夫には地獄でしかない 鬼嫁と過ごした悲惨すぎる正月休暇3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-01-11 08:18
投稿日:2020-01-11 06:00
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁と過ごした悲惨すぎる年末年始休暇のエピソードをご紹介します。

1:屁リクツこねて帰省拒否

たまの帰省を拒否されて…(写真:iStock)
たまの帰省を拒否されて… (写真:iStock)

「片親で俺を育ててくれた母は、病気になったことと年齢のせいで気弱になっていて、俺的にはかなり心配なんです。それで、お正月休みには、妻と一緒に母の様子を見に行きたかったんですが、帰省の相談をしたら妻が許してくれず、参りました。

『年をとれば誰でも気弱になる。心配だからって帰省すれば、お義母さんが調子に乗って、私たちに介護させる気になるかもしれないから、ここは断固として冷たくすべき』が妻の主張だったんですけど……。うまいこと言って面倒な帰省を避けたいだけなのがミエミエだし、心底冷たい女だと呆れましたよ。

 結局、俺一人での帰省も許されなかったので、休暇明けの3連休に妻には仕事と嘘をついて親の様子を見に行くつもりです」(42歳男性/専門職)

 鬼嫁ならではの屁理屈のせいで、帰省すらできないとは、かなり厄介ですよね。言い返したところで更なる屁理屈が返ってきそうなだけに、夫も頭を抱えるしかないのでしょう…。

2:新年早々ボロボロの身なり

初売りで小物を新調しようと思っていたけれど(写真:iStock)
初売りで小物を新調しようと思っていたけれど (写真:iStock)

「うちは嫁が家計を管理しています。それで、年末年始の初売りでは、自分のものは買うくせに、俺のものはアレコレと理由をつけて何も買えずじまいでした。

 初売りに行ったとき、本当は仕事用のベルトと靴下が欲しかったんですが、嫁は『ベルトは年季が入っていたほうが、ベテランぽくて仕事ができる人に見えるでしょ』『営業なんだから、靴下はすり減っていたほうが本気っぽい』と主張し、一切、新調を許してくれませんでしたね……。

 僕はボロボロの身なりは営業職にはNGだと思うんですが、ウチの嫁には一般論は通じないみたいです。おかげで新年早々、ボロボロの身なりで仕事してますよ」(36歳男性/不動産)

 夫にはボロボロの格好をさせ、その分のお金で自分だけ着飾るのは、鬼嫁の常とう手段。仕事にも悪影響が出そうなほど、徹底して夫のものにお金を使わないとは、鬼嫁としか言いようがありません。

3:元日から掃除で償わされて…

新年早々ひとりで掃除する空しさよ(写真:iStock)
新年早々ひとりで掃除する空しさよ (写真:iStock)

「もともと性格のきつい嫁でしたが、子供ができてからは、俺への風当たりは台風並みです。今年の正月休みは、俺的にはゆっくりしたかったのに許されず、妻からエアコン掃除と床のワックスがけを元日から命じられ、疲れる正月でした。

 妻からは『年末にはあなたが仕事のせいで大掃除できなかったんだから、三が日を使って償え』と言われ、しぶしぶ掃除しましたけど……。SNSを見ていて、みんなが正月モードでまったりしているのに、俺だけ朝から掃除をさせられていた現実に、かなり虚しくなりました。

 もちろん、妻は『やって当然』って態度で、そんな俺をねぎらってくれる言葉もありませんでした」(34歳男性/IT)

 三が日くらいはゆっくり過ごしたいのも人情ですが、鬼嫁がいると、それすらも許されない場合があるようです。SNSを通じて知る周囲の人たちと自分の落差に、愕然としても無理はありません。

  ◇  ◇  ◇

 鬼嫁ほど、夫がお正月休暇を楽しく過ごせなくても、自分には関係ないのでしょう。お正月早々、悲惨な体験を強いられた夫たちには、同情しかありませんよね…。

ラブ 新着一覧


FILM
「大人の恋愛」というと、映画や小説に出てくるような甘美な世界を想像する方もいるでしょう。でも、そんな大人の恋愛は、心がけ...
リタ・トーコ 2020-01-28 06:00 ラブ
FILM
「20代の合コン離れ」がまことしやかに囁かれている昨今。日本合コン協会会長の私としては、もっと盛んに合コンをしてほしいと...
田中絵音 2020-01-28 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁がつくる家庭ルールの中には、思わず夫に同情したくなるほど過酷なものも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-27 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼がいます。付き合う前や付き合い始めの頃はLINEを頻繁にしていました。必ずどちらかから〈おはよう〉...
神崎メリ 2020-01-26 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。私の相談室に来られる方の3大テーマは、「浮気された」「離婚を考えている」「彼...
山崎世美子 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁には、夫に容赦なくダメ出しをするタイプも少なくありません。  魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とす...
並木まき 2020-01-25 06:00 ラブ
FILM
 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。 ...
しめサバ子 2020-01-24 06:00 ラブ
FILM
 恋のライバルが出現した時、誰もが心穏やかではいられないはず。しかも相手が年下の女性だった場合、勝てる気がしないと感じる...
内藤みか 2020-01-24 08:38 ラブ
FILM
 なぜ男性は、彼女と毎日LINEするのを嫌がるのでしょう。LINEの頻度の認識の違いで、大きなケンカになってしまうカップ...
ミクニシオリ 2020-01-23 16:31 ラブ
FILM
「恋愛と仕事の両立ができない……」、そんな悩みを抱えていませんか?中には、「仕事ができなくなるから恋愛しない!」というキ...
孔井嘉乃 2020-01-25 07:57 ラブ
FILM
 ドM男性なんて本当にいるの?と思われがちですが、実はたくさんいます!でも、相手がSかMかなんて、一目見ただけで見抜くこ...
リタ・トーコ 2020-01-22 06:00 ラブ
FILM
「類は友を呼ぶ」とも言われるように、鬼嫁のまわりには鬼嫁が集まるケースも少なくないようです。  魑魅魍魎(ちみもうりょ...
並木まき 2020-01-21 06:00 ラブ
FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ