妻バレ阻止に必死…浮気男が愛用しているLINEの便利機能3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-26 06:00
投稿日:2019-10-26 06:00
 LINEアプリには、便利な機能もたくさん。日常的に使うコミュニケーションツールだからこそ、自分好みの機能を愛用している人も多いですよね。他方、そんな便利な機能を駆使しつつ、必死で浮気バレを防いでいる“フトドキモノ”な男性も……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、浮気男ほど愛用しているLINEの便利機能に迫ります。

1:背景個別設定

背景を妻の顔のアップ写真に(C)コクハク
背景を妻の顔のアップ写真に (C)コクハク

「カミさんに送るLINEと浮気相手に送るLINEは、絶対に間違えるわけにいかないから、酔っ払ったときでも判別できるよう、妻のトーク画面は妻の顔のアップ写真にしています」(44歳男性)

「妻にはラブラブを装えるし、送信間違いを防げると一石二鳥なので、妻のトーク背景は、夫婦の結婚式写真。浮気相手のトークは、初期設定のままにしています」(34歳男性)

 LINEアプリには、個別にトークの背景を指定できる機能がありますが、これを駆使して“誤爆”を防ごうとしている浮気男も……。

 彼や夫が、自分の写真を背景に使っているからと言って安心できないのも実態かもしれません。

2:トークのピン固定

妻とのトークを一番上にピン固定(C)コクハク
妻とのトークを一番上にピン固定 (C)コクハク

「酔っ払って帰宅する前に、奥さんに送るLINEと浮気相手に送るLINEを間違えたことがあって……。それ以来、奥さんとのトークは一覧の一番上にくるようピン機能を使っています」(35歳男性)

「家族とのLINEをピンで固定してから、浮気相手に送るLINEと間違えなくなりました。固定の位置にトークがあるだけで、身体が覚えてくれるから、酒を飲んだあとでも誤送信せずに済んでいます」(49歳男性)

 こちらも誤爆を防ぎたい浮気男から人気の機能。確かに、位置が固定されていると、判断力が鈍っているときでも習慣でLINEできるため、誤送信は格段に減りそうです。

3:非表示+α

不倫相手とのトークは“非表示”に(C)コクハク
不倫相手とのトークは“非表示”に (C)コクハク

「不倫相手とのトークは、自宅に帰る直前に“非表示”にします。その前に、その子のLINE通知をオフにするのも欠かしません。毎回ブロックするのも面倒だし、とりあえず家にいるときにはこれでしのいでいます」(44歳男性)

「浮気相手のLINEが奥さんにバレないよう、以前はブロック機能を使っていたのですが、これだと設定中には、メッセージが届かないのが意外と不便で。

 それで最近は、まずは浮気相手のトークを非表示にしてから、全ての通知に“一定時間通知オフ”をすることにしました。

 自宅にいるときにくるLINEは、他の人からのものも緊急性が低いものが多いので、一切鳴らさなくしてからはスマホに触る時間も減り快適です」(47歳男性)

 トーク画面を“ブロック”ではなく“非表示”にすれば、再び表示された時に過去のトークが読めて、浮気男には便利なのでしょう。さらに別の機能との合わせ技により、妻に浮気を悟られないよう工夫しているようです。

まとめ

 浮気相手との連絡ツールとして、LINEを活用している男性も多いのが実情です。本来はもっとポジティブな目的で使われることを想定しているであろう機能の数々も、浮気男にとっては妻バレを防ぐための機能になってしまうようですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ