マッチングアプリで可能性を広げる!メリットとデメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-05-20 11:20
投稿日:2020-03-24 06:00
 あなたは、「マッチングアプリ」にどんなイメージを持ちますか。きっと、「危険じゃないの?」と思う人も多いはず。しかし、マッチングアプリはあなた次第で出会いの可能性を広げる存在になります。ここでは、マッチングアプリ利用の5つのメリットとデメリットについてご紹介します。

手軽だけじゃない!マッチングアプリ5つのメリット

理想の相手とスムーズに(写真:iStock)
理想の相手とスムーズに (写真:iStock)

 マッチングアプリはスマホやパソコンがあれば簡単に出会いを見つけることができるため、手軽さをメリットだと感じている人が多いでしょう。でも、マッチングアプリにはそれ以外にも、さまざまなメリットがあるんですよ。

1. マイペースに恋活できる

 恋人を作るためには相手へのアプローチが必要ですが、アプローチが苦手だと思う人もたくさんいます。「今、連絡をして迷惑ではないだろうか?」と気を使ってしまい、なかなか連絡できない人もいるでしょう。

 その点、マッチングアプリはそれぞれのペースに合わせてメッセージを送ったり、確認したりすることができるため、無理をせずにコミュニケーションをとることができます。

2. 希望に合った相手を探せる

 恋人に求めるものは、人によって変わるもの。見た目がタイプであっても、中身まで理想通りというのは難しいでしょう。

 しかし、マッチングアプリでは最初からある程度の条件を選ぶことができ、希望に合った相手を探すことができます。出会いの段階から条件をクリアしている相手となれば、スムーズに交際へと進めることができるでしょう。

3. 出会いの可能性が広がる

 現在、恋人がいない人の中には「出会いがない」と思っている人も多いはず。新たな出会いを探すのはなかなか難しいものですし、どんなにアグレッシブな人であっても、出会いの可能性には限度があります。

 マッチングアプリは、その「出会いの可能性」を広げてくれるのも大きなメリット。普段の生活では絶対に関わることのないような相手でも、マッチングアプリでは出会える可能性があります。

4. 忙しくても出会いを見つけられる

「忙しくて、恋活する時間がない」という人にとってもマッチングアプリはおすすめです。なぜなら、自分のスケジュールに合わせて空いた時間に恋活ができるため、早朝や深夜でも理想通りの人をチェックしたり、アプローチすることができます。

5. 同時に複数の相手とコミュニケーションが取れる

 気になる相手がいたら、「アプローチは一人にだけ」というのが恋愛の暗黙のマナー。しかし、その相手が本当に理想通りの相手かどうか判断するって、難しいことです。

 その点、マッチングアプリは気になる人が複数いた場合、同時に数人にアプローチをかけてやり取りをすることができます。じっくりと、より自分にぴったりの相手選びができるでしょう。

危険を回避するためにも知っておきたい4つのデメリット

嘘をついて登録している人も(写真:iStock)
嘘をついて登録している人も (写真:iStock)

 マッチングアプリのメリットを知ると、今まで敬遠していた人も「利用してみようかな」と思うかもしれませんね。しかし、マッチングアプリを利用する際には、デメリットも知っておく必要があります。

1. 中にはサクラがいることも

 基本的にマッチングアプリは、恋人や結婚相手を探している人が利用するものです。しかし、中には悪徳業者によってサクラが存在しているところもあります。

 あまりにも条件が良すぎる、不信な点があると思った時には要注意。全てのやり取りを信用せず、冷静に相手を判断することが必要です。

2. プロフィールを偽っている人もいる

 マッチングアプリの登録時には、年齢や職業といった内容を細かく登録します。そして、この登録内容をもとに、条件検索を行うことになります。

 しかし、中には学歴や年収などを偽っている人もいるため注意が必要。相手を選ぶ際、条件にこだわりがある人は、審査制を取り入れているマッチングアプリを利用すると安心です。

3. 遊び目的の人もいる

 真剣に恋人探しや結婚相手を探そうと、マッチングアプリを利用しようと考えてる人がいる反面、一部では遊び目的で相手探しをしようとしている人もいるため、相手を見極めることが必要です。蓋を開けてみれば、「実は既婚者だった」いうケースもあるようですので、十分に注意しましょう。

4. 会ってみたら印象が違うことも

 マッチングアプリでは、写真やメッセージのやり取りなどでコミュニケーションを深めていくことになります。何度もやり取りを行ううちに「気が合うかも」と、思える人と巡り会えることもあるでしょう。

 しかし、マッチングアプリ上でのやり取りは、あくまでも画面上のもの。実際に会ってみると「プロフィールの写真と違った」「思っていた雰囲気の人と違った」と、感じることもあります。

見極める力があればマッチングアプリも最高の出会いの場に!

素敵な出会いがありますように(写真:iStock)
素敵な出会いがありますように (写真:iStock)

 恋人がほしくても、「出会いがない」「時間がない」という人にとって、マッチングアプリは頼もしい存在です。「出会い系は怖い」と思っている人も、相手を見極めることができれば、素敵な相手と巡り会えるかもしれません。

 最高の出会いの場にするためには、まずは焦らずに冷静に相手を判断することが肝心。アプリを通してじっくりとやり取りを続けることで、自分にマッチした相手を見つけることができるはずですよ。

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ