飛行機の中で意識を失い…突如浮上した「バセドウ病」の疑い

めりぃ(つけものがかり) 編集者
更新日:2020-01-15 06:00
投稿日:2020-01-15 06:00
 女性ではおよそ30〜60人にひとり、男性ではおよそ50〜100人に1人がかかると言われている甲状腺疾患。圧倒的に女性に多い疾患として知られるバセドウ病は、甲状腺機能が亢進する病気で、動悸や発汗、めまいや悪心(おしん)、体重減少に筋力低下など、その症状は全身に及びます。
 現代医療での治療法は投薬・アイソトープ・外科的手術の3種類とされ、多くの患者は投薬治療で寛解を目指します。
 これは、投薬治療の末に、手術で甲状腺を全摘し完治に至った筆者が、2年間の闘病生活を振り返るドキュメンタリーです。

離陸直前に私を襲った激しい動悸

なんとも言えないクラクラ感が…(写真:iStock)
なんとも言えないクラクラ感が… (写真:iStock)

「大丈夫ですか!」

 自分が軽く気を失っていたと気づいたのは、客室乗務員の慌てた声を聞いたときでした。

 その日の私は出張で、ふだんより朝早くに起きて家を出たのですが、起床後すぐに耳鳴りや悪心(おしん)が続いていて、なんとなく普段とは違う不調を感じていました。

 空港に向かうタクシーの車内でも、なんとなくカラダがふわふわしていて「風邪か、疲れかしら……」と不安があったものの、仕事だからと、ちょっと無理をして家を出たのです。

 本格的に具合が悪くなったのは、飛行機の座席に座り、ひと息ついたタイミング。

 なんとも言えない頭のクラクラ感と悪心があり、吐き気までは行かないものの頭に薄い膜がかかったような変な感じで、さらには、座っているだけなのに心臓のドキドキが止まらず、「これって、ちょっとヤバいやつかも?」と感じた矢先、時間は短いながらも気を失ってしまったのです。

 ちょうど飛行機のドアが閉まり、駐機場から離陸に向けて発進したときで、客室乗務員が荷物とシートベルトの確認で機内をチェックしているときに、真っ青な顔でグッタリとしていた私を発見してくれたのでした。

「あー……。すみません、なんかとても気分が悪くて。今も頭が痛くて、ふわふわして変な感じです」と私。

 客室乗務員は「持病はありますか? このまま飛ぶと不安でしたら、おっしゃってください」と提案してくれました。

「……少し不安です。降りられるなら、降りたいです」と素直な気持ちを伝えると、その客室乗務員は私の降機のためにテキパキと準備をしてくれました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「悪夢を見ない方法」4選 毎晩ぐっすり眠れないのはなぜ?
 毎晩悪夢にうなされてぐっすり眠れない人は、日常生活になんらかのストレスを抱えている可能性があります。  そこで今回は...
【無印良品】手軽な「日干しかご」見ーっけ!2022.8.6(土)
 天日干しして作る自家製「干し野菜」への関心は高まるばかり。野菜を無駄なくおいしく使い切る、調理方法の幅は広がる、そして...
「慰謝料やばいらしい」秘密情報も暴露!お局様のウザいLINE
 どんな会社にも、古くから居座るお局がいるものですよね。長く会社にいるお局は、いい人もいるのですが、中には態度が大きくな...
正直しんどい!メンタル不調の人に逆ギレされたらどうする?
 コロナ禍もあってか、ここ数年で急激にメンタルケアや心の病気に関する本やニュースが増えた気がします。  悩みを抱えてい...
これがないと困る!パルシステムのお勧め3品 2022.8.4(木)
 2人目の出産と引っ越しをきっかけにパルシステムに加入した我が家。「パルシステムがなければ、日々の食卓が成り立たない」と...
“たまたま”撮影は地面に腹ばいで!猫からの思わぬご褒美も♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
新盆の最新マナーを解説!猛暑&コロナ禍で故人を偲ぶには…
 8月になりました。  猫店長「さぶ」率いる我が花屋にも、ワクワクな夏休みがやってまいります。ですが、夏休みの直前...
「先生、会えそう♡」修羅場不可避!ズル休みが招く誤爆LINE
 みなさんは会社をズル休みしたことがありますか? 世の中には「浮かれ気分のズル休み」が原因で、身を滅ぼしてしまった人もい...
「40代ならではの終活」時間を味方に5つの取組みから始める
 終活は「高齢者がするもの」と思っている人が多いでしょう。中には「終活を考えるのは悲しい……」と感じる人もいるかもしれま...
あなたは受け恋?追い恋? 8月1日~8月7日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...