大人の恋愛で駆け引きはしない方が良い理由! NG事例を解説

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-23 01:30
投稿日:2019-05-22 06:00
「恋愛上手な女性」と聞くと、「男性を手玉に取る駆け引き上手な女性」というイメージありませんか?でも、実は、大人になればなるほど本当に好きな人には駆け引きってあまり必要ではないのかも?そんなことを思うんです。

大人の恋愛で駆け引きはしない方が良い理由

恋愛上手は駆け引き上手?(写真:iStock)
恋愛上手は駆け引き上手? (写真:iStock)

 たくさんの恋愛を超えてきた大人女性の中には、「駆け引きが得意!」と自信を持っている方もいるかもしれませんね。でも実は、大人の恋愛だからこそ、駆け引きをしない方が良い場合があるんですよ。さっそく、理由を見ていきましょう。

相手が疲れてしまうから

 駆け引きの方法はさまざまですが、どちらにせよ、相手の気持ちを振り回したり、試したりする行為であることは間違いありません。

 急に近づいてきたと思いきや、突然ぱたっと連絡が途絶えてしまう。よくある駆け引きのパターンですが、男性によっては面倒臭いと感じてしまい、「振り回されるのが疲れる」と、気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

相手にバレている可能性もあるから

「寝ちゃったことにして、返信は翌日にする」「わざと他の男性と仲良くする」など、それも恋愛の醍醐味!と言わんばかりに駆け引きしまくる女性達。雑誌やサイトなどで紹介されている「駆け引きの方法」のせいもあるとは思うのですが。

 でも、恋愛慣れしていない若い男性相手ならまだしも、大人の男性からみると「またこのパターン?」ということになるのは否めません。つまりは、よほど新しい方法、上手な演技をしないと相手にバレてしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

本来の姿ではないから

 駆け引きをする時、女性は少なからず自分を「よく見せよう」としています。可愛い子ぶってみたり、色っぽさを演出してみたり。つまりは、本来の自分ではない姿を相手に見せているのです。

 でも、これは付き合った時に思わぬ弊害になります。慣れてきた頃に素が出てくると、「あれ、こんな女性だったっけ?」となってしまいがち。ましてや、駆け引きをして「作っている姿」を男性が気に入っているとしたら、致命的でしょう。

 しかし、中にはカメレオンのように相手に染まり、一生自分を隠し通し続けることができる才能を持った女性もいます。そうなれる覚悟があるなら、駆け引きも時には良いのかもしれませんね。

気をつけて!やってしまいがちなNG駆け引き

LINEの返信を焦らすのは逆効果(写真:iStock)
LINEの返信を焦らすのは逆効果 (写真:iStock)

 大人だからこそやってしまいがちな、NG駆け引きを紹介します。良かれと思ってやっていることが、実は自分の首を締めている可能性もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

LINEの返信を焦らす

 駆け引きの常套手段でもある「返信を焦らす」ですが、普段話しているかのごとく会話のツールとして使えるLINEで既読&未読スルーなんかをしても、間合いでバレてしまいがち。

 さらには、SNSをしている場合には相手の行動を把握しやすい分、「返信くらいできる時間があるだろう」ということが分かってしまったり。

 もしも駆け引きをするとしたら、「今、立て込んでいるから、あとでゆっくり返信します」と書いて待たせる、というのは逆にアリかもしれませんね。

嫉妬をさせるように仕向ける

 元彼の話をしたり、他の男性に言い寄られているそぶりを見せるのも、駆け引きのテクニックとして有名ですね。要は、嫉妬心を煽る方法です。

 確かに、相手に不安やドキドキ感を与えることは簡単!でも、それが功を奏してお付き合いが成立したとしても、それは不安の上に成り立った恋愛。

 いつまた「元彼が登場するのか」と過ごすのは、男性にとっても嫌なものでしょう。「軽い女」だと敬遠されることもあるので、十分に注意した方が良いと思います。

本当に好きならやっぱり直球勝負で!

好きな気持ちをまっすぐに(写真:iStock)
好きな気持ちをまっすぐに (写真:iStock)

 恋愛の形は相手によって全く違います。駆け引きでうまくいった経験が多いからといって、目の前の男性が上手く引っかかってくれるとは限りません。

 駆け引きに自信を持っている女性もいると思いますが、真実を言うと、駆け引きで得た恋愛が上手くいかなかったからこそ、新しい恋愛をしようとしているのではありませんか?

「駆け引きしているあの子も可愛い」なんていう男性は、きっと非常に稀。本来の自分を好きになってもらわなければ、意味がありません。

 ぜひ、相手を本当に好きなら駆け引きを捨てて、直球勝負で向き合ってみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 職場の同じフロアにいる年下の可愛い男性。気になるし、仲良くなりたいのだけど、どうやって誘ったらいいのかわからない。そん...
内藤みか 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 付き合う相手に求めることの中に、「居心地がいい人」という項目を挙げる方は多いはず。居心地がいいというのは、ただ「優しい...
孔井嘉乃 2020-01-20 06:00 ラブ
FILM
 別れた元彼から連絡が来ると、びっくりしてしまいますよね。別れ方にもよりますが、やっとの思いで気持ちを断ち切ったのに、不...
リタ・トーコ 2020-01-19 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる妻のなかには、家族以外に対して、容赦なく鬼対応する女性もいるようです。 クレーマーや勘違い女になってい...
並木まき 2020-01-18 06:00 ラブ
FILM
「女性は男性を立てて一歩後ろをついていく」――。そんな考えに全く賛同できない!と思うあなた、もしかしたらドS気質を持って...
リタ・トーコ 2020-01-17 06:00 ラブ
FILM
 マッチングアプリが流行しています。アメリカではオンラインで知り合い結婚にいたるカップルは、全婚姻数の3分の1を超えたと...
内藤みか 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
 風邪をひくと、家族に対しワガママを言い出す人は珍しい存在ではないものの…。相手が鬼嫁ともなると、そのワガママの度合いが...
並木まき 2020-01-16 06:00 ラブ
FILM
「付き合ったばかりの頃は大切にしてくれたのに、気づけば適当に扱われてる……」そんな“釣った魚に餌をやらない”男性によって...
リタ・トーコ 2020-01-15 06:00 ラブ
FILM
「イイナと思った男性が既婚だった……」というのはよくある話。  結婚の実績があるだけあって魅力的だったり、独身男性には...
田中絵音 2020-01-14 06:24 ラブ
FILM
 買い物に行こうとした時、年下の男性に「一緒に行っていいですか」と言われたことがある年上女性は少なくないと思います。年上...
内藤みか 2020-01-13 06:00 ラブ
FILM
 彼氏が風邪を引いてしまったら、心配になってしまいますよね。特に一人暮らしの彼氏の場合、病状はどうなのか、お見舞いに行く...
孔井嘉乃 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 付き合って2カ月の彼氏がいます。出会いはマッチングアプリで、初対面から好印象。デート中に次のデートが決まるなどトントン...
神崎メリ 2020-01-12 06:00 ラブ
FILM
 お正月休みには家族の絆を深める人も多いなか、鬼嫁のせいで、面白くもおかしくもない年末年始休暇を過ごした夫もいるようです...
並木まき 2020-01-11 08:18 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。大人になると、相手に嫌なことがあっても波風立てずにフェードアウトして2人の関...
山崎世美子 2020-01-11 06:00 ラブ
FILM
 なぜ「他人のもの」はかくも魅力的に見えるものなのでしょう。友人の旦那様、職場の既婚男性……。他人のものだとわかった途端...
ミクニシオリ 2020-01-10 06:00 ラブ
FILM
 基本的に強引でワガママ、でも、そんなドS男性に惹かれる女性は多いよう。「ドM女性がモテるのはなぜ? 10項目で分かるド...
リタ・トーコ 2020-01-10 06:00 ラブ