情で彼氏と別れられない 後悔を防ぐ3つのこと&綺麗な別れ方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-01-02 22:47
投稿日:2020-01-02 06:00
 長年同じ恋人や夫と過ごしていると、「とっくに潮時だけど、この人がいない生活を想像できない」「人としては嫌いではないから、別れる理由がない」と“情”が邪魔して自分の本当の心が分からなくなってしまうことがあります。そこで今回は、後悔しないための方法を考えてみました。

そもそも「情」って何?

「情があるから別れられない」「情が湧いちゃって……」など、多くの人が使う「情」という言葉。そもそも、情とはどんなものなのでしょうか?

「愛情の名残」のこと

 一般的に「情」とは「感情」のことを指します。でも、恋愛においては、簡単に見捨てることができない気持ち。「愛情の名残」と言えるでしょう。

大人女性が別れられない大きな理由でもある

 星の数ほどいる男性の中であなたと出会い、長年一緒にいた彼は、少なからずあなたの人生に大きな影響を与えた人でしょう。だからこそ、「この人を逃したら、これ以上の出会いはないんじゃないか?」「こんなに分かってくれる人はいないかも?」と、後悔することを恐れて情が湧き、別れられなくなってしまうのです。

 大人になると、一から誰かと付き合うことに高いハードルを感じます。でも、だからといって、「情」でお付き合いを続けて数年後にやっぱりダメだった、となる可能性だってあります。もしかしたら、相手から別れを言い渡されることも考えられますね。
要は、別れる時は別れるということ。これは、未婚でも既婚でも同じことなんです。

「情」が邪魔して彼氏と別れられない時に考えたい3つのこと

 そもそも「情」が邪魔して彼氏と別れられないという場合、おそらく多くの場合、別れへのカウントダウンが始まっていると思われます。でも、「絶対に後悔したくない」そんな気持ちもとても分かります。

 だからこそ、いくつか考えておくべきことについて見てみましょう。

「彼氏との恋愛を思い出した時、どんな気持ちになるか」を考える

「情で別れられない」と思う時、大切なのは自分の気持ちはどこにあるのかということ。

 すっきりと別れるためには、絶対的な潔さが必要です。少しでも後ろ髪を引かれるような思いが残っていると、それは後々「後悔」となって自分を苦しめます。

 まずは、彼氏との恋愛の全てを思い出してみましょう。写真を見たり、思い出の場所に行ってみるのも良いかもしれません。どんな気持ちになりますか?初心に戻って、あらためて相手のことを考えてみるのです。

「今、彼氏と出会ったらどうなるか」を考える

 情が湧いているあなたはきっと、彼氏とお付き合いをする中で物足りなさなど、なんらかの不満を抱えていることでしょう。そこで次に、心をまっさらな状態にして「今、彼氏と出会ったらどうなるか」を考えてみましょう。

 恋愛初期のようにドキドキして、魅力的に見えそうだと思いますか?それとも、箸にも棒にもかからないでしょうか?

「今の自分は彼氏にどう映っているか」を考える

 最後に、彼氏目線で自分を見てみましょう。付き合い始めの頃に褒めてもらったこと、自分が彼氏にこんな風に思って欲しいと頑張っていたことを思い出します。

 そして、その自分と比べて、今の自分は彼氏にどう映っているのかを考えてみましょう。昔は「いつも笑顔が可愛いね」なんて言われていたのに、今の自分は目くじらを立てて怒ってばっかりではないですか?そして、今後、続ける道を選んだとして、自分は彼氏が褒めてくれた自分の良いところを取り戻せそうですか?

あらゆる視点から彼氏との関係を見つめることが大切

 上記3つのことは、別れを考える上で最低限考えてみることだと思います。つまりは、後悔しないためには、あらゆる視点から彼氏との関係を見つめることが大切なのです。

 その中で、少しでも「あれ、情じゃなくて好きなのかな?」なんて思うようであれば、あなたの心の奥底には彼氏への気持ちが愛情として残っている可能性があります。そんな方は先を急がずに。まだ何も起こっていないのですから、いくらでも引き返せます。

後悔しないと決めたなら……情に負けない綺麗な別れ方

 あらゆる視点で関係を見つめても、彼氏への気持ちが「やっぱり情」と結論が出たなら、綺麗に別れることを考えてみましょう。

相手に情けはかけない

 メールでも直接会ってでも、別れ方はそれぞれのカップルの関係性によって決めれば良いでしょう。でも、大切なのは、相手に情けを絶対にかけないこと。

 目の前に愛した相手がいたら、つい揺らいでしまいそうになる気持ちも分かります。でも、それは、長年積もり積もった愛情の名残である「情」なのです。

 ほとんどの別れは、どちらかの自分勝手で起こります。できるだけこっぴどく、泣き顔は見せずに、最後まで自分勝手でいれば良いと思うんです。

感謝の言葉はあくまで“人として”伝える

「感謝の言葉くらいは言いたい」という気持ちがある場合には、あくまで“人として”述べると良いと思います。

 女性はついつい感傷的になるため、「◯◯に行ったよね」とか、「◯年間、楽しかったよね」なんて浸ってしまいがち。でも、そんなの意味がないんです。彼氏の足を引っ張るだけ。

 私の経験では「今までありがとう」しか言葉が見当たりませんでした。でも、長年連れ添った相手ですから、感謝の気持ちはこれだけで十二分に伝わると思います。

かけた時間のことは考えずにひたすら未来を見る

 女性たちが情で別れられない一番の理由、それが、かけた時間に価値を求めることにあるでしょう。つまり、一緒にいた期間が長ければ長いほど、もったいないと思ってしまうのです。

「◯年間一緒にいた」なんてことは考えないように。この時点で迷ってしまうのであれば、まだ別れる時ではないのかもしれません。

 そして、ひたすら未来だけを見ましょう。そこに彼氏はいなくても、新しい世界が待っていると信じましょう。

情で一緒にいることほど失礼なことはない

 もし、彼氏が「情で彼女と別れられない」なんて言っていたら、あなたはどう思いますか?きっと悲しかったり、憤慨するのではないかと思います。そう、情で一緒にいることほど失礼なことはない、と個人的には思っています。

「情」というのは、もともとは「愛情」だった気持ちのかけらです。かけらをフルに使ってあなたができること、それは相手が前を向いていけるように敬意を払ってこっぴどく振ることだけだと思います。どうしたって、良い形でそばにいてあげることはできないのですから。

 でも、しつこいようですが、まだ切り出してないのであれば引き返すことはできます。綺麗に別れることで、ヨリが戻ることも未来にはあり得るかも?

 全てはあなたが決めること。ぜひ、後悔しない決断をしてくださいね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ