「僕が離婚を決めた原因は…」鬼嫁に愛想を尽かした男の真実

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-11-13 18:13
投稿日:2019-05-11 06:00
 離婚した男女の双方から話を聞くと、同じ出来事への認識が大きく異なることも珍しくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、夫が「元妻は鬼嫁」と認識し、離婚へと突き進む発端となった出来事から、まずは夫の言い分を3選ご紹介します。

1:『好みじゃないから』と実家の気持ちを踏みにじる妻

夫と妻で違ってくる離婚の原因とは(写真:iStock)
夫と妻で違ってくる離婚の原因とは (写真:iStock)

「離婚した妻は、とにかく僕の実家へのアタリが強い人で、間に入っている僕は、結婚中はずっと疲弊しまくりでした。

 その中でも、とくに印象に残っていて離婚を真剣に考えるキッカケになった話が、父がヨーロッパ出張で買ってきてくれたカトラリーのセットに対し『こんな悪趣味なもの、私が使えるわけないでしょ! なんで勝手に受け取るの!』と激怒して、数日間にわたり僕を罵り続けた事件です。

 ぶっちゃけナイフとフォークなんて場所をとらないし、とりあえずもらっておけばいいじゃないですか?

 なのに『次回、つき返せ』だの『私の好みじゃないものは、実家から二度と受け取るな』『親にも、はっきり言え』だのって、暴論を吐かれました。

 思えば、この事件をキッカケに、元妻への僕の気持ちは急速に冷めましたね」(41歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 実家からの贈り物にケチをつけ、真心を踏みにじる発言をした元妻を、この夫は「今でも、思い出すと許せない」と語っていました。

 それほどの事件、妻側の言い分はいかに…? 「冷酷と激情のあいだ~妻編~」でじっくりご紹介しましょう。

2:親族との付き合いを極度に避ける元妻の暴挙

「先に帰ります」(写真:iStock)
「先に帰ります」 (写真:iStock)

「元妻は、とにかく俺の親戚を毛嫌いして、いつも親族が唖然とするような奇妙な言動を繰り返していました。

 法事に行けば、法要が終わった時点で『私は帰りたい』と言い出し、俺に駅まで送らせたり、正月などの長期休暇には俺の実家に一緒に帰省するのを嫌がったり。

 それだけでなく、親族との会話すら避けたがり、いつも不機嫌そうな顔で応じるような変な女でした。

 結婚は当人同士だけじゃなく、実家や親戚も絡んでくるものだと思うので、そんな元妻に対し、俺の堪忍袋の尾が切れ『もうお前とは、やっていけない』と切り出したことが、離婚のキッカケです。

 今、思い出しても、あの“親族をバカにした態度”だけは、許せるものではありません」(44歳男性/教育)

  ◇  ◇  ◇

 自分の身内に失礼な態度を続ける妻には、頭を抱える夫も少なくないでしょう。

 恋人時代には問題なくとも、結婚となると「もうやっていけない」とジャッジメントする男も珍しくありません。

 さて、こちらの元妻の言い分はいかに…?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 男性をデートに誘う時、LINEなら顔を見なくて済むので勇気も出ますよね♡ でも、どんな風に誘ったら良いのか悩んでしまっ...
恋バナ調査隊 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性が脈ありか脈なしかを知りたい場合、LINEから心理を読み解くのが有効です。実は、男性の深層心理は、知らず知ら...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-21 14:47 ラブ
FILM
 素敵な男性と出会うと、「どうせ、彼女がいるんだろうな……」と思ってしまう人は多いはず。でも、そこで諦めてしまえば、せっ...
恋バナ調査隊 2020-09-15 06:00 ラブ
FILM
 LINEって顔が見えないからこそ、つい大胆になってしまいがちですよね。その落とし穴に一番ハマりやすいのが「恋愛下手の女...
恋バナ調査隊 2020-09-14 06:00 ラブ