介護はやっぱり家族が? 貧困家庭はどう切り抜ければいい

東城ゆず ライター・エディター
更新日:2019-09-04 06:27
投稿日:2019-09-04 06:00
大切だけど話しにくいお金のこと(写真:iStock)
大切だけど話しにくいお金のこと (写真:iStock)

「親の介護をしてあげたい」と思っても、大きな問題になるのがズバリ、お金のことでしょう。

 介護をしてあげたいと思っても、お金がなければ難しくなります。これまで住んでいた住居の改修工事や消耗品の購入など、介護には特別な物品や日用品が多く必要になるからです。

 介護が必要だったとしても、貧困家庭では「何かあったらすぐ!」というわけにはいかないですよね。受診費だって、数を重ねればまとまった金額になりますし、入院費も保険が下りなければ大きな負担になるはずです。

 いざ介護という時に「親の貯金がなかった」という事態に直面したら……介護費用の工面方法です。

親の介護問題! 貧困でお金がない時は?

親の経済状況は意外と知らないけれど…(写真:iStock)
親の経済状況は意外と知らないけれど… (写真:iStock)

 介護費用は、切っても切り離せない現代社会の問題でしょう。介護にはオムツ代や、足腰が弱くなることでタクシーを利用したり、住宅の大規模な改修工事が必要だったりと、何かと費用がかさみます。

 親の貯蓄で介護をしようと思っても、まとまったお金が親の口座にあるとも限りません。また、入り用の際にそれをすぐに引き出すことは、キャッシュカードの暗号番号がわからなければ、かなりの時間を要することになります。

 そこで、介護費用の工面に使える国の制度を紹介しましょう。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM
FILM