強い男性に惹かれるのはなぜ?本当に“強い”男性の特徴7つ

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-03-21 06:00
投稿日:2020-03-21 06:00
 女性からリードされたい草食系男子や女性に寄り添う中性的な男性もいる中、やっぱり彼氏にするなら「強い男性」が良い!という女性は多いでしょう。そこで今回は、女性が魅力的に感じる、本当に“強い”男性の特徴をご紹介します。

強い男性がモテるのはなぜ? 魅力的に感じるおもな理由

引っ張っていってくれる男性を求めている(写真:iStock)
引っ張っていってくれる男性を求めている (写真:iStock)

 世の中の女性の多くが、「弱い男性よりは、強い男性の方が良い」と思っているはず。そんな強い男性はなぜモテるのか、魅力的に感じる理由から見ていきましょう。

守ってもらえそうだから

「何かあっても、この人なら絶対守ってくれる」と思える男性は、女性にとって魅力的に映ります。もちろん、リードする恋愛が好きという女性もいるかもしれません。しかし、将来を考えた時、なんだかんだで引っ張っていってくれる男性を心のどこかで求めている女性も多いのです。

 ピンチの時にもあたふたしない心の強さ、いざという時に助けようとしてくれる姿を目の当たりにしたら、惚れてしまうのも分かる気がします。

「オスらしさ」を感じるから

 強さを感じられる男性は、「オス」としての魅力を強く持っていると言って良いでしょう。「強く雄々しいものが生き残る」のは、生物学的にも納得できることですが、実際、“強い男性”は身体的特徴として背が大きかったり、筋肉質であることが多いようです。

 見た目が全てではありませんが、重たい荷物を軽々と持ち上げる姿や、筋肉隆々の二の腕など自分にはないたくましさを見た時、女性は本能で魅力を感じるのかもしれません。

尊敬できるから

 “強い男性”は社会的な地位を確率していたり、努力を惜しまずにポジティブに行動します。

 どんなにがんばっても、男性がいるステージには到底行けない、と感じた時、そこには尊敬が生まれるでしょう。人は、自分には持っていないものに惹かれる傾向にあるため、憧れににも似た気持ちから魅力を感じてしまう女性は多いです。

男らしいって? 本当に強い男性の7つの特徴

大切な人を守れる強さ(写真:iStock)
大切な人を守れる強さ (写真:iStock)

 女性が思う男性の強さって、どんなことでしょうか。喧嘩が強い?ドSの要素?我の強さ?いえ、きっとそうではなく、メンタル面で強い男性のことを指すはず。そこで、芯が強い男性の特徴をお伝えしていきます。

1. トラブル時に慌てない

 トラブル時やピンチの時にこそ、人間性は顕著に表れます。強い男性は、そんな不測の事態にも慌てず、どっしりと構える精神的な強さを持っています。

 そして、たとえ誰かの失敗に巻き込まれたとしても、相手を責めずに最善策を導き出します。そんな男性は、会社などでも頼れるリーダー的な存在である場合が多いでしょう。

2. 小さなことでは怒らない

 小さなことをいつまでも根に持ったり、些細なことで短気を起こす男性は「器の小さな人」だと敬遠されがち。デート中にしょっちゅう機嫌が悪くなる男性を見て、冷めてしまう女性は多いものです。

 でも、強い男性はたいていのことでは怒りません。怒りを感じても、「今、怒るべきか」を冷静に考え、堪えることができるのです。そんな男性が怒る時は、何かしらの理不尽さに対してであったり、誰かを守りたい時であったりと、必ず理由があります。

3. 努力ゆえの自信を持っている

 根拠のない自信を持って夢を語る男性は多いですが、強い男性は絶対的な自信を持って物事に取り組みます。これは、今まで経験してきた努力ゆえの自信があるからこそ。

 目標を実現するために精一杯行動してきた過去の経験から、たとえ無謀な挑戦であっても「自分にはできる」と信じて疑わずに邁進し、1つ1つの目標を叶えていきます。

4. 自分の感情に忠実

 強い男性は、自分の感情に忠実に行動するのも特徴でしょう。みんなに合わせて意見を言うのではなく、自分が正しいと信じた意見を選びます。

 でも、もしも自分が間違っていると感じた時には、非を認めて柔軟に対応できるのも魅力の1つ。融通が利くため、周りからも信頼されやすいです。

5. 大事なものを守れる

 大事なものを守れるのも、強い男性の良いところです。これは、対女性にだけではありません。仕事のメンバーや家族、友人など、異性問わず、自分が大切にしているものを何がなんでも守ろうとしてくれます。

 これは、男性が持つ本能的な部分に関係します。古来から「家族の長」として存在してきた男性は、誰かを守るという気持ちを強く持っているのです。つまり、雄々しさゆえの行動だと言えるでしょう。

6. 時に弱さを見せる

 弱い男性ほど無駄にプライドだけが高く、自分の弱さを人には見せたがりません。これは、相手を信用していないからであり、その反面「自分がどう思われるのか」と、人間力に自信がないからなのです。

 強い男性は、時に弱さを見せる意外な一面を持っています。誰かに弱さを見せることで自分の悩みをあらゆる視点から見直し、ポジティブに解決へと導くことができます。

7. 嘘をつかない

 強い男性は嘘をつきません。というより、嘘をつく必要がないといった方が良いでしょう。根本的に自分に自信を持っているため、強く見せたり、誤魔化したりする必要がありません。

 ちなみに、「男性ホルモンが多い人ほど嘘をつかない」という研究報告もあるそうです。つまりは、強い男性ほど自分を偽る必要がないということでしょう。

強い男性に身を委ねてみるのも1つの幸せなのかも

こんな筋肉に抱きしめられてみたい(写真:iStock)
こんな筋肉に抱きしめられてみたい (写真:iStock)

「男女平等」が当たり前の風潮であり、それを否定するつもりもありません。でも、男性女性それぞれにできることとできないことがあるのは否めないのも事実。

 どんなに女性が鍛えたとしても男性のような力を持てませんし、男性はどんなに頑張っても子どもを産むことはできないのですから。と、極端ですが。

 強い女性は素敵ですが、時に女性として男性の持つ「強さ」に身を委ねてみるのも1つの幸せなのかも。そういることで、女性としての新たな喜びを感じられるかもしれませんよ。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...