夫が帰宅拒否…本気で離婚を決意した男性に見られる行動3つ

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-02-22 06:00
投稿日:2020-02-22 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨年11月に離婚が報じられたタレントのSHELLYさん(35)が、バラエティー番組などで「(夫からの離婚の申し出は)寝耳に水だった」と語っています。
 ネット上には、別れた夫の細かい性格から夫のパワハラ疑惑が指摘されていますが、その真偽はともかく、SHELLYさんにとっては、驚きの離婚宣告だったのです。驚くほど冷静に「離婚したい」と言われたそうで、別居の提案もあったといいます。

男性から離婚を切り出すケースは珍しくない

夫から突然の離婚宣告!(写真:iStock)
夫から突然の離婚宣告! (写真:iStock)

 離婚というと、女性から切り出すのが通例でしたが、今は違います。裁判所の司法統計(2016年度)によると、離婚を申し立てた4万3482件のうち、1万4818件が夫からでした。夫からの割合は34%に上ります。今や男性が離婚を切り出すケースは、決して珍しくありません。

 SHELLYさんは「寝耳に水」だったかもしれませんが、離婚を決意した男性は必ず行動が変わってきます。その変化を見逃さず、しっかりと対策を立てれば、驚きの離婚宣告は避けられる可能性があります。そこで今回は、離婚を心に決めた男性の行動を紹介しましょう。

1.帰宅が遅くなり、妻と顔をほとんど合わせなくなる

外で時間をつぶしているケースも(写真:iStock)
外で時間をつぶしているケースも (写真:iStock)

 働き方改革が進んでいる企業もありますが、人手不足は多くの業界で深刻で、遅くまで残って仕事をしている人も珍しくありません。終電近くで帰宅し、朝も身支度を済ませるとバタバタと出社して、夫婦で朝食をとる時間もなく……。

 ここまで生活がすれ違う夫婦は極端としても、離婚を決意した男性は、少しずつ帰宅時間を遅らせます。それまで9時だった帰宅時間があるとき突然、12時になるわけではありません。週2回だった残業を3回に、その帰宅時間も最初のうちはせいぜい20~30分の遅れです。

 残業の時間と頻度が、半年くらいかけて少しずつ遅れてくると、すぐには気づきにくい。共働きで女性もフルタイムならなおさらです。しかし、あるときふと気づきます。「このところ旦那の帰りが、ちょっと遅すぎる」と。そんな状況を夫に言うと、決まって「最近忙しい」という答えが返ってきます。その言葉を信じても、その後も状況が変わらなければ、不信感でいっぱいになります。

「旦那は、もしかして浮気している?」

 帰宅が遅くなった夫を疑って、調査依頼を受けることはよくあります。もちろん、浮気している男性もいますが、離婚を決意した男性だと、そうとは限りらないのです。毎日1人で飲み歩いたり、パチンコしたり。自宅近くまで帰ってきていながら、車の中で仮眠をとっていた男性もいました。ファミレスやマンガ喫茶などで時間をつぶしているケースもあります。

 そうやって妻や子供が寝静まってから、帰宅するのです。共通点は、浮気の要素はゼロだということ。男性に女性の影がなくても、これほどの夫婦のすれ違いは深刻です。そんな帰宅拒否夫との関係を再構築したければ、夫が帰りたくない家庭になっていないかチェックしてみることをお薦めします。

2.自宅でご飯を食べなくなった

夫の心はもう戻らない?(写真:iStock)
夫の心はもう戻らない? (写真:iStock)

「せっかく夕飯を作ってもらっても、帰りが遅くなって食べられないのは申し訳ない。オレの分は自分で何とかするから、用意しなくていいよ」

 相談者の中には、夫にそう言われた女性もいました。女性は“二重生活”を疑って調査を依頼したわけですが、これまた浮気ゼロ。

 最近は料理ができる男性も多く、冷蔵庫のエリアを妻と分け、自分のエリアに野菜や肉などをキープしているケースもあって、その男性は妻が寝静まった自宅で自分の食事を作って食べていました。離婚を決意した男性は離婚後を考え、飲み歩くことをやめ、食費などを節約のため自分で食事を作ろうとすることがあるのです。

 夫婦生活はなくても関係は成り立ちますが、夫婦で食卓を囲めなくなったら末期的。帰宅拒否夫がそうなったら、男性が女性に三下り半を突きつけたという意思表示ととらえていいかもしれません。私が知るケースでは、食事に加えて洗濯も別という男性がいました。離婚を決意した男性は、どこまでも妻との生活を切り分けようとするのです。

 対策は、夫の好物を作って様子を見る。夫が食べても、食べなくても、とにかく作り続けて、様子を見るのです。子供がいながら、食卓を囲めていなければ、子供の精神面によくありません。相手を一方的に責めるのではなく、腹を割って話し合うべきでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ
長続きカップルの秘訣かも♡ 彼氏が喜ぶ上手な愛情表現5つ
 長続きするカップルの多くは、日頃からしっかり愛情表現をしているそう♡ でも「愛情表現」って、相手にきちんと気持ちが伝わ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
自然消滅を選んでしまう男性心理&恋を復活に導く3つの方法
 ちゃんと別れ話をしないまま彼氏と自然消滅してしまうと、「以前のように戻りたい」と思い、悩んでしまうことがあります。そこ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
なぜ見抜けない? 男性があざとい女性に騙される理由4つ
 女性から見ると、どう考えてもあざとい言動をしているのに、なぜか男性はあざとい女性に騙されるんですよね……。いったいどう...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
信じたいけれど…不安にさせる年下彼氏の特徴3つ&対処法
 年下彼氏のいる女性は、若くてフレッシュな男性と付き合えて嬉しい反面、やはり心配がつきもの。でも、年下彼氏と付き合ってい...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
気になる彼を落としたい♡ 男性が喜ぶあざといモテテク6選
 女性にとってはマイナスのイメージが強い、あざとい系の女性たち。しかし、男性ウケは抜群にいいと言われているのが現実ですよ...
恋バナ調査隊 2022-01-09 06:00 ラブ
都合がいい女性にならない方法3選! こんな男性には要注意!
 呼び出せばすぐに来てくれる、終電を逃したら泊めてくれる、いつでも体を許してくれる……。男性にとっての都合のいい女性って...
恋バナ調査隊 2022-01-08 06:00 ラブ
口うるさい両親に辟易…恋人の存在を隠し続ける男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.71〜女性編〜」では、交際2年目を迎えているのに、実家に自分の存在を隠し続ける恋人・ケイタさ...
並木まき 2022-01-08 06:00 ラブ