一瞬でデビル化! 夫が踏む鬼嫁スイッチの地雷ポイント3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-11-07 06:21
投稿日:2019-11-07 06:00
 鬼嫁の中には、普段は鬼の仮面を外しているものの、夫からちょっとした地雷が投げ込まれるのをキッカケに、鬼嫁に豹変するタイプもいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちの地雷ポイントを3選ご紹介します。

1:生活費の話になると…

嫁の“吸引力”がすごすぎる(写真:iStock)
嫁の“吸引力”がすごすぎる (写真:iStock)

「うちのカミさんは、もともとキツイ性格ですけど、普段はまぁそれなりに静かなタイプ。

 でも、お金の話になると顔つきまでも変わり、THE・鬼嫁って形相になるんです。

 実はカミさんは、かなりの浪費家で、生活費の管理を任せているものの、お恥ずかしながら我が家の貯金はゼロ。

 もうすぐ子供も産まれるので、そろそろ倹約に励んでもらいたいと思い、それとなく話題にするんですが……。

 自分の浪費グセを指摘されるのがイヤなのか、そうなるとギャンギャンと叫び出し、俺にクッションなどを投げながら『あんたの稼ぎが少ないから、お金がないんでしょ!!!!』と怒鳴りまくります。

 ぶっちゃけ、我が家の経済は、今後どうなってしまうんだろう……と不安です」(34歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 生活費の管理を任されている妻の中には、その使い道を夫から口出しされるのを嫌うタイプも。

 しかし冷静に話し合うのではなく、鬼嫁スイッチが入ってしまうとなれば、夫婦間で必要な話し合いすらできません。

2:姑の話題になると…

姑の話題になった途端“デビルモード”突入(写真:iStock)
姑の話題になった途端“デビルモード”突入 (写真:iStock)

「俺の妻は、いつもはあまり口うるさいタイプではないんですが、俺の母親のこととなると、別人になったかのように攻撃的になってしまうんです。

 どうやら、妻は俺の母親のことが生理的にダメみたいなんですけど、俺がちょっと『今日、親からメールきた』とか『今日は母親の誕生日だな』とかって言うだけで、険悪な雰囲気に。

『マザコン』だの『あの女のどこがいいわけ?』だのって、まるで俺が母親と浮気しているかのような口ぶりで、エンドレスに母親の悪口が始まります。

 それさえなければ、平穏な家庭なんですけどね……。身内のことだけに、先が思いやられています」(38歳男性/飲食)

 ◇  ◇  ◇

 相性の悪い姑の話題は、できるだけ避けたいのも妻の心理。

 しかしそこで我慢して夫の話を聞き流すのではなく、真っ向から否定に入るとは、さすが鬼嫁です。

3:家事分担の話になると…

ペットの世話まで負担する羽目に…(写真:iStock)
ペットの世話まで負担する羽目に… (写真:iStock)

「共働きをしていて、基本的に家事は、夫婦で分担しています。

 でも、俺のほうが負担が大きく、最近は仕事で昇進したので、家事をこなすのに苦労しています。

 それで、妻にそれとなく分担の見直しを提案しているんですが、その話題になると、それまでの表情とガラリと変わり『安月給のくせに生意気』、『年下の分際で、何様のつもり?』などと、ヒドイ言葉を浴びせてきます。

 5歳年上で、俺より稼ぎのいい妻なので仕方ないのかもしれないけど……。

 俺のほうが帰宅が遅いのに、洗濯・掃除・ゴミ出し・ペットの世話……と、料理以外の家事を全部担っていて、家事のせいで妻より寝る時間が2時間も遅く、かなりシンドイです」(39歳男性/SE)

 ◇  ◇  ◇

 家事分担をしている夫婦は一般的ながら、その分担割合がどちらかに偏ってしまうと不平が出るのも常。

 鬼嫁が相手だと、公平な分担をしようにも苦戦するパターンが多いかもしれません。

まとめ

 日ごろは朗らかな妻でも、地雷を踏むことにより鬼嫁に豹変するケースも珍しくありません。

 地雷だとわかっていても、夫婦間の話し合いでは避けられないテーマもあるだけに、苦悩を抱える夫に同情せざるを得ないですよね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 男性をデートに誘う時、LINEなら顔を見なくて済むので勇気も出ますよね♡ でも、どんな風に誘ったら良いのか悩んでしまっ...
恋バナ調査隊 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性が脈ありか脈なしかを知りたい場合、LINEから心理を読み解くのが有効です。実は、男性の深層心理は、知らず知ら...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 素敵な男性と出会うと、「どうせ、彼女がいるんだろうな……」と思ってしまう人は多いはず。でも、そこで諦めてしまえば、せっ...
恋バナ調査隊 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 LINEって顔が見えないからこそ、つい大胆になってしまいがちですよね。その落とし穴に一番ハマりやすいのが「恋愛下手の女...
恋バナ調査隊 2020-09-14 06:00 ラブ
FILM
「チャラい男には、引っかかるまい」と気をつけていても、好みの外見である異性と出会えば、判断力が鈍りやすいのも、女性の“あ...
並木まき 2020-09-14 06:00 ラブ
FILM
 女性の前でいい格好をしたがる「ええかっこしい」な男ほど、背伸びした発言で、自分に酔いしれたLINEを送りつけてきます。...
並木まき 2020-09-13 06:00 ラブ