ついに夫婦間に影響が “コロナ別居”に至った3つの家庭の場合

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-03 07:24
投稿日:2020-03-25 06:00
 良いか悪いかは別として、新型コロナがきっかけで別居に踏み切った夫婦も出てきています。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな夫婦たちの切実な事情を3選ご紹介します。

1:対策をしない夫に呆れ果て帰省

いまや手洗い&消毒は常識なのに(写真:iStock)
いまや手洗い&消毒は常識なのに (写真:iStock)

「うちの夫はもともとだらしない性格で、疲れたりお酒を飲んだりすると、入浴や歯磨きもしないで寝てしまうタイプ。今回、新型コロナ対策で手洗いや消毒が推奨されていても、なかなか十分にやってくれません。

 帰宅後、ベタベタといろんなところを触ったり手も洗わずにお菓子を食べたりするので、見ているこっちがヒヤヒヤ。

 本人は『感染したら、不運だと思って諦める』なんてうそぶいてましたが、同居しているこっちが、迷惑するじゃないですか。

 それで、そんな夫とは安心して暮らせないと思い、家を出て実家に戻りました。

 表向きは『高齢の母が心配なので、実家で手伝う』と言って出ましたけど、本心は、対策をしない夫と一緒に生活するのは無理だと思ったからです」(41歳女性/専門職)

2:もともと不仲で一緒にいるのが苦痛

収束するまで夫には家を出てもらう(写真:iStock)
収束するまで夫には家を出てもらう (写真:iStock)

「夫婦ともに在宅ワークになり、一緒にいる時間が増えましたが、子どももいないし、もともとあまり仲が良くなかったので、朝から晩まで顔を突き合わせていると口論も増え、苦痛で仕方ありませんでした。

 夫もそう思っていたようで、ついこの前『新型コロナが落ち着くまで、実家の別荘で過ごそうかな』とポツリ。私としても夫がいないほうが平穏に暮らせそうだと思いましたので、すぐさま同意。

 夫には、彼の実家の別荘に行ってもらいました。

 今はお互いに、離婚までは考えていませんが、仲良くない夫婦が、朝から晩まで一緒にいるのは難しいですよ!

 新型コロナが収束して平常に戻れば、私たちも同居生活に戻す予定にはしていますが、お互いに、一人暮らしが快適すぎて、また一緒に暮らせるか不安です(笑)」(39歳女性/デザイン関係)

3:家族全員に持病があるのでやむなく…

寂しいけれど家族のために(写真:iStock)
寂しいけれど家族のために (写真:iStock)

「家族全員に持病があるので、今回の新型コロナには、かなり恐怖を感じています。

 私はもともと在宅で仕事をしていて、夫は通勤があるのですが、子どもが休校になり、外出を控えて生活するようになってからは、夫だけが外に出ているので、どこかで感染してくるんじゃないかとヒヤヒヤ。夫自身も『俺がかかったら、自分も家族も重症化するんじゃないか』と不安が強いみたいです。

 それで夫婦間で話し合い、夫は職場の近くにマンスリーマンションを契約し、落ち着くまでは別々に生活することにしました。

 本当は夫も在宅勤務できればベストなのですが、職種的に難しいので、これが私たち夫婦の最善の策かなと。

 子どもとふたりで外出を控える生活は寂しいですけど、夫も通勤電車に乗らなくて済むようになり不安要素が減ったようですし、これでよかったと思っています」(35歳女性/アクセサリー製作)

心の平穏を得るための「別居」もある

「別居」と聞くと、離婚の前段階のように感じてしまいがちですが、今回のような異常事態においては、別れるためではなく「将来的に、うまくやっていくための別居」を選択している人も出てきています。
 平時ではない状況下では、心穏やかに生活できる環境を整えることも、健康管理の上では大切です。

 しかし長期戦になりそうな気配もあるだけに、これを機に、これまでとは生活がガラリと変わってきた人も少なくないのかもしれません。生活のあらゆる面に影響を及ぼしている新型コロナには、一日も早い収束を願ってやみません。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ