打算的?それとも…切羽詰まった鬼嫁が“鬼の仮面”を外した日

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-09 06:10
投稿日:2019-10-09 06:00
「鬼嫁」として生きている妻でも、何かの拍子に、自ら“鬼嫁の仮面”を外す場合もあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁たちが仮面を外し、“普通の妻”に戻った瞬間に迫ります。

1:夫の浮気を機に別人に…

家事をサボっていた妻が豹変!(写真:iStock)
家事をサボっていた妻が豹変! (写真:iStock)

「僕が言うのもなんですけど、ウチの妻は新婚当初はとにかく怖い人で、さらには家事も手抜きで、最低な妻だったんです。そんな妻にウンザリし、結婚2年目で僕は浮気。離婚も覚悟の上でした。

 ところが、僕から浮気を告げたうえで離婚を切り出すと、態度が急変。僕の浮気を責めることもなく、その日から優しい妻に変わり、家事もきちんとするようになったんです…! 浮気した僕のセリフじゃないかもですが、雨降って地固まると言うか…。それ以来、僕も浮気はしていませんし、妻が鬼嫁になることもなくなり、平和な結婚生活を送っています」(37歳男性/マスコミ)

 ◇  ◇  ◇

 まさか夫が別の女性に走るとは思っていなかった鬼嫁ほど、夫の浮気は衝撃的な出来事に。さらには、夫が浮気に走った心当たりがありすぎる鬼嫁ほど、改心の引き金にもなるのが事実かもしれません。

 とは言え、浮気は褒められた行為でないのは、確かですが…!

2:仕事がないのを機に猫なで声を出すように…

次の派遣先が見つからず不安に(写真:iStock)
次の派遣先が見つからず不安に (写真:iStock)

「3歳年上の妻は、かなり気が強く、鬼嫁気質。もともとは派遣社員でいろんな会社で働いていたのですが、新卒から1社しか勤めたことのない僕に対し『世間知らず』『視野の狭いバカ』などと、散々な言い草でした。

 ところが、あるときに派遣の契約期間が切れたあと、次に働けるところがどこも見つからなくなってから、態度が激変。生活不安を感じたんだと思うんですが、いきなり僕に対し猫なで声を出すようになり、かいがいしく世話を焼くようになりました。まぁ露骨すぎるので、こっちは白けてますけどね。でも見下したような口調で罵られることはなくなっただけ、ヨシとしています」(42歳男性/製造)

 ◇  ◇  ◇

 自分の収入が途絶えることで、危機感を募らせた鬼嫁…といったところでしょうか。豹変っぷりに白々しさがあると、夫としては白けるようですが。

3:自分の親と同居したいあまりに…

自分の実家にべったり(写真:iStock)
自分の実家にべったり (写真:iStock)

「うちの嫁さんは、自分の実家にべったりなタイプなんです。僕は地方出身の長男なので、結婚前から、最終的には田舎に帰って家を継ぐって話はしてあるんですけど、最近、嫁は自分の親と同居したくてたまらないみたいで、それとなくそんな話を僕にしてきます。

 もともと鬼嫁で、家ではいつも不機嫌な上に汚い言葉で僕を罵っては、家事をサボるような女なんですけど『自分の親と同居したい』って言い始めてからは、やたら僕に優しいので、気味が悪いです。そんな風にされても、僕がこれまでにやられた仕打ちが消えるわけでもないし、田舎に帰る話が白紙になるわけでもないんですけどね。

 嫁的には、僕に優しくしていれば、東京で自分の親と同居できると踏んでいるみたい。鬼嫁で居られるよりはマシなんで、僕もどっちつかずの態度をしていますが…。ズルイですかね!?」(44歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 結婚当初から決まっていた方向性であっても、どうにかして変えたい場合には、夫を説得するしかないですよね。そのために、夫に優しくしていても、それが打算的に見えた時点で、化かし合いのような状態に陥る夫婦も…。

まとめ

 なんらかの事情で切羽詰まった鬼嫁は、自らその仮面を外すこともあるようですね。それまでの積み重ねのせいで、そんな妻の様子が、素直に心に響く夫は少数派かもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ