一瞬でデビル化! 夫が踏む鬼嫁スイッチの地雷ポイント3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-11-07 06:21
投稿日:2019-11-07 06:00
 鬼嫁の中には、普段は鬼の仮面を外しているものの、夫からちょっとした地雷が投げ込まれるのをキッカケに、鬼嫁に豹変するタイプもいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの地雷ポイントを3選ご紹介します。

1:生活費の話になると…

嫁の“吸引力”がすごすぎる(写真:iStock)
嫁の“吸引力”がすごすぎる (写真:iStock)

「うちのカミさんは、もともとキツイ性格ですけど、普段はまぁそれなりに静かなタイプ。

 でも、お金の話になると顔つきまでも変わり、THE・鬼嫁って形相になるんです。

 実はカミさんは、かなりの浪費家で、生活費の管理を任せているものの、お恥ずかしながら我が家の貯金はゼロ。

 もうすぐ子供も産まれるので、そろそろ倹約に励んでもらいたいと思い、それとなく話題にするんですが……。

 自分の浪費グセを指摘されるのがイヤなのか、そうなるとギャンギャンと叫び出し、俺にクッションなどを投げながら『あんたの稼ぎが少ないから、お金がないんでしょ!!!!』と怒鳴りまくります。

 ぶっちゃけ、我が家の経済は、今後どうなってしまうんだろう……と不安です」(34歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 生活費の管理を任されている妻の中には、その使い道を夫から口出しされるのを嫌うタイプも。

 しかし冷静に話し合うのではなく、鬼嫁スイッチが入ってしまうとなれば、夫婦間で必要な話し合いすらできません。

2:姑の話題になると…

姑の話題になった途端“デビルモード”突入(写真:iStock)
姑の話題になった途端“デビルモード”突入 (写真:iStock)

「俺の妻は、いつもはあまり口うるさいタイプではないんですが、俺の母親のこととなると、別人になったかのように攻撃的になってしまうんです。

 どうやら、妻は俺の母親のことが生理的にダメみたいなんですけど、俺がちょっと『今日、親からメールきた』とか『今日は母親の誕生日だな』とかって言うだけで、険悪な雰囲気に。

『マザコン』だの『あの女のどこがいいわけ?』だのって、まるで俺が母親と浮気しているかのような口ぶりで、エンドレスに母親の悪口が始まります。

 それさえなければ、平穏な家庭なんですけどね……。身内のことだけに、先が思いやられています」(38歳男性/飲食)

 ◇  ◇  ◇

 相性の悪い姑の話題は、できるだけ避けたいのも妻の心理。

 しかしそこで我慢して夫の話を聞き流すのではなく、真っ向から否定に入るとは、さすが鬼嫁です。

3:家事分担の話になると…

ペットの世話まで負担する羽目に…(写真:iStock)
ペットの世話まで負担する羽目に… (写真:iStock)

「共働きをしていて、基本的に家事は、夫婦で分担しています。

 でも、俺のほうが負担が大きく、最近は仕事で昇進したので、家事をこなすのに苦労しています。

 それで、妻にそれとなく分担の見直しを提案しているんですが、その話題になると、それまでの表情とガラリと変わり『安月給のくせに生意気』、『年下の分際で、何様のつもり?』などと、ヒドイ言葉を浴びせてきます。

 5歳年上で、俺より稼ぎのいい妻なので仕方ないのかもしれないけど……。

 俺のほうが帰宅が遅いのに、洗濯・掃除・ゴミ出し・ペットの世話……と、料理以外の家事を全部担っていて、家事のせいで妻より寝る時間が2時間も遅く、かなりシンドイです」(39歳男性/SE)

 ◇  ◇  ◇

 家事分担をしている夫婦は一般的ながら、その分担割合がどちらかに偏ってしまうと不平が出るのも常。

 鬼嫁が相手だと、公平な分担をしようにも苦戦するパターンが多いかもしれません。

まとめ

 日ごろは朗らかな妻でも、地雷を踏むことにより鬼嫁に豹変するケースも珍しくありません。

 地雷だとわかっていても、夫婦間の話し合いでは避けられないテーマもあるだけに、苦悩を抱える夫に同情せざるを得ないですよね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特...
リタ・トーコ 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 日本の生涯未婚率が上昇傾向にある一方で、「3組に1組が離婚している」と言われる昨今。新型コロナウィルスによる自粛期間に...
田中絵音 2020-07-14 06:00 ラブ
FILM
 職場でもパーティーでも気になるカレに対しても、男性から魅力的に見られたいですよね。「この人、なんか素敵かも」と思わせる...
若林杏樹 2020-07-13 06:00 ラブ
FILM
「尽くす女性」は、一昔前までは「いい女」の象徴のような言葉だったと思います。しかし、現在では「重そう」「恋愛が下手そう」...
孔井嘉乃 2020-07-13 22:49 ラブ
FILM
 ど本命の彼とのお付き合いを3年間続けています。ですが、つい先日、不安からくるど本命クラッシャー(※)をしてしまいました...
神崎メリ 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 長く付き合っていると、遅かれ早かれ二人の関係はマンネリをする傾向にあります。しかし、時に男性は女性に惚れ直す瞬間がある...
恋バナ調査隊 2020-07-12 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の元に来られる相談者さんの7割近く占めるのが、「浮気問題」です。出会った男...
山崎世美子 2020-07-11 06:54 ラブ
FILM
 義母の性格に「難」があると、息子の妻は頭を抱えがちに…。嫁姑の人間関係は自分では選べないために、結婚後に想定外の悩みの...
並木まき 2020-07-11 06:47 ラブ
FILM
 用事を頼んだときに「子どものおつかい」しかできない夫と結婚してしまった妻は、日常生活でも苦労が絶えないようです。何もし...
並木まき 2020-07-11 06:43 ラブ
FILM
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……...
七味さや 2020-07-10 06:00 ラブ
FILM
 強気な態度やアプローチに惹かれてお付き合いを始めた男性が、実は「俺様系」だったなんてことはありませんか? あまりの俺様...
リタ・トーコ 2020-07-09 06:00 ラブ
FILM
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好き...
恋バナ調査隊 2020-07-08 06:00 ラブ
FILM
「今の恋人はすべてが完璧!」そんな風に思える方は、ほんの一握り。きっと多くは、「かまってくれないけど、仕事面では尊敬して...
孔井嘉乃 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことを...
ミクニシオリ 2020-07-07 06:00 ラブ
FILM
 20代の頃は多少ワガママを言っても許されたのに、30歳を超えてから急に風当たりが強くなりますよね。それでも私たちは妥協...
若林杏樹 2020-07-06 06:00 ラブ
FILM
 片思い中の女性は、「できることなら彼から告白されたい」と思っているでしょう。「彼も私に気がある」と、察しているのであれ...
恋バナ調査隊 2020-07-05 06:00 ラブ