「僕が離婚を決めた原因は…」鬼嫁に愛想を尽かした男の真実

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-05-11 06:00
投稿日:2019-05-11 06:00
 離婚した男女の双方から話を聞くと、同じ出来事への認識が大きく異なることも珍しくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、夫が「元妻は鬼嫁」と認識し、離婚へと突き進む発端となった出来事から、まずは夫の言い分を3選ご紹介します。

1:『好みじゃないから』と実家の気持ちを踏みにじる妻

夫と妻で違ってくる離婚の原因とは(写真:iStock)
夫と妻で違ってくる離婚の原因とは (写真:iStock)

「離婚した妻は、とにかく僕の実家へのアタリが強い人で、間に入っている僕は、結婚中はずっと疲弊しまくりでした。

 その中でも、とくに印象に残っていて離婚を真剣に考えるキッカケになった話が、父がヨーロッパ出張で買ってきてくれたカトラリーのセットに対し『こんな悪趣味なもの、私が使えるわけないでしょ! なんで勝手に受け取るの!』と激怒して、数日間にわたり僕を罵り続けた事件です。

 ぶっちゃけナイフとフォークなんて場所をとらないし、とりあえずもらっておけばいいじゃないですか?

 なのに『次回、つき返せ』だの『私の好みじゃないものは、実家から二度と受け取るな』『親にも、はっきり言え』だのって、暴論を吐かれました。

 思えば、この事件をキッカケに、元妻への僕の気持ちは急速に冷めましたね」(41歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 実家からの贈り物にケチをつけ、真心を踏みにじる発言をした元妻を、この夫は「今でも、思い出すと許せない」と語っていました。

 それほどの事件、妻側の言い分はいかに…? 「冷酷と激情のあいだ~妻編~」でじっくりご紹介しましょう。

2:親族との付き合いを極度に避ける元妻の暴挙

「先に帰ります」(写真:iStock)
「先に帰ります」 (写真:iStock)

「元妻は、とにかく俺の親戚を毛嫌いして、いつも親族が唖然とするような奇妙な言動を繰り返していました。

 法事に行けば、法要が終わった時点で『私は帰りたい』と言い出し、俺に駅まで送らせたり、正月などの長期休暇には俺の実家に一緒に帰省するのを嫌がったり。

 それだけでなく、親族との会話すら避けたがり、いつも不機嫌そうな顔で応じるような変な女でした。

 結婚は当人同士だけじゃなく、実家や親戚も絡んでくるものだと思うので、そんな元妻に対し、俺の堪忍袋の尾が切れ『もうお前とは、やっていけない』と切り出したことが、離婚のキッカケです。

 今、思い出しても、あの“親族をバカにした態度”だけは、許せるものではありません」(44歳男性/教育)

  ◇  ◇  ◇

 自分の身内に失礼な態度を続ける妻には、頭を抱える夫も少なくないでしょう。

 恋人時代には問題なくとも、結婚となると「もうやっていけない」とジャッジメントする男も珍しくありません。

 さて、こちらの元妻の言い分はいかに…?

3:「親を家に入れるな」「夫婦生活は年3回」と言い放つ怖い元妻

結婚してからは何ひとつ楽しくなかった(写真:iStock)
結婚してからは何ひとつ楽しくなかった (写真:iStock)

「4年間は我慢しましたが、元嫁のあまりの身勝手さに呆れ、離婚をしました。

 結婚直後から感情をむき出しにするようになった元嫁は、自宅に『両親を入れるな』だの『夫婦生活は4カ月に1回にしろ』だのと、マイルールの数々を僕に一方的に押し付けてきました。

 いわゆる“悪妻”で、彼女にとって結婚はスタートではなくゴールにしか見えず、年齢的に婚活を焦り、結婚前には猫をかぶっていたみたいです。

 僕自身、結婚してからは何ひとつ楽しくなかったし、揉め事を減らすために、いつも元妻の顔色をうかがって生活するような状態に。

 そんな毎日に疲れ、4年目を迎えてすぐに僕から『お願いだから離婚してくれ』と話し、別居をして別れました」(40歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 結婚後には“身内”になった安心感から、夫に素直な感情をぶつける妻も少なくありません。

 これらのマイルールが宣言された裏には、いったいどんな理由が…?

しかし、物事は表裏一体…

 口を揃えて「元妻は鬼嫁」と言い切る男たち。彼らの話だけを聞くと「なるほど」と感じるものも多い傾向です。

 しかし、物事は表裏一体。元妻から聞くと、まったく違う出来事になっていることも……。

冷酷と激情のあいだ~妻編~」では、これらのエピソードに対する妻からの反撃をご紹介します。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM