レスを長期化させないために…まず何から手をつけたらいい?

神田つばき 作家・コラムニスト
更新日:2020-02-08 06:34
投稿日:2020-02-08 06:00
 恋人や妻を「親友や妹のような存在」と感じるようになると、男性の性欲スイッチは極めて入りにくい状態になっていきます。目の前にいる彼女を女性として意識するきっかけがつかめなくなっているのです。獲物を見慣れてしまって、目の前にシマウマがいるのに狩りをしないでどんより寝そべっているライオンのようなもの。彼のオスの本能をもう一度掻き立てるにはどうしたらいいのでしょうか?

これをやったら修復不可能に! 男が萎える3つのNG行動とは?

そんなに責めないでほしい(写真:iStock)
そんなに責めないでほしい (写真:iStock)

 セックスレスになりかけている、と気づいたときに女性がやってしまいがちなNG行動を20~50代の男性5人に聞いてみました。

第1位 エッチしない原因を問いただす
第2位 ほかのカップルや人と比較する
第3位 突然「しよう!」とせまる

 女性としては、これらのどこが悪いの? という驚きしかありません。

 回答してくれた男性の一人、健斗君(30代・公務員)に「ぎこちない関係を打破しようとしているのに、何がいけないんですか?」と質問してみたところ、こんな答えが返ってきました。

「女性の気持ちはわかりますが、どれも男にとっては“勃起の妨げ”にしかなりません」

 勃起の妨げ……? 思わずイラッと来たのを隠して、詳しく聞いてみました。

男はレスについて深く考えたくない?

 健斗君によれば、

「女性はガッカリするかも知れませんが、男の勃起は脊髄反射的なもので、複雑なことを考えるとダメなんです。レスの原因を聞かれたり、友だちの彼氏は週〇回だとか、このままじゃ結婚しても子どもができないだとか、そういう話は苦痛です」

 とのこと。このとき感じた苦痛が男性の心の底に沈殿すると、せっかくエッチなムードになりかけても、イヤな感覚がよみがえって勃起の邪魔をします。男性の自律神経がリラックスしていることが必要なのですが、それがうまくいかなくなるのです。

セックスがなくなっても“まあいいか”

「そもそも、どうしてセックスレスになったかなんてペラペラ語れる男はいません。気がついたらだんだん間隔が遠のいているだけのことだから。でも、セックスしなくても平和に過ごせているんなら、まあいいかって思ってしまう」

 たしかに、そんなことをペラペラ語られたら女性も腹が立ちますけどね。

「それがわかっているから黙っている。彼女を怒らせたくない、この話題早く終わらないかな、としか思わない。その結果、そんな難しい話を持ち出す女性とのセックスを避ける心理がますます強くなっていきます」

 ……って、やっぱり腹が立って仕方ないんですけどね! いったい私たち女性にどうしろと? その脊髄反射とやらはどうしたら起きるんですかね。

居心地のよさに甘えすぎて家族のようになってしまう危険性

付き合い始めは、あんなにドキドキしていたのに(写真:iStock)
付き合い始めは、あんなにドキドキしていたのに (写真:iStock)

 #2で、同棲中の彼のセックスレスを責めてしまったモヨ子さん(仮名・OL)の話をしましたが、彼女は健斗君の意見に納得できると言っています。

「妹か親友みたいになったのは、私も悪いんですよ。つきあい始めのころは何でも恥ずかしくてドキドキしてた。それなのに、いっしょに暮らすようになってからは彼の前で平気で裸になって着替えたり、オナラしても顔色一つ変えずにゴメンで終わり」

 でも、それって愛し合っているからこその安心感のあらわれなのではないでしょうか?

「家族みたいになっちゃってますよね。平気で裸になったりオナラしたり……は、彼を男として見てないと言ってるようなものです。何をしても笑って許してくれる人だからって、私は甘えすぎていたと思います」

 そういう女性の態度を大目に見ているうちに、だんだん脊髄反射が起きなくなっていく……ということは大いにありそうです。たとえばED(勃起不全症候群)のほとんどは、脊髄の勃起中枢の問題ではなく、大脳に興奮の火がつかないことが原因だそうです。

 セックスレスの彼と別れ、今は別の人と付き合っているモヨ子さんは、「レスになると相手を問いつめたくなりますが、実は彼を男として見ているかが大きく影響していたんですね」と、レス時代を振り返っています。

 次回に続きます。

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-28 18:52 ラブ