子宮頸がん「異形成」が出て私がHPVワクチンを接種するまで

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-01-14 06:27
投稿日:2020-01-14 06:00
 私が婦人科検診で「異常あり」という診断を受けたのは25歳の時でした。それまで一度も考えたこともなかった「子宮頸がん」という病気について、やっとしっかり考えるようになり、子宮頸がんを予防するワクチンの存在を知ったのは2年後のこと。これから子どもが欲しいと考える女性全員に伝えたい、子宮頸がんのワクチン「HPVワクチン」のお話です。

多くの先進国で公的接種対象のワクチンだけど…

ワクチンの副反応が問題になったことも…(写真:iStock)
ワクチンの副反応が問題になったことも… (写真:iStock)

 子宮頸がんの原因となる「HPVウイルス」。その予防ワクチンは、世界保健機関(WHO)が接種を推奨し、多くの先進国で公的接種の対象となっています。

 日本でも12歳から16歳の女子がHPVワクチンを公費で接種する定期接種対象となっていますが、日本では積極的な接種がされていないのが現状です。

 厚生労働省のリーフレットには<接種に当たっては、有用性とリスクを理解した上で受けてください>と明記されています。 

 筆者も両親の決断で未成年の時点でワクチンの接種をせず、25歳になって「子宮頸がん異形成」という診断を受けました。

 当時の私といえば、診断を受けて2、3カ月は、子宮頸がんのことをネット検索しては将来を憂いふさぎ込む……という生活でした。

「頸がんが進んで、切除手術になってしまったらどうしよう」「私は子どもが産めなくなってしまったのではないだろうか」「なぜ両親は私にワクチンを接種させてくれなかったのか」

 両親も、私にワクチンを接種させなかったことを悔やんでいました。当時を振り返って私の母はこう話しました。

「だって、あなたが子どもだった2000年代の頃、HPVワクチンの接種で倒れた子どもがいたのよ。何かあったらどうしようと思ってしまったの」

 HPVワクチンには副反応として、少ないながらも痛みや失神などの症状が出ることがあり、それが大きく報道された00年代、私の両親もそれを知りワクチンの接種をやめてしまったということなのでした。(参照→厚生労働省のHP

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


権力者の威勢をアピール!ボスのクールな横チラ“にゃんたま”
 きょうは、昨年秋のにゃんたまωの思い出。  ボスにゃんたま君は、怒っているのでもケンカをしようとしているわけでも...
9月20日~9月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ほっこりに感謝♡ おじいちゃんから届いた大爆笑LINE5選
 長い月日を生き抜いてきたおじいちゃんたちは、深い洞察力や豊富な経験を武器に、どんな新しい時代にも対応していく強さを持っ...
佐久間由衣×奈緒 運命の共演!<後>“脳内結婚したい”相手は?
 ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)での桐山梨沙役を好演し、注目度上昇中の佐久間由衣さん(26)が主...
佐久間由衣×奈緒 運命の共演!<前>お互いの愛を伝え合って…
 ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系)での桐山梨沙役を好演し、注目度上昇中の佐久間由衣さん(26)が主...
裏の顔にドン引き…女友達から届いたマウンティングLINE5選
 上から目線でものを言ったり、自分のほうが優位であることを示そうとする「マウンティング女子」。でも、本人には悪気がないこ...
仕事にも恋愛にも使える!最強ツール“マインドマップ”とは?
 消化しなければいけないタスクがたまってしまった時、皆さんはどうやって整理していますか? 私は学生の時に語学の勉強で使っ...
来年カレンダーの表紙モデル!イケメン“にゃんたま”の立ち姿
 ご好評につきまして、来年のにゃんたまカレンダーが出来上がりました。  きょうは、「開運!にゃんたまカレンダー20...
コロナ禍の敬老の日に何を贈る? ド定番アイテムとその理由
「私ってそんなに老けて見えるのかしら?」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋。ご来店なさったお客様から会うなり質問され...
嫌われない?大丈夫? 友達に送ったドタキャン連絡LINE5つ
「今日の予定、面倒臭い。ドタキャンしたいなぁ……」と思うことってありますよね。そんな時、「どんな言い訳で断ったら、不自然...
他人の服を汚した時の4つの対処法!トラブルを避けるには?
 うっかり飲み物をこぼしてしまったなどで、他人の服を汚してしまうと焦りますよね。特に、相手が激しく怒ってしまった場合には...
9月13日~9月19日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”のあとを追って思い出す…ジブリ映画の名ゼリフ
 きのうもきょうも、にゃんたまωのあとを追う!  私はたまに、ジブリ映画「耳をすませば」の“ある台詞”を思い出しま...
“攻める女”瀧内公美<後>「褒められると危険を感じてしまう」
 女優、瀧内公美さん(31)の主演映画『由宇子の天秤』が、9月17日より渋谷ユーロスペースにてロードショー(ビターズ・エ...
“攻める女”瀧内公美<前>「このままでは役者生命が続かない」
 映画『火口のふたり』(2019年、R18+指定)で柄本佑さん(34)と主演を務め、第93回キネマ旬報ベスト・テン主演女...
ダイソーの「もしもノート」を買ってみた 2021.9.12(日)
 先日、ダイソーで「もしもノート」なる商品を見つけました。  その名の通り「もしも」の時に備え、自分の情報を記すも...