打算的?それとも…切羽詰まった鬼嫁が“鬼の仮面”を外した日

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-09 06:10
投稿日:2019-10-09 06:00
「鬼嫁」として生きている妻でも、何かの拍子に、自ら“鬼嫁の仮面”を外す場合もあるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁たちが仮面を外し、“普通の妻”に戻った瞬間に迫ります。

1:夫の浮気を機に別人に…

家事をサボっていた妻が豹変!(写真:iStock)
家事をサボっていた妻が豹変! (写真:iStock)

「僕が言うのもなんですけど、ウチの妻は新婚当初はとにかく怖い人で、さらには家事も手抜きで、最低な妻だったんです。そんな妻にウンザリし、結婚2年目で僕は浮気。離婚も覚悟の上でした。

 ところが、僕から浮気を告げたうえで離婚を切り出すと、態度が急変。僕の浮気を責めることもなく、その日から優しい妻に変わり、家事もきちんとするようになったんです…! 浮気した僕のセリフじゃないかもですが、雨降って地固まると言うか…。それ以来、僕も浮気はしていませんし、妻が鬼嫁になることもなくなり、平和な結婚生活を送っています」(37歳男性/マスコミ)

 ◇  ◇  ◇

 まさか夫が別の女性に走るとは思っていなかった鬼嫁ほど、夫の浮気は衝撃的な出来事に。さらには、夫が浮気に走った心当たりがありすぎる鬼嫁ほど、改心の引き金にもなるのが事実かもしれません。

 とは言え、浮気は褒められた行為でないのは、確かですが…!

2:仕事がないのを機に猫なで声を出すように…

次の派遣先が見つからず不安に(写真:iStock)
次の派遣先が見つからず不安に (写真:iStock)

「3歳年上の妻は、かなり気が強く、鬼嫁気質。もともとは派遣社員でいろんな会社で働いていたのですが、新卒から1社しか勤めたことのない僕に対し『世間知らず』『視野の狭いバカ』などと、散々な言い草でした。

 ところが、あるときに派遣の契約期間が切れたあと、次に働けるところがどこも見つからなくなってから、態度が激変。生活不安を感じたんだと思うんですが、いきなり僕に対し猫なで声を出すようになり、かいがいしく世話を焼くようになりました。まぁ露骨すぎるので、こっちは白けてますけどね。でも見下したような口調で罵られることはなくなっただけ、ヨシとしています」(42歳男性/製造)

 ◇  ◇  ◇

 自分の収入が途絶えることで、危機感を募らせた鬼嫁…といったところでしょうか。豹変っぷりに白々しさがあると、夫としては白けるようですが。

3:自分の親と同居したいあまりに…

自分の実家にべったり(写真:iStock)
自分の実家にべったり (写真:iStock)

「うちの嫁さんは、自分の実家にべったりなタイプなんです。僕は地方出身の長男なので、結婚前から、最終的には田舎に帰って家を継ぐって話はしてあるんですけど、最近、嫁は自分の親と同居したくてたまらないみたいで、それとなくそんな話を僕にしてきます。

 もともと鬼嫁で、家ではいつも不機嫌な上に汚い言葉で僕を罵っては、家事をサボるような女なんですけど『自分の親と同居したい』って言い始めてからは、やたら僕に優しいので、気味が悪いです。そんな風にされても、僕がこれまでにやられた仕打ちが消えるわけでもないし、田舎に帰る話が白紙になるわけでもないんですけどね。

 嫁的には、僕に優しくしていれば、東京で自分の親と同居できると踏んでいるみたい。鬼嫁で居られるよりはマシなんで、僕もどっちつかずの態度をしていますが…。ズルイですかね!?」(44歳男性/IT)

 ◇  ◇  ◇

 結婚当初から決まっていた方向性であっても、どうにかして変えたい場合には、夫を説得するしかないですよね。そのために、夫に優しくしていても、それが打算的に見えた時点で、化かし合いのような状態に陥る夫婦も…。

まとめ

 なんらかの事情で切羽詰まった鬼嫁は、自らその仮面を外すこともあるようですね。それまでの積み重ねのせいで、そんな妻の様子が、素直に心に響く夫は少数派かもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ