夫が帰宅拒否…本気で離婚を決意した男性に見られる行動3つ

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-02-22 06:00
投稿日:2020-02-22 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティー番組などで「(夫からの離婚の申し出は)寝耳に水だった」と語っています。
 ネット上には、別れた夫の細かい性格から夫のパワハラ疑惑が指摘されていますが、その真偽はともかく、SHELLYさんにとっては、驚きの離婚宣告だったのです。驚くほど冷静に「離婚したい」と言われたそうで、別居の提案もあったといいます。

男性から離婚を切り出すケースは珍しくない

夫から突然の離婚宣告!(写真:iStock)
夫から突然の離婚宣告! (写真:iStock)

 離婚というと、女性から切り出すのが通例でしたが、今は違います。裁判所の司法統計(2016年度)によると、離婚を申し立てた4万3482件のうち、1万4818件が夫からでした。夫からの割合は34%に上ります。今や男性が離婚を切り出すケースは、決して珍しくありません。

 SHELLYさんは「寝耳に水」だったかもしれませんが、離婚を決意した男性は必ず行動が変わってきます。その変化を見逃さず、しっかりと対策を立てれば、驚きの離婚宣告は避けられる可能性があります。そこで今回は、離婚を心に決めた男性の行動を紹介しましょう。

1.帰宅が遅くなり、妻と顔をほとんど合わせなくなる

外で時間をつぶしているケースも(写真:iStock)
外で時間をつぶしているケースも (写真:iStock)

 働き方改革が進んでいる企業もありますが、人手不足は多くの業界で深刻で、遅くまで残って仕事をしている人も珍しくありません。終電近くで帰宅し、朝も身支度を済ませるとバタバタと出社して、夫婦で朝食をとる時間もなく……。

 ここまで生活がすれ違う夫婦は極端としても、離婚を決意した男性は、少しずつ帰宅時間を遅らせます。それまで9時だった帰宅時間があるとき突然、12時になるわけではありません。週2回だった残業を3回に、その帰宅時間も最初のうちはせいぜい20~30分の遅れです。

 残業の時間と頻度が、半年くらいかけて少しずつ遅れてくると、すぐには気づきにくい。共働きで女性もフルタイムならなおさらです。しかし、あるときふと気づきます。「このところ旦那の帰りが、ちょっと遅すぎる」と。そんな状況を夫に言うと、決まって「最近忙しい」という答えが返ってきます。その言葉を信じても、その後も状況が変わらなければ、不信感でいっぱいになります。

「旦那は、もしかして浮気している?」

 帰宅が遅くなった夫を疑って、調査依頼を受けることはよくあります。もちろん、浮気している男性もいますが、離婚を決意した男性だと、そうとは限りらないのです。毎日1人で飲み歩いたり、パチンコしたり。自宅近くまで帰ってきていながら、車の中で仮眠をとっていた男性もいました。ファミレスやマンガ喫茶などで時間をつぶしているケースもあります。

 そうやって妻や子供が寝静まってから、帰宅するのです。共通点は、浮気の要素はゼロだということ。男性に女性の影がなくても、これほどの夫婦のすれ違いは深刻です。そんな帰宅拒否夫との関係を再構築したければ、夫が帰りたくない家庭になっていないかチェックしてみることをお薦めします。

2.自宅でご飯を食べなくなった

夫の心はもう戻らない?(写真:iStock)
夫の心はもう戻らない? (写真:iStock)

「せっかく夕飯を作ってもらっても、帰りが遅くなって食べられないのは申し訳ない。オレの分は自分で何とかするから、用意しなくていいよ」

 相談者の中には、夫にそう言われた女性もいました。女性は“二重生活”を疑って調査を依頼したわけですが、これまた浮気ゼロ。

 最近は料理ができる男性も多く、冷蔵庫のエリアを妻と分け、自分のエリアに野菜や肉などをキープしているケースもあって、その男性は妻が寝静まった自宅で自分の食事を作って食べていました。離婚を決意した男性は離婚後を考え、飲み歩くことをやめ、食費などを節約のため自分で食事を作ろうとすることがあるのです。

 夫婦生活はなくても関係は成り立ちますが、夫婦で食卓を囲めなくなったら末期的。帰宅拒否夫がそうなったら、男性が女性に三下り半を突きつけたという意思表示ととらえていいかもしれません。私が知るケースでは、食事に加えて洗濯も別という男性がいました。離婚を決意した男性は、どこまでも妻との生活を切り分けようとするのです。

 対策は、夫の好物を作って様子を見る。夫が食べても、食べなくても、とにかく作り続けて、様子を見るのです。子供がいながら、食卓を囲めていなければ、子供の精神面によくありません。相手を一方的に責めるのではなく、腹を割って話し合うべきでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ