一瞬でデビル化! 夫が踏む鬼嫁スイッチの地雷ポイント3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-11-07 06:21
投稿日:2019-11-07 06:00
 鬼嫁の中には、普段は鬼の仮面を外しているものの、夫からちょっとした地雷が投げ込まれるのをキッカケに、鬼嫁に豹変するタイプもいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの地雷ポイントを3選ご紹介します。

1:生活費の話になると…

嫁の“吸引力”がすごすぎる(写真:iStock)
嫁の“吸引力”がすごすぎる (写真:iStock)

「うちのカミさんは、もともとキツイ性格ですけど、普段はまぁそれなりに静かなタイプ。

 でも、お金の話になると顔つきまでも変わり、THE・鬼嫁って形相になるんです。

 実はカミさんは、かなりの浪費家で、生活費の管理を任せているものの、お恥ずかしながら我が家の貯金はゼロ。

 もうすぐ子供も産まれるので、そろそろ倹約に励んでもらいたいと思い、それとなく話題にするんですが……。

 自分の浪費グセを指摘されるのがイヤなのか、そうなるとギャンギャンと叫び出し、俺にクッションなどを投げながら『あんたの稼ぎが少ないから、お金がないんでしょ!!!!』と怒鳴りまくります。

 ぶっちゃけ、我が家の経済は、今後どうなってしまうんだろう……と不安です」(34歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 生活費の管理を任されている妻の中には、その使い道を夫から口出しされるのを嫌うタイプも。

 しかし冷静に話し合うのではなく、鬼嫁スイッチが入ってしまうとなれば、夫婦間で必要な話し合いすらできません。

2:姑の話題になると…

姑の話題になった途端“デビルモード”突入(写真:iStock)
姑の話題になった途端“デビルモード”突入 (写真:iStock)

「俺の妻は、いつもはあまり口うるさいタイプではないんですが、俺の母親のこととなると、別人になったかのように攻撃的になってしまうんです。

 どうやら、妻は俺の母親のことが生理的にダメみたいなんですけど、俺がちょっと『今日、親からメールきた』とか『今日は母親の誕生日だな』とかって言うだけで、険悪な雰囲気に。

『マザコン』だの『あの女のどこがいいわけ?』だのって、まるで俺が母親と浮気しているかのような口ぶりで、エンドレスに母親の悪口が始まります。

 それさえなければ、平穏な家庭なんですけどね……。身内のことだけに、先が思いやられています」(38歳男性/飲食)

 ◇  ◇  ◇

 相性の悪い姑の話題は、できるだけ避けたいのも妻の心理。

 しかしそこで我慢して夫の話を聞き流すのではなく、真っ向から否定に入るとは、さすが鬼嫁です。

3:家事分担の話になると…

ペットの世話まで負担する羽目に…(写真:iStock)
ペットの世話まで負担する羽目に… (写真:iStock)

「共働きをしていて、基本的に家事は、夫婦で分担しています。

 でも、俺のほうが負担が大きく、最近は仕事で昇進したので、家事をこなすのに苦労しています。

 それで、妻にそれとなく分担の見直しを提案しているんですが、その話題になると、それまでの表情とガラリと変わり『安月給のくせに生意気』、『年下の分際で、何様のつもり?』などと、ヒドイ言葉を浴びせてきます。

 5歳年上で、俺より稼ぎのいい妻なので仕方ないのかもしれないけど……。

 俺のほうが帰宅が遅いのに、洗濯・掃除・ゴミ出し・ペットの世話……と、料理以外の家事を全部担っていて、家事のせいで妻より寝る時間が2時間も遅く、かなりシンドイです」(39歳男性/SE)

 ◇  ◇  ◇

 家事分担をしている夫婦は一般的ながら、その分担割合がどちらかに偏ってしまうと不平が出るのも常。

 鬼嫁が相手だと、公平な分担をしようにも苦戦するパターンが多いかもしれません。

まとめ

 日ごろは朗らかな妻でも、地雷を踏むことにより鬼嫁に豹変するケースも珍しくありません。

 地雷だとわかっていても、夫婦間の話し合いでは避けられないテーマもあるだけに、苦悩を抱える夫に同情せざるを得ないですよね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ