「僕が離婚を決めた原因は…」鬼嫁に愛想を尽かした男の真実

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-11-13 18:13
投稿日:2019-05-11 06:00
 離婚した男女の双方から話を聞くと、同じ出来事への認識が大きく異なることも珍しくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、夫が「元妻は鬼嫁」と認識し、離婚へと突き進む発端となった出来事から、まずは夫の言い分を3選ご紹介します。

1:『好みじゃないから』と実家の気持ちを踏みにじる妻

夫と妻で違ってくる離婚の原因とは(写真:iStock)
夫と妻で違ってくる離婚の原因とは (写真:iStock)

「離婚した妻は、とにかく僕の実家へのアタリが強い人で、間に入っている僕は、結婚中はずっと疲弊しまくりでした。

 その中でも、とくに印象に残っていて離婚を真剣に考えるキッカケになった話が、父がヨーロッパ出張で買ってきてくれたカトラリーのセットに対し『こんな悪趣味なもの、私が使えるわけないでしょ! なんで勝手に受け取るの!』と激怒して、数日間にわたり僕を罵り続けた事件です。

 ぶっちゃけナイフとフォークなんて場所をとらないし、とりあえずもらっておけばいいじゃないですか?

 なのに『次回、つき返せ』だの『私の好みじゃないものは、実家から二度と受け取るな』『親にも、はっきり言え』だのって、暴論を吐かれました。

 思えば、この事件をキッカケに、元妻への僕の気持ちは急速に冷めましたね」(41歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 実家からの贈り物にケチをつけ、真心を踏みにじる発言をした元妻を、この夫は「今でも、思い出すと許せない」と語っていました。

 それほどの事件、妻側の言い分はいかに…? 「冷酷と激情のあいだ~妻編~」でじっくりご紹介しましょう。

2:親族との付き合いを極度に避ける元妻の暴挙

「先に帰ります」(写真:iStock)
「先に帰ります」 (写真:iStock)

「元妻は、とにかく俺の親戚を毛嫌いして、いつも親族が唖然とするような奇妙な言動を繰り返していました。

 法事に行けば、法要が終わった時点で『私は帰りたい』と言い出し、俺に駅まで送らせたり、正月などの長期休暇には俺の実家に一緒に帰省するのを嫌がったり。

 それだけでなく、親族との会話すら避けたがり、いつも不機嫌そうな顔で応じるような変な女でした。

 結婚は当人同士だけじゃなく、実家や親戚も絡んでくるものだと思うので、そんな元妻に対し、俺の堪忍袋の尾が切れ『もうお前とは、やっていけない』と切り出したことが、離婚のキッカケです。

 今、思い出しても、あの“親族をバカにした態度”だけは、許せるものではありません」(44歳男性/教育)

  ◇  ◇  ◇

 自分の身内に失礼な態度を続ける妻には、頭を抱える夫も少なくないでしょう。

 恋人時代には問題なくとも、結婚となると「もうやっていけない」とジャッジメントする男も珍しくありません。

 さて、こちらの元妻の言い分はいかに…?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「ひとりが楽」って本心?1mmでも結婚したいならすべきこと
 おひとり様生活が長いと、心地よいライフスタイルが確立しますよね。「やっぱりひとりが楽!」なんて思いながらも、心のどこか...
恋バナ調査隊 2022-12-06 06:00 ラブ
婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ