今時の専業主婦ってどう?メリットとデメリットをチェック!

コクハク編集部
更新日:2020-03-27 06:00
投稿日:2020-03-27 06:00
 一昔前までは、女性は結婚したら家庭を守るのが当たり前でしたが、今では結婚後も仕事を続ける女性がほとんど。兼業主婦として、社会で活躍する女性が増えています。しかし、そんな中、専業主婦としての生活を楽しんでいる人もいます。そこで、この時代こその専業主婦のメリット&デメリットを、あらためてお伝えしていきます。

専業主婦だからこそ得られる嬉しい5つのメリット

子ども中心の生活ができる(写真:iStock)
子ども中心の生活ができる (写真:iStock)

 今では、結婚後、出産後も仕事を続ける女性が増えています。「女性だって、社会で活躍したい」と思っている女性も多いでしょう。しかし、一家の家事を担う専業主婦だって立派な仕事。そして、専業主婦だからこそ得られるメリットがあります。

1. 平日昼間の時間を有意義に使える

 専業主婦は、一家の家事を一人で請け負う存在。しかし、「何時までに終わらせる」といった時間が決められている訳ではありませんから、自分次第で自由に時間を使うことができます。

 そのため、平日の昼間の時間帯に銀行で用事を済ませることもできれば、土日は混んでいて入りにくいレストランでランチすることもできます。

2. 子どもと過ごす時間がたくさん作れる

 お子さんがいるご家庭は、やはり子どもと過ごす時間を大事にしたいと思うでしょう。しかし、仕事をしていればそうはいきません。

 休日でも出勤しなければいけないこともありますし、幼稚園や学校の行事に参加できないこともあるでしょう。その点、専業主婦であれば子ども中心の生活を叶えることができます。

3. 家事に集中できる

 仕事をしていると、「忙しくて、掃除する暇がない」となりがち。独身時代には、毎日のようにコンビニ弁当で済ませていた、という人もいるはずです。

 しかし、専業主婦には家事をする時間がたっぷりあります。家事に集中することができるため、掃除や料理、洗濯なども手を抜かずに行うことができるでしょう。

4. 配偶者控除などの優遇処置の対象に

 本来、仕事をすれば税金や社会保険、国民健康保険料を支払うことが必要です。しかし、専業主婦の場合には収入がありませんから、夫の扶養に入ることで控除を受けることができます。

 専業主婦がいる世帯の場合には税金負担も軽減されますから、家庭全体の負担も減らすことができるでしょう。

5. 意外とお金を貯められる

 専業主婦でも、お金を貯めることができます。なぜなら、旦那さんの収入で生活しているため、お金の管理がしっかりとしているから。

 仕事のための洋服などを買う必要がありませんし、外食する機会も少ないため、必要以上のお金を使うことがありません。

知っておきたい、専業主婦のデメリットとは?

今日は夫としか話していない…(写真:iStock)
今日は夫としか話していない… (写真:iStock)

 専業主婦のメリットを知ると、「私も専業主婦になりたいな」と思う女性も多いでしょう。兼業主婦となると、仕事と家庭の両立が難しく、常にピリピリした気持ちを抱えている人も少なくありません。

 しかし、専業主婦にもデメリットはあります。専業主婦になる際には、このデメリットも知っておいた方が良いでしょう。

1. 家事に完璧を求められる

 専業主婦は、一日中家にいて家事を担っている存在です。そのため、家族からは「家事は完璧にできていて当たり前」と思われがち。少しでも部屋が汚れていたり、料理を手抜きすると文句を言われることもあるでしょう。

 夫が細かい人、綺麗好きな人の場合には、専業主婦になることでストレスが大きくなる可能性があるでしょう。

2. 周りに暇人と思われる

 家事というのは、本当に終わりがない仕事。毎日のようにやることがあるため、日々家事に追われている専業主婦も少なくありません。

 しかし、専業主婦は常に家にいるため、周りから見ると「暇でいいな」と思われがち。兼業主婦からは、「自分の時間があっていいね」なんて言われて、嫌な思いをする人も多いでしょう。

3. 人、社会との関わりが少なくなる

 専業主婦は、毎日家族のために働いています。しかし、社会に出て働いているわけではないため、人と関わることが少ない環境です。人によっては、「今日会話したのは、夫とだけ」ということも少なくないでしょう。

 そんな社会との接点、他人との接点がなくなることに不安を感じる人もたくさんいます。

4. 経済的に自立していないため不安がある

 夫の収入だけで生活をしている専業主婦は、夫の存在にありがたみを感じているでしょう。

 しかし、専業主婦の中には経済的に自立していない自分に不安を感じている人もいます。万が一、「離婚となったら」「旦那が倒れたら」と考えると、将来が心配になってしまう人も多いのではないでしょうか。

5. ブランクができ、再就職が難しい

 現在、専業主婦をしている人の中には「子どもが大きくなったら、また仕事復帰したい」と、考えている人も多いでしょう。

 しかし、兼業主婦と比べると、専業主婦は仕事へのブランクが大きいため再就職が難しい傾向にあります。特に、専門職などの場合にはブランクが大きなネックとなるでしょう。

専業主婦のメリットを生かすかどうかは、あなた次第!

自分らしい生き方を(写真:iStock)
自分らしい生き方を (写真:iStock)

 専業主婦は、一日の時間をどう使うかは自由。そんな生活に、憧れを持っている女性も多いはず。専業主婦の生活には魅力的なメリットが多いですから、兼業から専業になろうと考えている人もいるでしょう。

 しかし、専業主婦という立場、環境をメリットとするのか、デメリットとするかはあなた次第です。ぜひ、参考にしてくださいね。

ライフスタイル 新着一覧


職場や取引先で「パワハラ交際」を強要される女性たちの葛藤
 職場の上司や取引先の人に気に入られたら、どうしますか? 仕事上メリットがあるかもしれないと思うし、仕事関係の人に無下な...
なぜ“にゃんたま”を撮り続ける?カメラマンの気持ちいい瞬間
 私はなぜ、にゃんたまωを撮り続けるのか?  きっと、にゃんたまを撮影している時が一番「集中力」が高まるから。 ...
6月21日~6月27日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ママ友より平和!猫のおかあさんになって変わった交友関係
 猫が来てから、人がうちに遊びに来るようになりました(引っ越して我が家が最寄り駅から近くなったことも理由かもしれませんが...
父の日に読みたい♪ お父さんの不器用でも愛を感じるLINE5選
 家では威厳のある態度を見せているのに、LINEでは、なんだか可愛く見えてしまうお父さんたち。なぜか、どのお父さんのLI...
隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。で...
戦士のつかの間の休息…ワイルド“にゃんたま”をこっそり激写
 この島で暮らすにゃんたま君たちはみんな戦士。強くなればなるほど縄張りエリアは拡大し、パトロールにも体力を要します。 ...
運命変わる土用の丑の日に…金運UPの花「アナベル」の育て方
「今日は何を買おうかな~」  猫店長「さぶ」率いる我が花屋、仕入れるお花の選定のため、最寄りの花市場にワタクシほぼ...
鎌倉大仏に手を合わせる 2021.6.16(水)
 長らくご無沙汰していた鎌倉大仏にご挨拶に行ってきました! お天気にも恵まれて、大仏様を拝んでいるとパワーをもらった気が...
“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
うらめしポーズでごめんにゃさい…ツボ刺激中の“にゃんたま”
 きょうは、電池切れ……? うらめしポーズのにゃんたまω君に出逢いました。  こんなにゃんたま君が道に落ちていたら...
相模原北公園で雨上がりの紫陽花を愛でる 2021.6.14(月)
 雨は大嫌いだけど紫陽花は好きです。とある日曜日に、紫陽花見物としゃれこんでみました。
のめり込んでない? 占いや風水との“上手な付き合い方”って
 例えば好きな人と別れてしまったり、仕事がうまくいかない日が続いた時、自分の運気を調べた経験はありませんか? 私はけっこ...
猫飼いたいけどお金が心配…固定費用は?ペット保険は必要?
「猫を飼うのにどのくらいお金がかかるの?」とたまに聞かれますので、改めてまとめてみようと思います(野良猫譲渡時のお迎え費...
あなただけのコーヒー豆をみつけよう 2021.6.11(金)
 KALDIといえば、コーヒーと輸入食品のお店。店頭に美しく並ぶコーヒー豆のディスプレイを眺めつつも、今まで買ったことが...