恋に溺れるのはNG?大人女性におすすめしたい正しい恋愛方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-03-02 06:00
投稿日:2020-03-02 06:00
 大人女性であれば、恋に溺れた経験が1度や2度はあることでしょう。恋愛をプラスのパワーに変えて頑張れる女性であれば良いですが、中には食事も喉を通らず、仕事も手につかない……そんな恋愛の渦中にいる方もいるはず。そこで今回は、大人女性が知っておきたい恋愛との向き合い方をご紹介します。

恋愛に溺れるのはNG?恋愛依存女性が陥りがちな4つの行動

彼がいてくれればそれでいい(写真:iStock)
彼がいてくれればそれでいい (写真:iStock)

「恋愛に溺れるのはNG!」と、書かれた記事をよく見かけますね。その理由はきっと、恋愛に溺れるあまりに「恋愛依存」になる方が多いからではないでしょうか。そこでまずは、恋愛依存女性が陥りがちな行動についてご紹介します。

1. 「相手が全て」の生活

 恋愛に溺れている女性は、とにかく「相手が全て」の生活を送りがち。友達との予定が入っているのにデートが入ったら即座に断ってしまったり、相手が休みの日には誘われてもいないのに予定を開けてしまったり。

 寝ても覚めても考えるのは彼のことばかり。もちろん、趣味どころか仕事にも集中できずに、パフォーマンスを落としてしまうこともあるでしょう。

2. 「私なんて」とネガティブ思考になる

 恋愛依存に陥る女性は、ネガティブ思考に陥ってしまう傾向にあります。連絡がちょっと途絶えただけで「私なんて」と悲観的になったり、彼がほかの女性と話しているだけで「私より可愛い」なんて比べてしまったりもします。

 これは、自分への自信のなさの現れです。「彼の機嫌を損ねないように」「嫌われないように」と、本来の自分を出せずに彼の言いなりになってしまうケースも多いです。

3. 「相手のためなら」と自己犠牲も構わない

「相手のためなら」と、見返りを求めずに行動できるのは「無償の愛」と呼べるかもしれません。しかし、恋愛依存の女性の場合には、心のどこかで「これだけしているんだから、愛してくれるだろう」という計算がしている場合がほとんど。

 お互いにそう思えるような関係であればまだしも、世の中には悪い男性もいます。中には調子に乗って金銭を要求してきたり、ひどいことを平気でさせるような男性もいるので要注意。

 問題は、恋愛依存中の女性はそれを「相手が求めてくれている」と、勘違いしてしまうことなのですが。どこまでも尽くしてしまい、ボロボロになってしまうこともあります。

4. 「相手の全てを知りたい」と把握したがる

 恋愛依存をする女性は、「相手の全てを知りたい」と把握したがるのも特徴。自分と一緒にいない時には、「何をしているんだろう?」と、SNSチェックはもちろん、スマホを覗き見たり、束縛や嫉妬の気持ちが募ってストーカー化してしまう女性もいます。

「相手を好きゆえ」だと思われがちですが、実は、「相手を心から信頼できないからゆえ」の行動なのです。

溺れても良い!大人女性におすすめしたい正しい恋愛の方法

健康第一!(写真:iStock)
健康第一! (写真:iStock)

 ご紹介したような「恋愛依存」を続けていては、相手から嫌われてしまうかもしれないことは安易に想像できますね。では、大人女性におすすめしたい、正しい恋愛の方法をご紹介します。

いつでも自分を認めて愛する

 恋愛に溺れていると、ついつい相手中心の考えに偏りがち。もしも相手から否定されたら「私ってダメだなぁ」なんて思ってしまう気持ちも分かります。

 でも、大切なのは、いつでも自分を認めて愛することではないでしょうか。過大評価なのかもしれませんが、自分と一番長く付き合ってきたのはほかでもない自分自身です。

 誰にも褒められなくても、恋愛に頑張っていることや、綺麗でいようとすることを誇らしく思いましょう。「私、よくやってる!」と、口に出してみると、きっとなんだか自信が湧いてきます。自己暗示でもいいじゃないでしょうか。ポジティブになれますから。

健康でいる

 恋愛とは無関係のようですが、心身が健康にあることはとても大切なこと。女性の体はホルモンバランスが崩れただけで肌荒れや生理不順が起こったりなど、とにかくデリケートなのです。

 もしも恋に溺れてしまって不安定になっても、健康的な生活を。朝日を浴びて深呼吸をすると、なんだか「良い気持ち」になれますよ。心身を健康に保つことは、笑顔でいられること。つまりは、恋愛を健康に保つコツでもあると思うのです。

見返りを求めない

 恋愛に溺れている時には、とにかく相手に与えたくなってしまう女性も多くいるでしょう。手料理やプレゼント、最大限可愛く見せるためにかかる費用など、とにかく恋愛はある程度の時間とお金がかかるもの。でも、それも楽しいことではないでしょうか?

「相手は自分を映し出す鏡」と聞いたことがありますが、見返りを求めてばかりでは、相手からも見返りを求められることになる恋愛しかできないかもしれません。

 相手に思い切り尽くして溺れてみて、ダメだったら「し尽くした!」と、次に進める活力になるのかも。そして、その時には、女性としてスキルアップした自分で臨むことができると思います。

心が不安でざわついたら一時停止する

「この人といると、なんだか不安になる」「大事にされていないかも」と、恋愛中は心が不安でざわつくことがあります。これこそ「女のカン」なのかもしれませんね。

 そんな瞬間が積み重なると、恋愛はなぜだかうまくいかなくなります。もっと言うと、相手への恋愛依存が始まってしまうこともあるでしょう。

 だからこそ、そんな時には一旦停止を。証拠もないのに疑うのは時間の無駄ですし、もしかしたらほんの一瞬ネガティブ思考になった時に感じた“ざわつき”であり、勘違いかもしれません。下手に騒ぎ立てないのも、大人女性の恋愛には必要だと思います。

相手がいなくなるかもしれないことを考えておく

「相手がいなくなったら悲しい」のは、当たり前。でも、そっと、相手がいなくなるかもしれないことを考えておくことも、必要なことかもしれません。

 でもこれは、決してネガティブなことではないです。「人はいなくなってから大切さに気づく」なんて言いますが、そのリスクを避けることにもつながります。

 人生は一回きり。恋愛に溺れる機会なんてそうそうないのですから、今、相手といるこの時を精一杯大事にしましょう。

 本当に「相手がいなくなる時」は、老夫婦になってからかもしれないですし。夢を持ちつつ、でも、現実を見ることも大切だと思うのです。

大人女性の恋愛は自分の中で溺れられるかが鍵

恋に溺れるには「信頼」が不可欠(写真:iStock)
恋に溺れるには「信頼」が不可欠 (写真:iStock)

 あなたは最近、恋愛に溺れていますか?単純に恋愛に溺れるというと、恋愛依存であったり、「重たい女」というイメージがどうしても湧いてしまいますが、でも、大人女性だって溺れることは多々あると思います。

 大切なのは、対相手ではなく、自分の中で溺れられるかが鍵ではないでしょうか。恋愛の苦しさや不安を相手へぶつけたり、行動にした時点で、関係があっという間に崩れてしまうこともあります。

「信頼」を心において、ぜひ、好きな人と深く溺れてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ