「ファストフード大好き」コスパ女子ブランディングのススメ

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2020-01-24 06:00
投稿日:2020-01-24 06:00
お金を出すふりが得意な女子っているよね(写真:iStock)
お金を出すふりが得意な女子っているよね (写真:iStock)

 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。

 ツイッターなどのSNSでは、このテーマでインフルエンサーが言及するごとに大炎上。男女ともに不幸になる“悪魔のテーマ”だといえるでしょう。

 この背景には「男性は女性におごって当然」という考え方が徐々に廃れてきて、男女平等の意識がより浸透してきた状況があります。「女子におごるのは嫌だ」という男性は確実に増えてきており、今後の女性の「モテ戦略」を考えるにあたって、この観点を見過ごすことは一層できなくなっていくでしょう。

 そこで重要なのが、食事の「コスパ」を重視する姿勢です。

 日本は先進国の中でも、食事のコストパフォーマンスが高い国としても知られています。そんな日本に生まれ育った貴女のコスパ度は、常に男性側からチェックされているといっても過言ではないのです。

 しかしながら、「コスパ」感をどうアピールすれば良いかがわからない、という女性の方は多いのではないでしょうか?

 ご安心ください! 日本には「安い、美味い、早い」を体現するファストフードが数多く存在します。これらの店をセンスよく活用することで、貴女のモテ度も飛躍的にアップすること間違いなし!

 今回は、ファストフード活用によるモテ投稿アップテクニックをご紹介させていただきます!

サイゼリヤの裏メニューに詳しい

みんな大好きサイゼリヤ(写真:コクハク)
みんな大好きサイゼリヤ (写真:コクハク)

 日本におけるミシュラン最有力候補のイタリアンレストランといえば、「サイゼリヤ」。

 低価格ながら、その味のクオリティーは本場イタリア人も「ママンの味のようだ」と高く評価するとか。当然ながら、日本でも熱狂的なファンをサイゼリヤは数多く獲得しています。

 そんなサイゼリヤといえば、知る人ぞ知るのが“裏メニュー”の存在。例えば、「ディアボロ風スパゲティ」。

 サイゼリヤの定番メニュー「アーリオ・オーリオ」(なんと299円、安い!)にトッピングとして「トッピングディアボラ風ソース」を頼むと、裏メニューのディアボロ風スパゲティの完成! ディアボロの名前の通り、まさに悪魔的な美味しさです。

 ほかにも、さまざまなメニューの組み合わせで“魔改造”することにより、自分だけのオリジナルメニューを作ることができるのがサイゼリヤの魅力。このように、サイゼリヤを使いこなすリテラシーの高い女性であれば、きっとコスパ男子もその創意工夫にメロメロとなるでしょう。

松屋の期間限定メニュー情報を発信

(写真:コクハク)
(写真:コクハク)

 ファストフードはSNSに映えないと思っている方、それは大きな間違いです! SNSとも非常に相性のよいファストフードのコンテンツを大量生産しているお店も実はあるのです!

 その筆頭格が牛丼チェーンの松屋さん。

 例えば、去年の年末に出したビーフシチューが評判となり売り切れ続出。今年には、グルジア料理のシュクメルリを新メニューとして出すなど、常に新しいものを取り入れたアグレッシブなメニュー提案が人気に。これらの新メニューが出るたびに、Twitterでは話題にあがる人気のコンテンツなのです。

 こうした、ファストフードのメニュー情報をキャッチして発信する情報感度の高い貴女なら男子ウケも間違いなし。

「松屋で出た新メニューが気になる! 誰か一緒に食べに行ってくれないかなー?」

 などとつぶやけば、あなたへの好感度も急上昇です。

高そうなパンケーキ朝食はdisる

パンケーキに2000円も払いたくない…(写真:iStock)
パンケーキに2000円も払いたくない… (写真:iStock)

 そして、大事なのは、コスパ男子が嫌いそうなものはdisっておくことです。恋愛においては、攻撃と防御が重要。コスパ男子が嫌いそうなものは、とりあえず叩いておきましょう。

 例えば、やたらと高いパンケーキの朝食などはよいセレクト。

 牛丼チェーンの朝定は300円くらいで食べられるのに、パンケーキの高級モーニングは2000円くらいになってしまうのです。

 世界一の朝食は牛丼屋!という強い主張に、コスパ男子も“この子となら素晴らしい家庭を築くことができそうだ!”と将来の展望を考えることでしょう。

コスパって結局メリハリだよね

記念日はちゃんとそれなりのところに(写真:iStock)
記念日はちゃんとそれなりのところに (写真:iStock)

「でも、コスパコスパ言ってると、全然好きなものを食べられないのが嫌だなー」という方もいらっしゃるかと思います。

 ご安心を。コスパ男子は日常的な支出は嫌がりますが、記念日やちゃんとしたデートなどの非日常では高いご飯でもおごってくれたりするものです。うまくコントロールすれば、理想の彼になるかも?

 世の中に急増するコスパ男子を攻略して、素敵な恋愛ライフを手に入れましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ