと重そう…男性からメンヘラ女子認定されるNG行動4選

七海 ライター
更新日:2019-11-01 06:00
投稿日:2019-11-01 06:00
 いくら可愛く見た目を取り繕っていても、スタイル抜群の美女でも、男性が近寄ってこない存在ーーそれは「メンヘラ女子」。特に、一度でもメンヘラと付き合った男性はメンヘラ女子を地雷扱いして、遠ざけようとする傾向があります。
 いいなと思っている男性に「メンヘラそうだから」という理由で避けられないように、NG行動をおさらいしておきましょう。

1. 派手なカラコンをしている

黒目を強調しすぎるのも考えもの(写真:iStock)
黒目を強調しすぎるのも考えもの (写真:iStock)

 カラーコンタクトレンズは、技巧を凝らしたアイメイクを施すより楽に顔を盛ることができますよね。男性のなかには「カラコンしている子は不自然で可愛くない!」と言う”アンチカラコン派”もいますが……。

 とは言え、ナチュラルな色&サイズのカラコンだと男性は気づかないことも多いです。つまり男性が「カラコンしてる?」と気づく時点で不自然なサイズとデザインということ。

 光が映らない、真っ黒で大きな瞳は「怖い」「表情がわかりづらいし不自然」と敬遠されがちです。

「でも、いきなり普通のコンタクトレンズに戻すなんて、すっぴんで街を歩くのと一緒……」

 クリアレンズで人前に出ることに抵抗があるなら、ナチュラルな色とサイズのカラコンにしてみましょう。

2. 肌の露出が激しい

季節を問わず網タイツなのもNG(写真:iStock)
季節を問わず網タイツなのもNG (写真:iStock)

「よく胸を強調するようなトップスとミニスカを着ているけど、男を引っかけたいのかな?」

 肌を露出しているとありがたがってチラチラ見るくせに、本命彼女にするにはちょっと……というのが男性の本音。

 露出が激しい=性欲が強そう、簡単に男についていきそう、というイメージを持たれてしまいます。女の武器をがっつりフル活用するのが楽しい気持ちもわかりますが、ここぞという時のために取っておいたほうが威力を発揮します。

 不特定多数の男性に見られるよりは、いざという時のために秘めておいたほうが良いでしょう。

3. LINEのアイコンがしょっちゅう変わる

「自分大好き」感が否めない…(写真:iStock)
「自分大好き」感が否めない… (写真:iStock)

 LINEやツイッターのアイコンがコロコロ変わる人、あなたの周りでもいませんか?

 季節に一回くらいならあまり高頻度だとは思われないかもしれませんが、月に一度あるいはそれ以上アイコンを変えていると、「承認欲求が強そう」「自分のこと大好きそう」と思われます。

 あるいは、自撮りをアイコンにするのも「メンヘラっぽい」と思われる代表格。

 SNSアイコンは自分の“分身”ですから、できるだけ盛れている「可愛いわたし」画像を設定するのは間違っていません。

 いい写真が撮れるたびに「今のわたしのベストはこっちです!」とアピールしたくなるのはわかりますが、あまりに自意識が漏れていると「痛々しい」「メンヘラ感が強い」とマイナスイメージになってしまいます。

4. SNSの投稿頻度が激しい

「いつものサロンでメンテ中♡」的なツイートをされても…(写真:iStock)
「いつものサロンでメンテ中♡」的なツイートをされても… (写真:iStock)

「お腹すいた」「疲れたー」「今から飲み会」

 ツイッターのタイムラインを開けば常にツイートしている、インスタグラムのストーリー欄にも常にいる、そういう女の子っていますよね。

 周りからは「かまってちゃんなのかな?」「さみしいのかな?」と思われてしまいます。

「別に『死にたい』『彼氏ほしいな』とか、あからさまな“かまってツイート”をしてるわけじゃないからよくない?」

 はい、間違いではありませんが、あまりにも投稿頻度が高いと「好きなことがなくて、SNS依存気味なのかな」と思われかねません。

 好きな人とSNSでつながっているのであれば、投稿頻度や内容は控えめな方が好印象を与えるので、見直しましょう。ただし、しょっちゅう「ツイ消し」「投稿を消す」のはそれはそれで痛々しいので、控えるべきです。

終わりに

明るくて親しみやすい雰囲気が大事(写真:iStock)
明るくて親しみやすい雰囲気が大事 (写真:iStock)

 一度“メンヘラ女子認定”されうと、なかなかそのイメージを覆せません。

 あなたの見た目や行動は大丈夫ですか?

 実際はともかく、付き合う前は「さばけている女の子」を装っていた方が、狙っている男性が気軽な気持ちで誘ってくれるかもしれませんね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 感染症拡大防止による外出自粛が呼びかけられている今日この頃ですが、マッチングアプリでも出会いは自粛されているのでしょう...
内藤みか 2020-03-30 06:00 ラブ
FILM
 異常気象や自然災害、ウイルス蔓延、高齢化社会など、将来が心配になるようなニュースが多い昨今。だからこそ、パートナーを選...
FILM
 あなたは、不倫にどんなイメージを持っていますか? 中には、「スリルを味わえる楽しい恋愛」と思っている人もいるかもしれま...
恋バナ調査隊 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 最近、周りで非常にざわざわするトピックがあります。その感染力は、新型コロナウィルスに引けを取らぬ勢いで、出会う人、出会...
しめサバ子 2020-03-29 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナへの不安は、国内でも日に日に増しています。ついにはウイルス対策のために、同棲解消を選んだカップルも……。魑魅...
並木まき 2020-03-28 06:00 ラブ
FILM
 誰しも、好きな人に対して少なからず「嫉妬」をするものでしょう。でも、それはある意味、愛情の裏返しでもありますよね。でも...
FILM
 あなたは、恋人に浮気をされたらどうしますか? きっと「許せないから別れる!」と、即答する人が多いのでは? しかし、実際...
恋バナ調査隊 2020-03-27 06:02 ラブ
FILM
 誰しも、大人になると社交辞令を言ってみたり、本音と建前を上手に使ったりするものです。でも、だからこそ、「好きな男性には...
リタ・トーコ 2020-03-27 06:00 ラブ
FILM
 彼氏と一緒に過ごしていく中で、「付き合いたての頃となんだかイメージが違う……」と思うことありませんか?もしかしたらそれ...
恋バナ調査隊 2020-03-26 06:00 ラブ
FILM
 コロナの影響で家にこもる時間が急増加! そんなときは、Netflix鑑賞がはかどってしまいますよね。「テラスハウス」を...
しめサバ子 2020-03-25 06:00 ラブ
FILM
 良いか悪いかは別として、新型コロナがきっかけで別居に踏み切った夫婦も出てきています。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)...
並木まき 2020-03-25 06:00 ラブ
FILM
 いつの時代にも“マッチョ好き”な女性は一定数います。マッチョ好きな女性だったら、筋肉もりもりの彼と付き合えたらどんなに...
田中絵音 2020-03-24 06:00 ラブ
FILM
 あなたは、「マッチングアプリ」にどんなイメージを持ちますか。きっと、「危険じゃないの?」と思う人も多いはず。しかし、マ...
恋バナ調査隊 2020-03-24 06:00 ラブ
FILM
 好きな人ができた時、「この人が運命の相手かも!?」と感じたことがある方は多いでしょう。この運命論を信じているのは、なに...
FILM
 若い頃に戻って、もう一度、若い男と燃え上がる恋をしてみたい!そう思うアラフォー、アラフィフさんも多いかと思います。そん...
内藤みか 2020-03-23 06:00 ラブ
FILM
 新型コロナの影響で外出を控える人が続出中。意中の彼とデートができない!とお悩みの方に、リモートでも可能なデートプランを...
しめサバ子 2020-03-22 06:00 ラブ