女遊びが激しい男ほど使いがちな「LINEの登録ネーム」3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-10-15 16:46
投稿日:2019-10-11 06:00
「私の彼、こっそりキャバクラに通ってる?」「私に隠れて、女遊びをしていたらどうしよう……」などと、パートナーに対して不安に思っている女性も少なくありません。
 実は、彼女や妻がいても、外で女性にモテたい男性ほど、LINEの名前にも特徴が…!?
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、女好きな男性ほど登録しがちなLINEネームをご紹介します。

1:あだ名

“身バレ”を防ぐために必死の努力(写真:iStock)
“身バレ”を防ぐために必死の努力 (写真:iStock)

 キャバクラの女性を狙っていたりナンパが好きな男性は、“身バレ”を防ぐために、フルネームでのLINE登録を避ける傾向も。

 そのため「ひろちゃん」「ゆうくん」など、まわりに呼ばれているあだ名をLINEに登録し、フルネームがバレないようにしている傾向も顕著です。

 こうすることで、フルネームを尋ねられても偽名を使いやすく、身バレせずに本命以外の女性と仲良くできると企んでいるのでしょう。

2:ひらがなorカタカナで上下どちらかの名前のみ

簡単だけどバレにくい(写真:iStock)
簡単だけどバレにくい (写真:iStock)

「ささもと」「ケンタロー」など、ひらがなやカタカナのみで名前の一部だけを登録している男性も、身バレ防止のためにわざとやっているケースが多々。

 特に、さまざまな漢字変換が予測できる名前の場合には、ひらがなやカタカナで登録することにより、本名表記をバレにくくしている可能性も高めです。

 偽名を使うわけではないので、呼ばれ慣れない名前に扮する必要がなく、とはいえ、素性がバレにくいので、彼らにとっては便利なのでしょう。

3:まったく名前と関係ない名称

浮気の証拠がぞろぞろと出てきたりして…(写真:iStock)
浮気の証拠がぞろぞろと出てきたりして… (写真:iStock)

「ビッグドリームを掴む男」や「しがないおじさんです」などの、名前とはなんらの関係もない名称を登録している男性も、自分の身分や本性を明かしたくないタイプが多い傾向です。

 一見すると、ネタのように見え、ユーモアで登録しているようにも思いがちなのですが、実はその裏には「身バレせずに女遊びをしたい」という邪な感情が潜んでいる場合もチラホラ。

 お調子者的な男性に多い登録名ですが、見た目の和やかさに騙されると、とんでもない目に遭うかもしれません。

まとめ

 もちろん言うまでもなく、こういった登録名の男性の全員が「女遊びが激しい」とは断定はできません。しかし、もはやメールよりもカジュアルな連絡ツールとして一般的になっているLINEは、仕事でも使うシーンが増えているだけに、本名で登録している人も多め。

 そして、これらの特徴に加え、アイコン画像に自分の写真を使わない場合は、さらに遊び人リスクが高いと見ていいでしょう。

「どこの誰だか、断定されると困る」の事情がなければ、あえて複雑な登録をする必要はないですよね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ
女性から誘うのはアリ?男性が喜ぶ夜の誘い方&NG行動♡
 女性から男性に夜のお誘いをするのは、なかなか勇気がいるもの。「断られたらどうしよう」「ドン引きさせるのでは?」と不安に...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:05 ラブ
もし離婚したらこのまま…再婚を迫る浮気相手に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.66〜女性編〜」では、夫の浮気が発覚し、別居までは進んだものの、離婚には応じてもらえず苦悩を...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
夫は浮気相手と同棲中も…離婚話が進まず苦悩を抱える女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-11-27 06:00 ラブ
男性は女性の涙に弱いとは限らない? 状況で変わる男性心理
 昔から、男性は「女性の涙に弱い」と言われてきました。でも実は、“女性の涙”といっても、状況によって男性が感じる感情は大...
恋バナ調査隊 2021-11-27 06:00 ラブ
“縁がある人”って? 5つの特徴&出会いのタイミング♡
 あなたは今まで、「この人とは、なんだか不思議と縁を感じる……」と思った経験はありますか? そんなふうに“縁”を感じられ...
恋バナ調査隊 2021-11-26 06:00 ラブ