あなたは大丈夫? “空気が読めない人”の8つの特徴&対処法

コクハク編集部
更新日:2020-02-23 06:00
投稿日:2020-02-23 06:00
 仲間内や職場に空気が読めない人がいると、楽しい時間も一気に冷めてしまうもの。中には、傷ついたり、不快な思いをしている人もいるでしょう。
 しかし、もしかしたら気づかぬうちに、自分自身が不快な思いをさせてしまっている可能性だってあるんです。そこで、空気が読めない人の特徴や、万が一「空気が読めない」と言われてしまった時の対処方法をご紹介します。

空気が読めない人に見られる8つの特徴!

「ほんっと空気読めないよね!」(写真:iStock)
「ほんっと空気読めないよね!」 (写真:iStock)

 あなたの周りに、空気が読めず人を不快にする人はいますか?ここでは、そんな困ったタイプの8つの特徴をご紹介します。「自分は大丈夫」と思っている人も、当てはまるものがないかをチェックしてみましょう。

1. 自己中な性格

 空気が読めず、場の雰囲気を壊してしまう人の多くは自己中心的な性格をしています。自分の考え方や価値観が世間のルールと思い込んでいるため、周りから「変わった人」とレッテルを張られ、距離を置かれる存在になってしまうことも。

 仕事でも自分のルールを共用しようとするため、孤立してしまいがちです。

2. 時間に対してルーズ

 空気が読めない人には“マイルール”があり、時間に対しての価値観も人と異なります。そのため、約束の時間などに対してもルーズなことが多いでしょう。

 もともと自己中なため、人の都合はおかまいなし。「今日は気分ではない」と思えば、ドタキャンを平気でする人もいます。

3. 一般常識が身についていない

 社会人になれば、自然と一般常識が身についてくるもの。しかし、空気が読めない人にとって、マイルールから外れている一般常識なんて関係ありません。

 その結果、恥をかくことも多いですし、周りから誤解されることも多いでしょう。

4. 輪の中心にいたがる

 空気が読めない人の中には、なんとなく自分が孤立していることに気づいている人もいます。そんな人は、寂しいがゆえに“かまってちゃん”になってしまう人も、少なくありません。

 その結果、人が集まっていると参加したがりますし、常に話の中心にいようとします。その行動が更に空気を乱してしまうことに、気づくことができません。

5. 場の空気を乱している意識がない

 空気を乱す人が現れると「どうして、この空気が分からないの?」と、イライラしたり、どうにかその場の雰囲気が良くなるように務める人も多いでしょう。

 しかし、空気が読めない人は、場の空気が変わったことに気づくことができません。さらに、その原因が自分にあることにも気づけないため、どんどん暴走してしまいます。

6. 頑固で融通が利かない

 マイルールを持つ空気が読めない人は、自分の考えや価値観を強く信じています。そのため、仕事で意見されても聞く耳を持たず、衝突してしまうことも多くあるでしょう。

 融通が利かないため、その場の状況に応じた臨機応変な対応が苦手です。

7. 話が成り立たない

 人とコミュニケーションをとるためには、会話のキャッチボールが必要です。しかし、空気が読めない人は、このキャッチボールがうまくできません。

 なぜなら常に自分中心で物事を考えているため、相手の意図を読み取ることができず、会話を盛り上げることができないからです。中には相手の会話を無視して、自分の話ばかりするような人もいます。

8. 人に気を使えない

 自己中で空気が読めない人は、人に気を使うことが苦手です。周りの状況を把握したり、気持ちを理解することができないため、不快に思うようなことを平気で発言したり、話しかけるタイミングなどを間違えてしまう場面も多くあるでしょう。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「3COINS」で毎日をワンランクアップ♡ おすすめアイテム3選
「3COINS」のアクセサリー、キッチン、美容など、ライフスタイルを彩るアイテムがコスパ最高でとってもかわいい♪ 気軽に...
自分の匂いで上書きニャ! 縄張りを巡回する“にゃんたま君”
 朝、パトロール中のにゃんたま君に出逢いました。  縄張りに他の猫の匂いを見つけたら、自分の匂いで上書き! そうし...
冷え性と酷暑の足元問題! 2021.7.28(水)
 始まりましたね、東京五輪。日本選手の活躍をライブで見たいとリモコンを片手にザッピングに忙しい方も少なくないのではないで...
祝福に花束を「復興の御礼とおもてなし」のビクトリーブーケ
 一年延期のオリンピック東京大会がいよいよ開催されました。初めて尽くしの今大会においては色々なお考えの方もいらっしゃるで...
やる気が出ない…家事が嫌いになる4つの原因&克服する方法
 家事をやらなくてはいけないのはわかっているのに「やる気が出ない……」と、つい後回しにしている人も多いはず。そこで今回は...
日常生活、無理…! しんどいことがあったときの持ち直し方
 失恋、離婚、対人関係、仕事の失敗……悲しいかな、大人になっても打ちのめされてしまうようなショックな出来事は時折やってき...
7月26日~8月1日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
中に入れるかにゃ?カメラバッグをチェックする“にゃんたま”
 きょうは、猫に大人気のカメラバッグに忍び寄るにゃんたまω君。  カメラバッグの蓋を開けたら、猫が入って眠っている...
熟年夫婦のLINEが面白すぎる♡ 誰もが憧れるやりとり5選
 世の中には数多くの夫婦がいますが、ラブラブ夫婦が長い年月を一緒に過ごして熟年夫婦になると、2人だけにしかわからない世界...
町田薬師池公園で大賀ハスのロマンに酔う 2021.7.24(土)
 東京・町田市の薬師池公園の大賀ハスが見ごろということで、早起きして行ってきました! 「大賀ハス」は植物学者・大賀...
これもダメ?年下に“おばさんLINE”と思われる特徴5つ
 普段、何気なく送っているLINE、もしかしたら年下の友人や彼氏に「おばさんLINE」だと思われているかもしれません。流...
初恋の気持ちを思い出す…ミステリアスな“にゃんたま”青年
 いつかどこかで出逢ったにゃんたまω青年は、美しい佇まいにセンチメンタルな眼差しでした。ちょっとミステリアスな雰囲気で、...
コロナ禍で転業を考え始めたイケメンカフェ店員の胸の内
 緊急事態宣言が発令され、街の人出が減るなか、密やかに営業を続けて穴場となっているスポットはいくつもあります。実は、イケ...
大きな葉っぱが幸運を招き入れる「モンステラ」のスゴイ威力
「あんたが寝てる部屋の下には、水脈が走っている」  実年齢の割に元気に働くことが自慢だったワタクシでございますが、...
真似できる気がしない…お手入れ中の猫ヨガな“にゃんたま”
 きょうは、お腹いっぱいごはん後の、お手入れにゃんたまωにロックオン。  これぞ、“本家”猫ヨガ?……真似できる気...
7月19日~7月26日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...