LINEが長すぎ!女子大生を困惑させたガラケー世代男の文章

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2019-09-10 06:51
投稿日:2019-09-10 06:00
 今や連絡手段といえば、LINEですよね! これまでをさかのぼれば、ガラケー時代にはメール、それ以前にはPHSやポケベルなんて時代も……!
 恋愛において、会っている時以外に関係性を進展させる重要なカギとなるのは、LINEでいかにうまくコミュニケ—ションを取るかになってくるので、連絡ツールの変化に対応することはとても大事ですね。
 今回は、年の差カップルの残念なLINEのやり取りで起きた、#ザン恋 エピソードをご紹介します。

46歳でもまだまだモテるSEの独身男性

40代男性の秘めた願望は…(写真:iStock)
40代男性の秘めた願望は… (写真:iStock)

 今回の主人公は、やり手のSEで大企業や国にも関わるような大きなプロダクトを手掛ける、46歳の独身男性・大蔵さん(仮名)。仕事もノリに乗っていて、お金にも時間にもある程度の余裕があるため、六本木・銀座・渋谷あたりのパーティーや合コンに幅広く顔を出していて、周りの人からは「大蔵さんって独身を謳歌してるよね」と思われていました。

 でも本人は内心、結構ガチで「早く結婚したい!」と焦っていました。だからこそ出会いには貪欲でした。

 それからもう一つ、大蔵さんには譲れないことがありました。それは……若い女の子が好きで“20代前半”にしか目がいかないこと!(これがせいぜい30代の男だったらまだ可能性はありそうなものの、40代後半でそれを言うと俄然ハードルが高くなるかと……)

 そんな大蔵さんの秘めた内情は、もちろん出会った女性たちは知る由もありません。「なんだか仕事がデキそうで、46歳には見えない(40歳くらいに見える)おしゃれメガネをかけた、素敵な年上独身男性」というイメージのもと、ほとんどの女性たちが大蔵さんと連絡先交換をしていきます。

 その中の一人、22歳の女子大生・愛ちゃん(仮名)が、大蔵さんとパーティーで知り合い、就活の相談話で盛り上がってLINE交換をして、後日2人で食事に行くことに。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM