韓国映画「パラサイト」を観て“私も…” 風俗嬢が語った苦悩

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-03-26 06:00
投稿日:2020-03-26 06:00
 米アカデミー賞4冠に輝いた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は、半地下に住む家族が金持ちに“パラサイト”していくストーリーです。映画を観た人たちがさまざまな感想をSNSにアップする中、「私もどうしようもないパラサイトだ」とSNSにつぶやいていた風俗嬢が気になって、話を聞いてきました。

風俗店の店長宅に住む一人の“パラサイト”風俗嬢

 その風俗嬢は由香里さん(仮名・28歳)。彼女が今パラサイトしているのも、ある一人のお金持ち男性なのだといいます。

「風俗を始めたのは3年ほど前です。勤めていた会社があまりにブラックすぎて、自律神経失調症になって電車にも乗れなくなり、仕事を辞めたことがきっかけでした。実家は九州ですが、親はネグレクト。実家にはもう帰りたくなくて、職のない私が東京で生きていくには、これしかなかったんです。

 デリヘル嬢になって数年たったころ、いつの間にか勤め先の風俗店の店長のことが好きになっていました。店長は、デリヘルの稼ぎだけでは足りなかった私を、自分の家に住まわせてくれました。3LDKのマンションに一人暮らしで独身の店長。40代の店長と同じ屋根の下で暮らすうちに、いつの間にか関係はできていましたし、そのころには自分を救ってくれた店長のことが好きになっていました」

 生活難を救ってくれた店長の3LDKに住み始めた由香里さん。いつの間にか居候として定住し始めて2年、こうしてお金持ちにパラサイトしてしまったのだといいます。

ここから出たら生きていけないという苦悩

 ただ、由香里さんのパラサイトは、実質もう破綻しかけているのだと言います。映画を観た彼女は「自分もいつかどうしようもなくなる時が来るし、その時はすぐそこに迫っていると思う」と話します。

「店ではサバを読んで22歳として出勤しています。だから、お客さんは“まだまだこれからだね”って言ってくれるけど、実際はもう三十路。お茶を引く時間も多いですし、店長が一生懸命取ってきてくれた仕事をこなしても、一人で生活できるほどは到底稼げません。

 歳を取れば取るほど、どんどん仕事はなくなるでしょう。そうなる前にこの仕事から足を洗わなきゃいけない。でも、この仕事を辞めるなら店長とは一緒にいられないし、私は家を出ることになるのでしょう。店長は結婚願望もなく、私とは関係があるだけで、交際する気がないといいます。

 ずっと一緒にはいられないし、それは私が売れないから。そう思うと辛くて、映画を見た時にも“ああ、私もとんでもないパラサイトなんだ”と実感してしまいました。

 破綻はすぐそこに迫っているのに、私はどうすることもできません。追い出されるのが先か、仕事が全く取れなくなるのが先か……。この仕事を辞めたら、どうやって生きて行けばいいのか。さっぱり分からないけど、一秒でも長くやるしかないんです」

 そう力なく笑った由香里さん。整形も視野に入れながら、少しでも長く仕事ができるように頑張りたいと言います。

終わりに

 由香里さんは、一度パラサイトしてしまうと、どうやって以前の生活に戻ればいいのか分からなくなる、とも話していました。楽な生活を覚えてしまうと戻れない。破綻と困窮が目の前に迫っていても、その時を待つしかないのだと。

 何かにパラサイトした生活は楽ですが、自分に選択肢がなくなってしまうというデメリットもあります。いつの間にか、パラサイトする相手がいないと生きていけない、つまり、生活の権限を人に握らせてしまうことになるのです。

 こういった生活は、私たちの身近なところでも本当に起きていることなのです。彼女は3年後、一体どんな生活をしているのでしょうか。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

ライフスタイル 新着一覧


モテモテ“たまたま”に熱愛発覚! ロマンチックな鼻チューにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
シゴデキだけどなかなか厄介!? 高学歴部下を持つメリットとデメリット
 自分の部下を好きに選べるなら、どんな人がいいですか? 「ポンコツはイヤ! 高学歴で聡明な、シゴデキの部下が欲しい!」と...
酷暑で園芸瀕死でも夏のお助け花「ペンタス」、どんだけ咲いてくれるのw
 暑いです。ただでさえ更年期のお年頃のワタクシ、この厳しい暑さは格別でございます。  猫店長「さぶ」率いる...
あの上司が“うさぎスタンプ”で甘えてるっ!職場への誤爆&赤面LINE10選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
予約必須店で失態!食い意地が勝り、朝10時からフルコースの“敗者復活”
 汗ばむ気温のとある週末、筆者は湖畔の景色を見ながら、優雅にフルコースをいただいておりました。時計の針はまだ午前10時を...
“面倒くさい”ママ友って本当に必要?メリットとデメリットを検証してみた
 あなたにとって、ママ友は必要ですか? それとも不要ですか?「仲良しのママ友を作って、一緒に子育てを楽しみたい」と思う人...
暑い日こそIN・鍋!のんびり“たまたま”君の大あくびをパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
心をすり減らす“毒友”と縁を切る3つの方法 その違和感に目を背けないで
 自分にとって毒になる友人、毒友。一緒にいて違和感を抱くあの人も、あなたにとって毒友なのかもしれません。今回は、毒友の特...
3歳娘にアタマジラミ!? 我が家を救ったアナログな退治法と意外な美容家電
 2人の保育園児を育てる我が家では先日、ちょっとした“事件”がありました。下の子どもの頭にアタマジラミが住み着いてしまっ...
女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…
 深夜に誰かへLINEを送るときはくれぐれもご注意を。“深夜テンション”でネガティブになりすぎたり、ヤケクソになっていた...
「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...