初心者必見! アナタに合う良い花屋をみつけるポイント5選

斑目茂美 開運花師
更新日:2020-01-31 18:44
投稿日:2020-01-25 06:00

衝撃的なお言葉を賜る

横浜ディープな場所にあるオモチャ箱みたいな友人の店「花日和」
横浜ディープな場所にあるオモチャ箱みたいな友人の店「花日和」

「お花が好きなのにお花屋さんには行きたくない!」ちょっとした宴席で、初めてお会いする方からだいぶ衝撃的なお言葉をいただきました。

「どうして?」と聞けば「買ってもお花が瞬時に枯れちゃうの。何度買ってもあまりの枯れっぷりに可哀想すぎてやめた」とおっしゃる。加えて「お花屋さんの接客方法が気になる」とのご意見も。

 これは聞き捨てならんぞ! と耳を傾けてみれば、なるほど、花屋であるワタクシにとっては参考になるご意見ばかり……。

 こういう「お花屋さん難民」は世の中たくさんいらっしゃるのかもしれないな……となんだかワタクシ悲しくなってしまいました。先日も某ファッション雑誌編集長がおっしゃってました。「エレ女には花は必須アイテム」だと。エレ女でなくても花を飾ることで女性に若さと良い運気をもたらすと申します。

 女性としてはだいぶ損をしている「お花屋さん難民」のアナタ。ここでぜひ「花屋苦手」を解消していただきたい!行きつけのお花屋さんでのこなれたアナタの立ち居振る舞いは、なんだか女性としても「イケてる感」ハンパないですわよ。

 ……ということで、今回は「アナタに合ったお花屋さんの見つけ方」の解説でございます。

まずは花屋さん巡りからはじめましょ

 お花屋の店構えは本当にさまざま。まるでブティックのようにオシャレに洗練されたお店もあれば、綺麗ではなくてもオーナーさんの心意気がそのまま店構えに反映したような人情味あふれるお店もございます。実はお花屋さんは立地場所や目指す方向性によって、お店のあり方がだいぶ異なるのでございます。

 とはいえお花屋さん活用初心者の方にとっては同じ「花屋」というくくりのお話。違いなんてわからんわぃ! でしょうね。初心者の方が共通して思っていることは「花屋はなんだか敷居が高くて入りづらい」ということ。オシャレであればある程なんだか恥ずかしくて入りづらい、あるいは店員さんの距離が近すぎて入りづらい、どんなやり方で花を買えばいいのかわからない……もっと言えば、花を詳しく知らないことを店員さんにバカにされちゃうんじゃないかと思って買いづらいなどなど……。

「そうそう!」とうなずいているアナタ。ご安心ください。どんなお店構えであれ、そこで働く人はみな初来店のアナタにお花の素敵さを教えたくてウズウズしながら待っているのでございます。敷居が高いくらいでお花のない生活を送るなんて人生もったいない! 艶のある、イケてる女に花は不可欠なのでござんすよ! アナタのセンスに合うお花屋さんはきっとございます。ここは希望をもってアナタに合うお店を探す「お花屋さん巡り」をしてみてはいかがですか?

ライフスタイル 新着一覧


ルノルマン占い~12月の恋愛運~理想の関係に近づける人は
 ルノルマンとは18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トランプが起...
幸運の花はいつも太陽を見つめてる!何事にも強靭“スナップ”
 ワタクシがお花屋さんになって間もないの頃のお話でございます。  当時、結婚式装飾花スタッフとして働いていたワタク...
離婚→再婚はセット? 再婚願望のないシングルマザーが考える
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月29日~12月5日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
無防備さがたまらない♡ほよよ顔と“にゃんたま”の豪華セット
 きょうは、猫ヨガポーズで入念に毛繕いしているところ、「にゃんたまω見せてください!」と、お願いしました。  この...
「おこもりキャンプ」レポ 2021.11.28(日)
 昨今のキャンプブームと“三密回避”の需要が相まって、人気沸騰中の「おこもりキャンプ」。今回は、埼玉県越生町にあるビオリ...
お金が貯まらない…貯金できない人の特徴&貯蓄する方法6つ
 社会人になれば自分で稼いだお金で好きな物を買い、生活することになります。収入は人によって異なりますが、中には、「なかな...
お母さんのおもしろ誤字LINE5選!なんでそうなっちゃった?
 現代の家族間での連絡手段といえば、やはり主流は「LINE」でしょう。そんな家族LINEには、面白い内容がたくさん! 特...
デキる大人は見逃さない!メンタルが弱っているサイン6選
 あなたは自分のことをどのくらいよく分かっているでしょうか。私はそろそろ大人歴(20歳が大人のスタート)が10年になろう...
ぐっすり眠る“にゃんたま”をクンクン…乙女心の行方は?
 きょうは、無防備に眠るにゃんたま君に忍び寄る……の巻。  ゆっくりゆっくり、にゃんたまωにそ~っと顔を近づけるの...
アナタの観葉植物は大丈夫? 不調の原因&冬のお手入れ3カ条
 今年もなんだかんだで残すところ、あと1カ月ちょっと。  思えばほとんどが緊急事態宣言下だった今年、ようやく少し賑...
息子のお友達から“シングルマザーだもんね!”と言われた日
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
11月22日~28日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力を熟知! クールな視線がかっこいい“にゃんたま”
 カッコいいにゃんたまωポーズ、クールな視線、キマッてるね!  にゃんたま君は自分の魅力を知っていて、写真の撮られ...
多頭飼いは“つかず離れず”がちょうどいい 2021.11.21(日)
 我が家には2匹の猫がいます。マンチカンのもん様こと主水、スコティッシュフォールドのこっちゃんことコロナ。  もん...
恥ずかしすぎて消えたい…職場グループに送った誤爆LINE5選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...