夫が帰宅拒否…本気で離婚を決意した男性に見られる行動3つ

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-02-22 06:00
投稿日:2020-02-22 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティー番組などで「(夫からの離婚の申し出は)寝耳に水だった」と語っています。
 ネット上には、別れた夫の細かい性格から夫のパワハラ疑惑が指摘されていますが、その真偽はともかく、SHELLYさんにとっては、驚きの離婚宣告だったのです。驚くほど冷静に「離婚したい」と言われたそうで、別居の提案もあったといいます。

男性から離婚を切り出すケースは珍しくない

夫から突然の離婚宣告!(写真:iStock)
夫から突然の離婚宣告! (写真:iStock)

 離婚というと、女性から切り出すのが通例でしたが、今は違います。裁判所の司法統計(2016年度)によると、離婚を申し立てた4万3482件のうち、1万4818件が夫からでした。夫からの割合は34%に上ります。今や男性が離婚を切り出すケースは、決して珍しくありません。

 SHELLYさんは「寝耳に水」だったかもしれませんが、離婚を決意した男性は必ず行動が変わってきます。その変化を見逃さず、しっかりと対策を立てれば、驚きの離婚宣告は避けられる可能性があります。そこで今回は、離婚を心に決めた男性の行動を紹介しましょう。

1.帰宅が遅くなり、妻と顔をほとんど合わせなくなる

外で時間をつぶしているケースも(写真:iStock)
外で時間をつぶしているケースも (写真:iStock)

 働き方改革が進んでいる企業もありますが、人手不足は多くの業界で深刻で、遅くまで残って仕事をしている人も珍しくありません。終電近くで帰宅し、朝も身支度を済ませるとバタバタと出社して、夫婦で朝食をとる時間もなく……。

 ここまで生活がすれ違う夫婦は極端としても、離婚を決意した男性は、少しずつ帰宅時間を遅らせます。それまで9時だった帰宅時間があるとき突然、12時になるわけではありません。週2回だった残業を3回に、その帰宅時間も最初のうちはせいぜい20~30分の遅れです。

 残業の時間と頻度が、半年くらいかけて少しずつ遅れてくると、すぐには気づきにくい。共働きで女性もフルタイムならなおさらです。しかし、あるときふと気づきます。「このところ旦那の帰りが、ちょっと遅すぎる」と。そんな状況を夫に言うと、決まって「最近忙しい」という答えが返ってきます。その言葉を信じても、その後も状況が変わらなければ、不信感でいっぱいになります。

「旦那は、もしかして浮気している?」

 帰宅が遅くなった夫を疑って、調査依頼を受けることはよくあります。もちろん、浮気している男性もいますが、離婚を決意した男性だと、そうとは限りらないのです。毎日1人で飲み歩いたり、パチンコしたり。自宅近くまで帰ってきていながら、車の中で仮眠をとっていた男性もいました。ファミレスやマンガ喫茶などで時間をつぶしているケースもあります。

 そうやって妻や子供が寝静まってから、帰宅するのです。共通点は、浮気の要素はゼロだということ。男性に女性の影がなくても、これほどの夫婦のすれ違いは深刻です。そんな帰宅拒否夫との関係を再構築したければ、夫が帰りたくない家庭になっていないかチェックしてみることをお薦めします。

2.自宅でご飯を食べなくなった

夫の心はもう戻らない?(写真:iStock)
夫の心はもう戻らない? (写真:iStock)

「せっかく夕飯を作ってもらっても、帰りが遅くなって食べられないのは申し訳ない。オレの分は自分で何とかするから、用意しなくていいよ」

 相談者の中には、夫にそう言われた女性もいました。女性は“二重生活”を疑って調査を依頼したわけですが、これまた浮気ゼロ。

 最近は料理ができる男性も多く、冷蔵庫のエリアを妻と分け、自分のエリアに野菜や肉などをキープしているケースもあって、その男性は妻が寝静まった自宅で自分の食事を作って食べていました。離婚を決意した男性は離婚後を考え、飲み歩くことをやめ、食費などを節約のため自分で食事を作ろうとすることがあるのです。

 夫婦生活はなくても関係は成り立ちますが、夫婦で食卓を囲めなくなったら末期的。帰宅拒否夫がそうなったら、男性が女性に三下り半を突きつけたという意思表示ととらえていいかもしれません。私が知るケースでは、食事に加えて洗濯も別という男性がいました。離婚を決意した男性は、どこまでも妻との生活を切り分けようとするのです。

 対策は、夫の好物を作って様子を見る。夫が食べても、食べなくても、とにかく作り続けて、様子を見るのです。子供がいながら、食卓を囲めていなければ、子供の精神面によくありません。相手を一方的に責めるのではなく、腹を割って話し合うべきでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性がドキっとする女性のギャップとは? 作り方4つのコツ♡
 恋愛を進展させるためには、「ギャップ」が効果的。コツさえ掴めば誰にでも簡単に身につけられる恋愛テクニックですが、何から...
恋バナ調査隊 2020-11-25 06:00 ラブ
28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 16:03 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ