打算的?それとも…切羽詰まった鬼嫁が“鬼の仮面”を外した日

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-09 06:10
投稿日:2019-10-09 06:00
「鬼嫁」として生きている妻でも、何かの拍子に、自ら“鬼嫁の仮面”を外す場合もあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁たちが仮面を外し、“普通の妻”に戻った瞬間に迫ります。

1:夫の浮気を機に別人に…

家事をサボっていた妻が豹変!(写真:iStock)
家事をサボっていた妻が豹変! (写真:iStock)

「僕が言うのもなんですけど、ウチの妻は新婚当初はとにかく怖い人で、さらには家事も手抜きで、最低な妻だったんです。そんな妻にウンザリし、結婚2年目で僕は浮気。離婚も覚悟の上でした。

 ところが、僕から浮気を告げたうえで離婚を切り出すと、態度が急変。僕の浮気を責めることもなく、その日から優しい妻に変わり、家事もきちんとするようになったんです…! 浮気した僕のセリフじゃないかもですが、雨降って地固まると言うか…。それ以来、僕も浮気はしていませんし、妻が鬼嫁になることもなくなり、平和な結婚生活を送っています」(37歳男性/マスコミ)

 ◇  ◇  ◇

 まさか夫が別の女性に走るとは思っていなかった鬼嫁ほど、夫の浮気は衝撃的な出来事に。さらには、夫が浮気に走った心当たりがありすぎる鬼嫁ほど、改心の引き金にもなるのが事実かもしれません。

 とは言え、浮気は褒められた行為でないのは、確かですが…!

2:仕事がないのを機に猫なで声を出すように…

次の派遣先が見つからず不安に(写真:iStock)
次の派遣先が見つからず不安に (写真:iStock)

「3歳年上の妻は、かなり気が強く、鬼嫁気質。もともとは派遣社員でいろんな会社で働いていたのですが、新卒から1社しか勤めたことのない僕に対し『世間知らず』『視野の狭いバカ』などと、散々な言い草でした。

 ところが、あるときに派遣の契約期間が切れたあと、次に働けるところがどこも見つからなくなってから、態度が激変。生活不安を感じたんだと思うんですが、いきなり僕に対し猫なで声を出すようになり、かいがいしく世話を焼くようになりました。まぁ露骨すぎるので、こっちは白けてますけどね。でも見下したような口調で罵られることはなくなっただけ、ヨシとしています」(42歳男性/製造)

 ◇  ◇  ◇

 自分の収入が途絶えることで、危機感を募らせた鬼嫁…といったところでしょうか。豹変っぷりに白々しさがあると、夫としては白けるようですが。

3:自分の親と同居したいあまりに…

自分の実家にべったり(写真:iStock)
自分の実家にべったり (写真:iStock)

「うちの嫁さんは、自分の実家にべったりなタイプなんです。僕は地方出身の長男なので、結婚前から、最終的には田舎に帰って家を継ぐって話はしてあるんですけど、最近、嫁は自分の親と同居したくてたまらないみたいで、それとなくそんな話を僕にしてきます。

 もともと鬼嫁で、家ではいつも不機嫌な上に汚い言葉で僕を罵っては、家事をサボるような女なんですけど『自分の親と同居したい』って言い始めてからは、やたら僕に優しいので、気味が悪いです。そんな風にされても、僕がこれまでにやられた仕打ちが消えるわけでもないし、田舎に帰る話が白紙になるわけでもないんですけどね。

 嫁的には、僕に優しくしていれば、東京で自分の親と同居できると踏んでいるみたい。鬼嫁で居られるよりはマシなんで、僕もどっちつかずの態度をしていますが…。ズルイですかね!?」(44歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 結婚当初から決まっていた方向性であっても、どうにかして変えたい場合には、夫を説得するしかないですよね。そのために、夫に優しくしていても、それが打算的に見えた時点で、化かし合いのような状態に陥る夫婦も…。

まとめ

 なんらかの事情で切羽詰まった鬼嫁は、自らその仮面を外すこともあるようですね。それまでの積み重ねのせいで、そんな妻の様子が、素直に心に響く夫は少数派かもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ