子宮頸がん「異形成」が出て私がHPVワクチンを接種するまで

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-01-14 06:27
投稿日:2020-01-14 06:00
 私が婦人科検診で「異常あり」という診断を受けたのは25歳の時でした。それまで一度も考えたこともなかった「子宮頸がん」という病気について、やっとしっかり考えるようになり、子宮頸がんを予防するワクチンの存在を知ったのは2年後のこと。これから子どもが欲しいと考える女性全員に伝えたい、子宮頸がんのワクチン「HPVワクチン」のお話です。

多くの先進国で公的接種対象のワクチンだけど…

ワクチンの副反応が問題になったことも…(写真:iStock)
ワクチンの副反応が問題になったことも… (写真:iStock)

 子宮頸がんの原因となる「HPVウイルス」。その予防ワクチンは、世界保健機関(WHO)が接種を推奨し、多くの先進国で公的接種の対象となっています。

 日本でも12歳から16歳の女子がHPVワクチンを公費で接種する定期接種対象となっていますが、日本では積極的な接種がされていないのが現状です。

 厚生労働省のリーフレットには<接種に当たっては、有用性とリスクを理解した上で受けてください>と明記されています。 

 筆者も両親の決断で未成年の時点でワクチンの接種をせず、25歳になって「子宮頸がん異形成」という診断を受けました。

 当時の私といえば、診断を受けて2、3カ月は、子宮頸がんのことをネット検索しては将来を憂いふさぎ込む……という生活でした。

「頸がんが進んで、切除手術になってしまったらどうしよう」「私は子どもが産めなくなってしまったのではないだろうか」「なぜ両親は私にワクチンを接種させてくれなかったのか」

 両親も、私にワクチンを接種させなかったことを悔やんでいました。当時を振り返って私の母はこう話しました。

「だって、あなたが子どもだった2000年代の頃、HPVワクチンの接種で倒れた子どもがいたのよ。何かあったらどうしようと思ってしまったの」

 HPVワクチンには副反応として、少ないながらも痛みや失神などの症状が出ることがあり、それが大きく報道された00年代、私の両親もそれを知りワクチンの接種をやめてしまったということなのでした。(参照→厚生労働省のHP

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 1回目のデートのお誘いはくるものの……なぜか2回目につながらない。この後展開はあるの? ないの? とモヤモヤした気持ち...
FILM
 寒い日が続くけど、風もなく穏やかな日。  きょうは、港で出逢ったにゃんたま君の絶妙なチラリズムです。  友...
FILM
 日本では多くの社会人が、運動不足だと言われています。一日の多くの時間を占める「仕事」においても、ひと昔前とは随分と事情...
FILM
「お花が好きなのにお花屋さんには行きたくない!」ちょっとした宴席で、初めてお会いする方からだいぶ衝撃的なお言葉をいただき...
FILM
 やわらかい日差しと蒼い空。  そんな朝はカメラを持って『にゃんたまω散歩』に出かけよう。  にゃんたま君に...
FILM
「何かあったわけでもないのに、なんとなく憂鬱な気持ちが抜けない……」  それはもしかしたら軽度な鬱かもしれません。冬は...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 私はお酒があまり強くなくてほぼ飲まないのですが、飲み会やデートをすると「飲まないの? 飲んだほうがいいよ!」と無理やり...
FILM
 私もそろそろ、にゃんたまωのプロになってきたので、  隙間からチラっと見える感じで、どんな立派なものが存在するの...
FILM
 恋愛や人間関係に思い悩んだ末、意見を聞いてみたくなって誰かに秘密を打ち明けたことがある方は多いでしょう。でも、うっかり...
FILM
 都内のナンパの聖地として長く君臨する銀座・コリドー街。最近では恵比寿に追い上げられ、東京の出会いの街は激戦となっていま...
FILM
 昨年末の紅白歌合戦をご覧になった方、大変多いと思います。ワタクシは仕事中でございましたので、お正月にゆっくりと拝見させ...
FILM
 子どもの頃、「今日が終わってほしくない」と思ったことがある人は多いでしょう。でも、社会人になって5年も過ぎると、「最近...
FILM
 この世で一番かわいい球体ってなあに?  それは、にゃんたまω!  きょうは、ブロック塀の上を歩いてやってき...
FILM
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に...
FILM
 好きな人ができると舞い上がってどんどん攻めちゃいますよね。多くの女性はゆっくり恋愛をしている暇なんてないですし、ダメだ...