子宮頸がん「異形成」が出て私がHPVワクチンを接種するまで

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-01-14 06:27
投稿日:2020-01-14 06:00
 私が婦人科検診で「異常あり」という診断を受けたのは25歳の時でした。それまで一度も考えたこともなかった「子宮頸がん」という病気について、やっとしっかり考えるようになり、子宮頸がんを予防するワクチンの存在を知ったのは2年後のこと。これから子どもが欲しいと考える女性全員に伝えたい、子宮頸がんのワクチン「HPVワクチン」のお話です。

多くの先進国で公的接種対象のワクチンだけど…

ワクチンの副反応が問題になったことも…(写真:iStock)
ワクチンの副反応が問題になったことも… (写真:iStock)

 子宮頸がんの原因となる「HPVウイルス」。その予防ワクチンは、世界保健機関(WHO)が接種を推奨し、多くの先進国で公的接種の対象となっています。

 日本でも12歳から16歳の女子がHPVワクチンを公費で接種する定期接種対象となっていますが、日本では積極的な接種がされていないのが現状です。

 厚生労働省のリーフレットには<接種に当たっては、有用性とリスクを理解した上で受けてください>と明記されています。 

 筆者も両親の決断で未成年の時点でワクチンの接種をせず、25歳になって「子宮頸がん異形成」という診断を受けました。

 当時の私といえば、診断を受けて2、3カ月は、子宮頸がんのことをネット検索しては将来を憂いふさぎ込む……という生活でした。

「頸がんが進んで、切除手術になってしまったらどうしよう」「私は子どもが産めなくなってしまったのではないだろうか」「なぜ両親は私にワクチンを接種させてくれなかったのか」

 両親も、私にワクチンを接種させなかったことを悔やんでいました。当時を振り返って私の母はこう話しました。

「だって、あなたが子どもだった2000年代の頃、HPVワクチンの接種で倒れた子どもがいたのよ。何かあったらどうしようと思ってしまったの」

 HPVワクチンには副反応として、少ないながらも痛みや失神などの症状が出ることがあり、それが大きく報道された00年代、私の両親もそれを知りワクチンの接種をやめてしまったということなのでした。(参照→厚生労働省のHP

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


燃えるように美しい…炎の花「グロリオサ」の簡単アレンジ法
 ワタクシ、残念ながら子供に恵まれず、子供がいないゆえ他人の子供を可愛がっております。花屋とお花の講師をしていますが、生...
職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
うらめしポーズでごめんにゃさい…ツボ刺激中の“にゃんたま”
 きょうは、電池切れ……? うらめしポーズのにゃんたまω君に出逢いました。  こんなにゃんたま君が道に落ちていたら...
相模原北公園で雨上がりの紫陽花を愛でる 2021.6.14(月)
 雨は大嫌いだけど紫陽花は好きです。とある日曜日に、紫陽花見物としゃれこんでみました。
のめり込んでない? 占いや風水との“上手な付き合い方”って
 例えば好きな人と別れてしまったり、仕事がうまくいかない日が続いた時、自分の運気を調べた経験はありませんか? 私はけっこ...
猫飼いたいけどお金が心配…固定費用は?ペット保険は必要?
「猫を飼うのにどのくらいお金がかかるの?」とたまに聞かれますので、改めてまとめてみようと思います(野良猫譲渡時のお迎え費...