彼氏の呼び方どうしてる?決めるポイントや使い分けのマナー

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-03-04 12:03
投稿日:2020-03-04 06:00
 付き合ってから、彼氏の呼び方を変えたいと思う女性は多いでしょう。でも、呼び方が安定するまでは恥ずかしかったり、呼び慣れなかったりと、困ってしまうシーンもありますよね。そこで今回は、彼氏のことをどう呼んだら良いのか、決めるポイントや注意点についてご紹介します。

彼氏の呼び方どうしてる?呼び方の候補

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 まずは、彼氏の呼び方候補を見ていきましょう!年上彼氏か、年下彼氏かによっても変わってきますが、しっくりくる呼び方を見つけられたら良いですね。

下の名前を呼び捨てする

 男性に一番人気なのが、「下の名前を呼び捨てする呼び方」だそうです。特別感がありますし、一気に恋人気分が高まりますね。年齢が同じか、年が近いカップルに多いです。

 ただし、男性によっては「彼女に見下されている感じがするから嫌」という意見もあるため、注意が必要です。

下の名前に「くん」「ちゃん」を付けて呼ぶ

 下の名前に「くん」「ちゃん」をつけて呼んでほしい、という声も多いようでした。特に、「くん」を付けるのは、違和感がなく嫌がられるリスクが低いですね。

「ちゃん」付けは可愛らしく聞こえる印象がありますが、「子ども扱いされている気がする」という意見もありました。

下の名前に「さん」付けで呼ぶ

 下の名前に「さん」を付ける呼び方は、「丁寧感がある」と、年の差がある年上彼氏からは人気。ただ、女性側からすると少し距離を感じてしまうようですね。

 シーンによって使い分ける必要もないため、呼び方を変えるのが面倒な方は「さん」付けも良いかもしれません。

あだ名で呼ぶ

「ほかの人が呼ばないあだ名で呼びたい」と思う女性も多いです。世界に一つだけ、ではないですが、特別感はあるでしょう。

 でも、彼氏によっては、この特別感自体が苦手だと感じてしまう人も。馴染まなければ意味がないため、彼氏の意見を聞いてから決めることをおすすめします。

彼氏の呼び方はいつ決める?おすすめのタイミング!

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 一番悩んでしまうのが、呼び方を変えるタイミングでしょう。突然呼び方を変えると引かれてしまったり、恥ずかしさが先に立ってしまうため、カップルで相談してみると良いですね。そこで、呼び方を決めるおすすめのタイミングをご紹介します。

付き合い始めた時

 呼び方を変えるのは、付き合い始めた時のタイミングがベスト!付き合い始めは、お互いの気持ちが盛り上がっている時です。ちょっと恥ずかしい呼び方でも、意外とすんなりしっくり馴染んでしまうかも。

 彼氏の呼び方を考えるのと同時に、自分がどう呼ばれたいかについても、さりげなく伝えてみると良いですね。

一緒に暮らし始める時

 付き合い始めのタイミングで呼び方を変えそびれてしまった場合は、同棲や結婚など、2人で生活を新たにするタイミングで呼び方を変えるのもおすすめです。

「一緒に暮らす」という名目もありますし、照れ屋の彼女でも「この機会に呼び方を変えたいな」と提案しやすいでしょう。

彼氏の呼び方に関するマナー!注意点は?

人前でうっかりいつもの甘いあだ名で呼んじゃった(写真:iStock)
人前でうっかりいつもの甘いあだ名で呼んじゃった (写真:iStock)

 彼氏の呼び方に関して、注意したい点がいくつかあります。大人だからこそ、知っておきたいマナーについても押さえておきましょう。

彼氏がどう呼ばれたいかを重視する

「過去の彼女が呼んでいない呼び方をしたい」「甘い呼び名がいい」と考える女性もいるようですが、あまりに聞き慣れない呼び名だと彼氏も戸惑ってしまうでしょう。大切なのは、彼氏の気持ちを重視することです。

「どんな呼び方が良い?」「どんな風に呼ばれているの?」と彼氏に聞いてみて、自分の意見とすり合わせていくと良いですね。

人前にいる時と2人でいる時には呼び方を変える

 2人でいる時であれば良いですが、人前にいる時に「〜たん」などの呼び方をされると、恥ずかしくなって困ってしまう彼氏も多いようです。学生時代ならまだしも、大人としてTPOをわきまえることは大切。

 特に、彼氏の親兄弟の前、職場関係の人の前では呼び方を変えるのは必須。一般的には「下の名前+さん」が、無難でしょう。

数年先を考えた呼び方を考えることも大切

 付き合った勢いで「ダーリン」「ハニー」なんて、お互いに甘い呼び方をするカップルも中にはいますよね。

「バカップルと呼ばれようと構わない!」という2人だけの世界は素敵ですが、でも、数年後、お互いにそれなりに良い年になってからも呼び続けられるのかを想像して決めることも大事かも。

照れるのは最初だけ!しっくりくる呼び方で愛を深めて♪

照れるのははじめだけ(写真:iStock)
照れるのははじめだけ (写真:iStock)

 呼び方を変えるタイミングが掴めず、結婚した今でも夫のことを「苗字+さん」と呼んでいる女友達がいます。自分も同じ苗字なのに子どもたちの前でも「苗字+さん」と呼んでいるのは少し不思議な気持ちがしますが、本人たちが納得しているのであれば良いのでしょう。要は、お互いが嫌でなければなんでも良いと思うんですよね。

 呼び方を変えるのは照れることでもありますが、2人が親密になった証でもあります。呼べば呼ぶほどに慣れていき、時間が経てば、自分にとってなくてはならない「呼び名」になりますから。ぜひ、お互いがしっくりくる呼び方で愛を深めてくださいね♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 14:55 ラブ