夫には地獄でしかない 鬼嫁と過ごした悲惨すぎる正月休暇3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-21 17:34
投稿日:2020-01-11 06:00
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、鬼嫁と過ごした悲惨すぎる年末年始休暇のエピソードをご紹介します。

1:屁リクツこねて帰省拒否

たまの帰省を拒否されて…(写真:iStock)
たまの帰省を拒否されて… (写真:iStock)

「片親で俺を育ててくれた母は、病気になったことと年齢のせいで気弱になっていて、俺的にはかなり心配なんです。それで、お正月休みには、妻と一緒に母の様子を見に行きたかったんですが、帰省の相談をしたら妻が許してくれず、参りました。

『年をとれば誰でも気弱になる。心配だからって帰省すれば、お義母さんが調子に乗って、私たちに介護させる気になるかもしれないから、ここは断固として冷たくすべき』が妻の主張だったんですけど……。うまいこと言って面倒な帰省を避けたいだけなのがミエミエだし、心底冷たい女だと呆れましたよ。

 結局、俺一人での帰省も許されなかったので、休暇明けの3連休に妻には仕事と嘘をついて親の様子を見に行くつもりです」(42歳男性/専門職)

 鬼嫁ならではの屁理屈のせいで、帰省すらできないとは、かなり厄介ですよね。言い返したところで更なる屁理屈が返ってきそうなだけに、夫も頭を抱えるしかないのでしょう…。

2:新年早々ボロボロの身なり

初売りで小物を新調しようと思っていたけれど(写真:iStock)
初売りで小物を新調しようと思っていたけれど (写真:iStock)

「うちは嫁が家計を管理しています。それで、年末年始の初売りでは、自分のものは買うくせに、俺のものはアレコレと理由をつけて何も買えずじまいでした。

 初売りに行ったとき、本当は仕事用のベルトと靴下が欲しかったんですが、嫁は『ベルトは年季が入っていたほうが、ベテランぽくて仕事ができる人に見えるでしょ』『営業なんだから、靴下はすり減っていたほうが本気っぽい』と主張し、一切、新調を許してくれませんでしたね……。

 僕はボロボロの身なりは営業職にはNGだと思うんですが、ウチの嫁には一般論は通じないみたいです。おかげで新年早々、ボロボロの身なりで仕事してますよ」(36歳男性/不動産)

 夫にはボロボロの格好をさせ、その分のお金で自分だけ着飾るのは、鬼嫁の常とう手段。仕事にも悪影響が出そうなほど、徹底して夫のものにお金を使わないとは、鬼嫁としか言いようがありません。

3:元日から掃除で償わされて…

新年早々ひとりで掃除する空しさよ(写真:iStock)
新年早々ひとりで掃除する空しさよ (写真:iStock)

「もともと性格のきつい嫁でしたが、子供ができてからは、俺への風当たりは台風並みです。今年の正月休みは、俺的にはゆっくりしたかったのに許されず、妻からエアコン掃除と床のワックスがけを元日から命じられ、疲れる正月でした。

 妻からは『年末にはあなたが仕事のせいで大掃除できなかったんだから、三が日を使って償え』と言われ、しぶしぶ掃除しましたけど……。SNSを見ていて、みんなが正月モードでまったりしているのに、俺だけ朝から掃除をさせられていた現実に、かなり虚しくなりました。

 もちろん、妻は『やって当然』って態度で、そんな俺をねぎらってくれる言葉もありませんでした」(34歳男性/IT)

 三が日くらいはゆっくり過ごしたいのも人情ですが、鬼嫁がいると、それすらも許されない場合があるようです。SNSを通じて知る周囲の人たちと自分の落差に、愕然としても無理はありません。

  ◇  ◇  ◇

 鬼嫁ほど、夫がお正月休暇を楽しく過ごせなくても、自分には関係ないのでしょう。お正月早々、悲惨な体験を強いられた夫たちには、同情しかありませんよね…。

ラブ 新着一覧


恋愛モチベが上がらない…オトナ女子の恋ゴコロの高め方とは
 恋愛や結婚をしたくないわけじゃないんだけど、そこに至るまでが面倒くさい。恋活サービスもやり取りするのが億劫。気軽に遊ん...
若林杏樹 2021-01-27 06:00 ラブ
チャラい男と付き合うとどうなる? 特徴やあるあるを紹介!
 あなたの周りに、チャラい男はいますか? 一般的に「チャラい男」とは、女慣れしていて遊んでいそうな人のことを言います。も...
恋バナ調査隊 2021-01-27 06:00 ラブ
婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2021-01-26 06:00 ラブ
大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい...
恋バナ調査隊 2021-01-26 06:00 ラブ
ケンカの絶えない夫婦になる恐れも…「距離感」の相性とは
 人間関係を築く上でとても重要になってくる「距離感」。ここの価値観が合わないと、なかなか苦労することになります。距離感の...
七味さや 2021-01-25 06:00 ラブ
恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女...
恋バナ調査隊 2021-01-25 06:00 ラブ
彼は寂しくないの? 会えない時の不安を解消する5つの方法
「会えない時間が愛を育てる」なんて、恋愛の常套句がありますね。そうはわかっていても、実際彼に会えない時、不安な気持ちに苛...
孔井嘉乃 2021-01-24 06:00 ラブ
“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ