大人の恋愛で駆け引きはしない方が良い理由! NG事例を解説

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-05-23 01:30
投稿日:2019-05-22 06:00
「恋愛上手な女性」と聞くと、「男性を手玉に取る駆け引き上手な女性」というイメージありませんか?でも、実は、大人になればなるほど本当に好きな人には駆け引きってあまり必要ではないのかも?そんなことを思うんです。

大人の恋愛で駆け引きはしない方が良い理由

恋愛上手は駆け引き上手?(写真:iStock)
恋愛上手は駆け引き上手? (写真:iStock)

 たくさんの恋愛を超えてきた大人女性の中には、「駆け引きが得意!」と自信を持っている方もいるかもしれませんね。でも実は、大人の恋愛だからこそ、駆け引きをしない方が良い場合があるんですよ。さっそく、理由を見ていきましょう。

相手が疲れてしまうから

 駆け引きの方法はさまざまですが、どちらにせよ、相手の気持ちを振り回したり、試したりする行為であることは間違いありません。

 急に近づいてきたと思いきや、突然ぱたっと連絡が途絶えてしまう。よくある駆け引きのパターンですが、男性によっては面倒臭いと感じてしまい、「振り回されるのが疲れる」と、気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

相手にバレている可能性もあるから

「寝ちゃったことにして、返信は翌日にする」「わざと他の男性と仲良くする」など、それも恋愛の醍醐味!と言わんばかりに駆け引きしまくる女性達。雑誌やサイトなどで紹介されている「駆け引きの方法」のせいもあるとは思うのですが。

 でも、恋愛慣れしていない若い男性相手ならまだしも、大人の男性からみると「またこのパターン?」ということになるのは否めません。つまりは、よほど新しい方法、上手な演技をしないと相手にバレてしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

本来の姿ではないから

 駆け引きをする時、女性は少なからず自分を「よく見せよう」としています。可愛い子ぶってみたり、色っぽさを演出してみたり。つまりは、本来の自分ではない姿を相手に見せているのです。

 でも、これは付き合った時に思わぬ弊害になります。慣れてきた頃に素が出てくると、「あれ、こんな女性だったっけ?」となってしまいがち。ましてや、駆け引きをして「作っている姿」を男性が気に入っているとしたら、致命的でしょう。

 しかし、中にはカメレオンのように相手に染まり、一生自分を隠し通し続けることができる才能を持った女性もいます。そうなれる覚悟があるなら、駆け引きも時には良いのかもしれませんね。

気をつけて!やってしまいがちなNG駆け引き

LINEの返信を焦らすのは逆効果(写真:iStock)
LINEの返信を焦らすのは逆効果 (写真:iStock)

 大人だからこそやってしまいがちな、NG駆け引きを紹介します。良かれと思ってやっていることが、実は自分の首を締めている可能性もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

LINEの返信を焦らす

 駆け引きの常套手段でもある「返信を焦らす」ですが、普段話しているかのごとく会話のツールとして使えるLINEで既読&未読スルーなんかをしても、間合いでバレてしまいがち。

 さらには、SNSをしている場合には相手の行動を把握しやすい分、「返信くらいできる時間があるだろう」ということが分かってしまったり。

 もしも駆け引きをするとしたら、「今、立て込んでいるから、あとでゆっくり返信します」と書いて待たせる、というのは逆にアリかもしれませんね。

嫉妬をさせるように仕向ける

 元彼の話をしたり、他の男性に言い寄られているそぶりを見せるのも、駆け引きのテクニックとして有名ですね。要は、嫉妬心を煽る方法です。

 確かに、相手に不安やドキドキ感を与えることは簡単!でも、それが功を奏してお付き合いが成立したとしても、それは不安の上に成り立った恋愛。

 いつまた「元彼が登場するのか」と過ごすのは、男性にとっても嫌なものでしょう。「軽い女」だと敬遠されることもあるので、十分に注意した方が良いと思います。

本当に好きならやっぱり直球勝負で!

好きな気持ちをまっすぐに(写真:iStock)
好きな気持ちをまっすぐに (写真:iStock)

 恋愛の形は相手によって全く違います。駆け引きでうまくいった経験が多いからといって、目の前の男性が上手く引っかかってくれるとは限りません。

 駆け引きに自信を持っている女性もいると思いますが、真実を言うと、駆け引きで得た恋愛が上手くいかなかったからこそ、新しい恋愛をしようとしているのではありませんか?

「駆け引きしているあの子も可愛い」なんていう男性は、きっと非常に稀。本来の自分を好きになってもらわなければ、意味がありません。

 ぜひ、相手を本当に好きなら駆け引きを捨てて、直球勝負で向き合ってみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM