「ファストフード大好き」コスパ女子ブランディングのススメ

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2020-01-24 06:00
投稿日:2020-01-24 06:00
お金を出すふりが得意な女子っているよね(写真:iStock)
お金を出すふりが得意な女子っているよね (写真:iStock)

 世界情勢がきな臭くなってきた感じがいたしますが、身近な世界における不毛な戦いの一つが、男女の「おごりおごられ論争」。

 ツイッターなどのSNSでは、このテーマでインフルエンサーが言及するごとに大炎上。男女ともに不幸になる“悪魔のテーマ”だといえるでしょう。

 この背景には「男性は女性におごって当然」という考え方が徐々に廃れてきて、男女平等の意識がより浸透してきた状況があります。「女子におごるのは嫌だ」という男性は確実に増えてきており、今後の女性の「モテ戦略」を考えるにあたって、この観点を見過ごすことは一層できなくなっていくでしょう。

 そこで重要なのが、食事の「コスパ」を重視する姿勢です。

 日本は先進国の中でも、食事のコストパフォーマンスが高い国としても知られています。そんな日本に生まれ育った貴女のコスパ度は、常に男性側からチェックされているといっても過言ではないのです。

 しかしながら、「コスパ」感をどうアピールすれば良いかがわからない、という女性の方は多いのではないでしょうか?

 ご安心ください! 日本には「安い、美味い、早い」を体現するファストフードが数多く存在します。これらの店をセンスよく活用することで、貴女のモテ度も飛躍的にアップすること間違いなし!

 今回は、ファストフード活用によるモテ投稿アップテクニックをご紹介させていただきます!

サイゼリヤの裏メニューに詳しい

みんな大好きサイゼリヤ(写真:コクハク)
みんな大好きサイゼリヤ (写真:コクハク)

 日本におけるミシュラン最有力候補のイタリアンレストランといえば、「サイゼリヤ」。

 低価格ながら、その味のクオリティーは本場イタリア人も「ママンの味のようだ」と高く評価するとか。当然ながら、日本でも熱狂的なファンをサイゼリヤは数多く獲得しています。

 そんなサイゼリヤといえば、知る人ぞ知るのが“裏メニュー”の存在。例えば、「ディアボロ風スパゲティ」。

 サイゼリヤの定番メニュー「アーリオ・オーリオ」(なんと299円、安い!)にトッピングとして「トッピングディアボラ風ソース」を頼むと、裏メニューのディアボロ風スパゲティの完成! ディアボロの名前の通り、まさに悪魔的な美味しさです。

 ほかにも、さまざまなメニューの組み合わせで“魔改造”することにより、自分だけのオリジナルメニューを作ることができるのがサイゼリヤの魅力。このように、サイゼリヤを使いこなすリテラシーの高い女性であれば、きっとコスパ男子もその創意工夫にメロメロとなるでしょう。

松屋の期間限定メニュー情報を発信

(写真:コクハク)
(写真:コクハク)

 ファストフードはSNSに映えないと思っている方、それは大きな間違いです! SNSとも非常に相性のよいファストフードのコンテンツを大量生産しているお店も実はあるのです!

 その筆頭格が牛丼チェーンの松屋さん。

 例えば、去年の年末に出したビーフシチューが評判となり売り切れ続出。今年には、グルジア料理のシュクメルリを新メニューとして出すなど、常に新しいものを取り入れたアグレッシブなメニュー提案が人気に。これらの新メニューが出るたびに、Twitterでは話題にあがる人気のコンテンツなのです。

 こうした、ファストフードのメニュー情報をキャッチして発信する情報感度の高い貴女なら男子ウケも間違いなし。

「松屋で出た新メニューが気になる! 誰か一緒に食べに行ってくれないかなー?」

 などとつぶやけば、あなたへの好感度も急上昇です。

高そうなパンケーキ朝食はdisる

パンケーキに2000円も払いたくない…(写真:iStock)
パンケーキに2000円も払いたくない… (写真:iStock)

 そして、大事なのは、コスパ男子が嫌いそうなものはdisっておくことです。恋愛においては、攻撃と防御が重要。コスパ男子が嫌いそうなものは、とりあえず叩いておきましょう。

 例えば、やたらと高いパンケーキの朝食などはよいセレクト。

 牛丼チェーンの朝定は300円くらいで食べられるのに、パンケーキの高級モーニングは2000円くらいになってしまうのです。

 世界一の朝食は牛丼屋!という強い主張に、コスパ男子も“この子となら素晴らしい家庭を築くことができそうだ!”と将来の展望を考えることでしょう。

コスパって結局メリハリだよね

記念日はちゃんとそれなりのところに(写真:iStock)
記念日はちゃんとそれなりのところに (写真:iStock)

「でも、コスパコスパ言ってると、全然好きなものを食べられないのが嫌だなー」という方もいらっしゃるかと思います。

 ご安心を。コスパ男子は日常的な支出は嫌がりますが、記念日やちゃんとしたデートなどの非日常では高いご飯でもおごってくれたりするものです。うまくコントロールすれば、理想の彼になるかも?

 世の中に急増するコスパ男子を攻略して、素敵な恋愛ライフを手に入れましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ