彼氏が冷たいのはなぜ…? 7つの男性心理と効果的な対処法!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-02-21 14:25
投稿日:2020-02-10 06:00
 好きで付き合っている彼氏との時間は、いつでも楽しく仲良く過ごしたいもの。しかし、時には彼氏の態度が「冷たい」と思うこともあるでしょう。そんな時、悲しいと思うと同時に「どうして、そんな態度をとるのだろう?」と不安になってしまいますよね。そんな時、どんな心理が隠されているのか&対処法などをご紹介します。

彼氏が冷たくなった原因とは?7つの男性心理

彼が冷たい…(写真:iStock)
彼が冷たい… (写真:iStock)

 どんなに優しい人でも、時には疲れたり、イライラすることがあります。もちろん、それを彼女にあたるというのは良いことではありませんが、誰にでも起こりうること。

 では、彼氏があなたに冷たい態度をとる際には、どんな心理が隠れているのかご紹介します。

1. 愛情が冷めたから

 彼氏の態度が「冷たい」と感じている人の中には、「ある期間から、冷たい態度に変わった」と感じている人もいるでしょう。何かきっかけがあり、機嫌を損ねただけでは冷たい態度が長く続くことはありません。

 このように、冷たい態度が長く続いている場合には、あなたへの愛情が冷めてしまっている可能性が考えられます。愛情がなくなってしまったゆえに優しくできない、「別れたい」という気持ちがあるからわざと、冷たく接している可能性があります。

2. 他に好きな人ができた

 冷たい態度をとる男性の中には、あえて冷たい態度をとって「嫌われよう」としている人もいます。なぜなら、他に好きな女性、気になる女性が現れてしまったから。

 そんな男性は、自分から「別れたい」と言いたくないがために、あなたから「別れよう」といわれるのを待っています。あえて嫌われるような態度をとっていると感じるのであれば、他の女性がいる可能性も考えられます。

3. 仕事などで気持ちに余裕がない

 誰だって気持ちに余裕がなくなってしまうと、人に冷たい態度をとってしまうもの。「悪いことをしたな」と分かっていても、心に余裕がなくなってしまうと気持ちが抑えられなくなる場合があります。

 勉強や仕事などで忙しい彼氏の場合には、気持ちに余裕がないことで冷たい態度になっているかもしれません。そんな時は、あえて距離を置き、気持ちに余裕が出てくるまで待っているのが一番です。

愛情を確認したいのかも(写真:iStock)
愛情を確認したいのかも (写真:iStock)

4. 疲れているから

 人は疲れていると、人に優しくできなくなってしまうもの。当然、彼氏も疲れている時には、「優しくしなければ」と思っていても、ついついきつくあたってしまうこともあるでしょう。

「そういえば、最近忙しそうだったな」「最近、疲れているな」と感じているのであれば、ゆっくりと休ませてあげることが大切です。

 どんなに愛情があっても、疲れている時にはデートも楽しめませんから、彼が元気を取り戻すまで待ってあげましょう。

5. 対応が面倒くさい

 彼が冷たいと感じている女性の中には、あなたからいつも頻繁に連絡をしているという人もいるのではないでしょうか。

 男性にとって、頻繁な連絡やデートの誘いは重く感じる人も少なくありません。一日に何度も連絡をすることで、「面倒くさい」と思われてしまうことも。

 彼の気持ちに気づかず、そのまましつこく連絡を続けてしまうと存在自体が重荷になり、別れを切り出されてしまうかもしれません。

6. 構ってほしいから

 彼の冷たい態度で「嫌われたのでは?」「他に気になる女性でもできたのでは?」と心配になる女性も多いはず。

 もちろん、こういった理由で態度が変わってしまう男性もいますが、中には「構ってほしい」という真逆の気持ちを抱えている男性もいます。

 デートを何度も断ってしまったり、なかなか連絡できずにいると、「構ってほしい」という気持ちを素直に出せず、冷たい態度をしてしまう男性も少なくありません。

7. 愛情を確認したい

 冷たい態度というと、ついついマイナスな想像をしてしまいがちですが、構ってほしい男性同様、中にはあなたの愛情を確認するために、わざと冷たい態度をしてしまう男性もいます。

 愛情表現が少ない彼女となれば、男性も不安になるもの。「本当に、俺のことが好きなのだろうか?」と不安になり、冷たい態度であなたを試しているかもしれません。

彼氏が冷たい時は、どう対処したら良いのか?

距離を置くのも必要(写真:iStock)
距離を置くのも必要 (写真:iStock)

 彼氏が冷たい態度をとる時、その理由はさまざまです。彼の心理によって対処方法が変わってくるため、上手に見極めて対応していきましょう。

愛情を感じない時には距離を置く

「彼氏の態度が冷たくなった」と感じている女性の中には、「前みたいに、愛情を感じない」という人もいるでしょう。

 彼から愛情を感じないのであれば、今は無理に連絡を取ったり、会おうとするのは避けた方が無難。「別れたい」「他に気になる女性がいる」「対応が面倒」と思っている男性の場合、あなたが一生懸命近づこうとすればするほど、拒絶反応を示すことになります。

 彼の気持ちを取り戻したり、あなたの存在の大きさに気づかせるためには、一旦距離を置くことも必要です。

構ってほしそうなら優しくする

 彼が冷たくなったと感じている人の中には、「しばらく、デートできていなかった」という人もいるはず。

 そんな人は、しばらく会えなかったり、連絡が取れなかった分、優しく接するようにしましょう。優しく声をかけたり、誘ったりすれば、自然と優しい彼に戻るはずです。

愛情を感じるなら思い切り愛情表現する

 彼の愛情を感じながらも、「態度が冷たくなった」と感じる人は、普段から彼に気持ちを伝えていますか?

 愛情表現していないと実感しているのであれば、素直にあなたの気持ちを伝えることが大切です。気持ちを伝えれば、彼もあなたの愛情を再確認することができ、態度も戻ってくるでしょう。

冷たい態度の裏には、本心が隠れている!

彼の本心を見つけてあげよう(写真:iStock)
彼の本心を見つけてあげよう (写真:iStock)

 彼氏の態度が「冷たくなった」と感じると、誰でも悲しくなるもの。「どう接したら良いのか、分からない」と戸惑ってしまう人もいるでしょう。

 しかし、彼の態度が変わったということは、変わる理由がきっとあるはずです。その理由が分かれば、対処方法も自ずと見えてくるはず。

 まずは、いつから態度が変わったのか、冷たくなってからどのくらいの期間経っているのかなどを振り返って、彼の本心を見つけてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ